ディテクション・クラブが語る犯罪実話 “The Anatomy of Murder”

 “The Anatomy of Murder”(1936)は、ディテクション・クラブが主催して創作した5作目の作品である。
 クラブによる著作を年代順に列挙すると以下の通り。

 Behind The Screen(1930)      『屏風のかげに』(『ザ・スクープ』中央公論社に併録)
 The Scoop(1931)            『ザ・スクープ』
 The Floating Admiral(1931)     『漂う提督』早川文庫
 Ask A Policeman(1933)        『警察官に聞け』早川文庫
 The Anatomy of Murder(1936)
 Six Against The Yard(1936)
 Detection Medley(1939)
 No Flowers By Request(1953)   『弔花はご辞退』(『殺意の海辺』早川文庫に併録)
 The Verdict of Thirteen(1978)   『13の判決』講談社文庫
 The Man Who...(1992)
 The Detection Collection(2005)
 The Verdict of Us All(2006)

 なお、“Double Death”(『ホワイトストーンズ荘の怪事件』創元社)(1939)と“Crime on The Coast”(『殺意の海辺』)(1954)も同様のメンバーによるリレー長編として知られているが、厳密にはディテクション・クラブが主催した作品ではない。
 時期を明確に区切るのは困難だが、古典期に属するのは、セイヤーズなどが参加している『弔花はご辞退』までとみることができる。
 最初の3冊は、いわゆるリレー長編で、それぞれの作家が各章を担当して書き継いでいくという趣向のフィクションだが、続く“The Anatomy of Murder”では、がらりと趣向を変えて、各作家がそれぞれお気に入りの犯罪実話を取り上げている。収録作と事件の概要は以下のとおり。

Death of Henry Kinder  ヘレン・シンプスン
 1865年にオーストラリアで起きたヘンリー・キンダー事件。キンダーはシドニーのシティ・バンクの出納主任だったが、謎のピストル自殺を遂げる。埋葬後に殺人の疑惑が持ち上がり、妻のヘレンと愛人関係にあったとされるルイス・バーナードとその妻ジェーンが逮捕される。ルイスは有罪判決を受けるが、のちに精神異常者として収監。

Constance Kent  ジョン・ロード
 1860年に英ウィルトシャー州トロウブリッジで起きたコンスタンス・ケント事件。サミュエル・ケント家の屋外便所で4歳のフランシス・サヴィルが遺体で発見される。遺体は首が胴体から離れそうなほど深く喉を切り裂かれ、血まみれの毛布にくるまれていた。内部の犯行とみなされ、異母姉の16歳のコンスタンス・ケントが逮捕されるが、証拠不十分で釈放。1886年になってコンスタンスは自分の犯行を告白し、死刑判決を受けるが、のちに減刑。

The Case of Adelaide Bartlett  マーガレット・コール
 1886年にロンドンで起きたアデレイド・バートレット事件。食料雑貨店を経営するエドウィン・バートレットは、ベッドで冷たくなっているのを発見され、妻アデレイドが医師に通報。遺体の唇に不審な臭いを感じたエドウィンの父親は警察に通報し、検死解剖の結果、死因はクロロフォルムの大量摂取と確認され、アデレイドが逮捕されるが、裁判の結果、無罪判決。

An Impression of the Landru Case  E・R・パンション
 1915年にフランスで起きたアンリ・デジレ・ランドリュによる連続殺人事件。ランドリュは未亡人を対象とした結婚相手の募集広告を出し、応募してきた金持ちの未亡人を次々と殺害して財産を奪った。犠牲者の数は11人に及ぶが、遺体は一つも発見されなかった。ランドリュは行方不明者の照会がきっかけで逮捕され、裁判の結果、死刑。

The Murder of Julia Wallace  ドロシー・L・セイヤーズ
 1931年に英リヴァプールで起きたジュリア・ウォーレス殺害事件。保険外交員をしていたウィリアム・ウォーレスは、帰宅後に、撲殺された妻ジュリアの血まみれの死体を発見し、警察に通報。外部からの侵入の痕跡はなく、アリバイも不確かだった夫ウィリアムが逮捕されるが、控訴審の結果、無罪判決。

The Rattenbury Case  フランシス・アイルズ
 1935年、英ボーンマスで起きたフランシス・ラッテンベリー殺害事件。建築家フランシス・ラッテンベリーは、頭を殴打され、意識を失った状態で自宅の肘掛椅子に座っているところを妻アルマに発見される。病院に運ばれるが、間もなく死亡。夫と年の離れたアルマは運転手のジョージ・ストーナーと愛人関係にあり、二人はともに犯行を認めて逮捕され、裁判の結果、アルマは無罪、ストーナーは死刑判決を受けるが、アルマは自殺し、ストーナーは終身刑に減刑。

A New Zealand Tragedy  フリーマン・ウィルズ・クロフツ
 1933年にニュージーランドのルアワロで起きたレイキー事件。牧畜農家を営むサミュエル・レイキーの妻クリストベルが池で溺死体となって見つかる。捜査の結果、サミュエルと仲の悪かったウィリアム・ベイリーの敷地から焼却された骨の断片や入れ歯などのサミュエルの所持品が見つかる。夫妻殺害の容疑でベイリーが逮捕され、裁判の結果、死刑。

 コンスタンス・ケント事件を論じるジョン・ロードは、捜査に当たった地方警察が、経験不足にも関わらず、縄張り意識からスコットランド・ヤードに協力を求めるのが遅れたことが、事件解決を妨げた主因だったとして、熟練した捜査官を早期に確保することの重要性を説いている(この事件でスコットランド・ヤードから派遣されたのは、カーの『ハイチムニー荘の醜聞』に登場するウィッチャー警部)。なお、ロードは単独でもコンスタンス・ケント事件についての著作を書いている。
 フランシス・アイルズは、『殺意』や『犯行以前』のような犯罪心理小説の著者らしく、若い愛人をかばうために罪を被ろうとしたアルマをはじめ、事件関係者の心理を詳細に分析しているのが興味深い。また、捜査に携わる警察官たちの粘り強い捜査ぶりを描くクロフツの叙述には、フレンチ警部の創造者らしく、温かい共感がにじみ出ている。
 セイヤーズの執筆部分は、「ジュリア・ウォレス殺し」として『顔のない男』(創元社)に邦訳が収録されている。この事件は、ジョン・ロードの『電話の声』の題材にもなっており、ロードはそこで事件の再構成を試みている。

 なお、“Detection Medley”の序文でジョン・ロードが語っているところでは、クラブの創設者はアントニイ・バークリーで、1928年に、定期的に夕食会を開こうと他の作家達に呼び掛けたのが始まりだったようだ。
 ロードによれば、クラブ会費は形ばかりのものとする一方で、会場の確保も必要だったことから、資金調達のために始めたのがクラブとしての創作活動だったようだ。これらの著作のおかげで、会員に負担をかけることなく、ジェラード・ストリートに会場を確保できたとのことである。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ディテクション・クラブ vs. 元ロンドン警視庁警視 “Six Against the Yard”

 “Six Against the Yard”(1936)は、ディテクション・クラブによる企画の第6作。リレー長編、犯罪実話と続いた企画だが、ここでまた新たな趣向を打ち出している。
 クラブのメンバー6人が犯罪小説を寄せているのだが、それだけならただのアンソロジーでしかない。標題にもあるとおり、本書の面白さは、各篇に続けて、スコットランド・ヤード犯罪捜査課のコーニッシュ元警視がそれぞれコメントを寄せているところにある。
 (なお、ある日本のリファレンス・ブックでは、6人の元警察官が解決編を寄せる趣向とされているが、コメントを寄せているのはコーニッシュ元警視一人であり、各篇はそれぞれ完結していて、元警視は専門の立場から意見を述べているのであって、解決を付けているわけではない。)

 It Didn’t Work Out             マージェリー・アリンガム
  Would the Murderess Tell?       コーニッシュ元警視
 The Fallen Idol               ロナルド・ノックス
  Murder in Uniform            コーニッシュ元警視
 The Policeman Only Taps Once     アントニイ・バークリー 邦訳「警官は一度だけ肩を
                           叩く」ミステリマガジン83年6月号
  …And Then Come the Handcuffs!   コーニッシュ元警視
 Strange Death of Major Scallion     ラッセル・ソーンダイク
  Detectives Sometimes Read      コーニッシュ元警視
 Blood Sacrifice               ドロシー・L・セイヤーズ  邦訳「血の犠牲」『完全
                            犯罪大百科 上』創元社
  They Wouldn’t Believe Him!      コーニッシュ元警視
 The Parcel                  フリーマン・ウィルズ・クロフツ  邦訳「小包」『クロ
                            フツ短編集2』創元社
  The Motive Shows the Man       コーニッシュ元警視

 アリンガム、セイヤーズ、クロフツは、のちに各人の短編集に自分の執筆部分を収録している。ここからも、各篇は元警視のコメントなしでも成立する独立した作品だということが分かる。
 だからといって、コーニッシュ元警視のコメントはけして蛇足ではなく、各作家が描く完全犯罪について、現実の捜査官の視点で丹念に問題点を洗い出していくところが実に面白い。作家の見事な筆致に乗せられてしまうと、いかにも完全犯罪が成立しそうに思うのだが、元警視は、かくかくしかじかのことはそんな風にはうまく運ばないよ、捜査官ならかくかくしかじかの点に疑問を持つはずだ、という具合に、現実の犯罪や捜査の経験から、素人の読者ならややもすると見逃しそうな完全犯罪の死角を指摘したり、実際の捜査や裁判のプロセスを想定しながら、突っ込まれそうなポイントを論じていく。
 だからといって、元警視は、所詮は作家のフィクションとばかりに専門家の立場から見下すような批評はしていない。それどころか、元警視自身、探偵小説の愛読者であることがあちこちでうかがえるし、批判を加えつつも、それぞれの作品に称賛の言葉を惜しまないところが好感を抱かせる。その意味で、標題とは裏腹に、作家と元警視の対決というよりは、推理小説ファンの元警視がエールを送る書評を寄せたアンソロジーのようにも見えるところが本書の楽しいところかもしれない。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

なんでもありのディテクション・クラブ作品集 “Detection Medley”

 “Detection Medley”(1939)は、1930年代に集中して創作されたディテクション・クラブ主催の最後の作品である。リレー長編、犯罪実話、元警視とのコラボと、ユニークな試みを次々と打ち出したあと、アイデアがネタ切れになったのか、本書は標題通りのメドレー(寄せ集め)の観がある。その後は、1953年までディテクション・クラブとしての創作活動は停止するので、これが打ち止めのつもりだったのかもしれない。
 編者のジョン・ロードは、序言で、バークリーの呼びかけから、チェスタトンの会長就任を経て、その死に伴うベントリーへの会長交代など、ディテクション・クラブの略史を述べているが、なにやら幕引きに当たっての懐古談の雰囲気がなくもない。
 先に述べた通り、本書はまさに寄せ集めの性格が強く、短編もあれば評論もあり、既出の再録もあれば書き下ろしもあり、シリーズ物もあれば単発物もあり、一人で複数寄稿している作家もいるという具合だ。それだけに、バラエティに富んだ作品が多数含まれ、アマチュア探偵について語るミルンの序論をはじめ、その後の単行本には収録されていない貴重な作品もある。
 興味深いのは、ゴレル卿やE・R・パンションのような今日ではほぼ忘れられた作家達の作品も収められていること。ゴレル卿はクリスティとディテクション・クラブの会長職を共同で担ったこともあり、その経緯はブランドの回想録にも出てくる。パンションも同時代のセイヤーズから激賞された作家だった。こうした作家達の作品が読める点でも貴重なコレクションだと思われる。
 収録作品は以下の通り。


 序言                 ジョン・ロード
 序論                 A・A・ミルン
 The Lieabout            マージェリー・アリンガム
 The Same to Us           マージェリー・アリンガム
 Mr Bowley’s Sunday Evening(「ミスター・ボウリーの日曜の晩」)  H・C・ベイリー
 The Sweet Shot(「絶好のショット」)  E・C・ベントリー
 The Genuine Tabard(「ほんもののタバード」)  E・C・ベントリー
 A Slice of Bad Luck(「暗殺者」)  ニコラス・ブレイク
 Persons or Things Unknown(「目に見えぬ凶器」)  ジョン・ディクスン・カー
 The Best Detective Story      G・K・チェスタトン
 Wireless(「ラジオ」)       アガサ・クリスティ
 Death By Drowning(「溺死」)   アガサ・クリスティ
 Too Clever By Half         コール夫妻
 A Criminologist’s Bookshelf    J・J・コニントン
 The Match             フリーマン・ウィルズ・クロフツ
 The Hiding-Place(「ホット・マネー」)  カーター・ディクスン
 The Crime in Nobody’s Room(「見知らぬ部屋の犯罪」)  カーター・ディクスン
 All Square             エドガー・ジェプスンとロバート・ユーステス
 The Art of the Detective Story(「探偵小説の技法」)  R・オースティン・フリーマン
 Horseshoes for Luck(「幸運の馬蹄」)  アントニイ・ギルバート
 The Cockroach and the Tortoise   アントニイ・ギルバート
 The Shadow             ゴレル卿
 A Fly in the Ointment       ゴレル卿
 Blue Lias             イアンシ・ジャロルド
 Are Murders Meant?         ミルワード・ケネディ
 Murderers in Fiction        ミルワード・ケネディ
 The Live Wire           E・C・R・ロラック
 A Professional Episode       アーサー・モリスン
 A Shot in the Night        バロネス・オルツィ
 The Tytherton Case         バロネス・オルツィ
 Who Was It?            E・R・パンション
 The Secret of the Chessboard    E・R・パンション
 Striding Folly(「歩く塔」)    ドロシー・L・セイヤーズ
 The Haunted Policeman(「幽霊に憑かれた巡査」)  ドロシー・L・セイヤーズ
 The Sub-Branch           ヘンリー・ウェイド
 Four to One – Bar One       ヘンリー・ウェイド
 The Perfect Close         ヒュー・ウォルポール

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ディテクション・クラブ75周年記念 “The Detection Collection”

 ディテクション・クラブの創作活動を紹介してきたので、「古典」という範疇からやや脱線してしまうことになるが、“The Detection Collection”(2005)についても触れておきたい。
 これは、ディテクション・クラブ創設75周年を記念して出版された、クラブ会員による書き下ろし短編のアンソロジーである。編者は2000年以来今日までクラブ会長を務めているサイモン・ブレット。ブレットは巻末にディテクション・クラブの略史を記していて、それによると、クラブ創設の経緯はかなり曖昧であり、“Detection Medley”の序文でジョン・ロードが描いていたほど単純ではないことが分かる。チェスタトンが会長に就任した時期も、1930年か、1932年か、ソースによって証言が異なるようだ。
 クラブも第二次大戦の影響を免れることはできず、戦時中に夕食会が行われた記録はないし、1937年から1946年の間に新会員が選ばれることもなかったようだ。創作活動が1939年でいったん打ち止めになったのもそんな背景から理解することができる。
 本書の収録作品は以下の通り。

 A Tribute to the Detection Club    ボリス・アトキン、マイケル・ジョンスン
 Introduction                サイモン・ブレット
 The Part-time Job            P・D・ジェイムズ
 Partnership Track            マイケル・リドパス
 A Toothbrush               H・R・F・キーティング
 The Sun, the Moon and the Stars   ジョン・ハーヴェイ
 ‘Going Anywhere Nice? ’       リンゼイ・デイヴィス 
 Between the Lines            コリン・デクスター
 The Life-lie                ロバート・バーナード
 The Woman from Marlow        マーガレット・ヨーク
 Toupee for a Bald Tyre         ロバート・ゴダード
 The Holiday                クレア・フランシス
 Fool of Myself              レジナルド・ヒル
 The Detection Club – A Brief History サイモン・ブレット


 なお、同書の限定版には、著者たちの署名が冒頭に入っている。


クレア・フランシス

フランシス


ロバート・ゴダード

ゴッダード


ジョン・ハーヴェイ

ハーヴェイ


レジナルド・ヒル

ヒル


P・D・ジェイムズ

ジェイムズ


H・R・F・キーティング

キーティング


マイケル・リドパス

リドパス


マーガレット・ヨーク

ヨーク


ロバート・バーナード

バーナード


サイモン・ブレット

ブレット


リンゼイ・デイヴィス

デイヴィス


コリン・デクスター

デクスター

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ディテクション・クラブ 幻のラジオ・ドラマ・シリーズ

 以前の記事で、アガサ・クリスティに、未刊行の戯曲“Chimneys”があることに触れたが、今月末にはいよいよ、『死者のあやまち』の1954年に書かれた原型中編で、昨年になってキンドル版でリリースされた、“Hercule Poirot and the Greenshore Folly”がハーパー・コリンズからハードカバーで出る予定だ。
 この作品のように、クリスティには、今頃になってようやく日の目を見た未発掘作品があるし、ほかにも未刊行作品が幾つか残っているようなのだ。
 まず、1954年5月31日にBBCラジオで放送された30分もののラジオ・ドラマ、‘Personal Call’。これは、『シタフォードの秘密』に登場したナラコット警部を登場させた作品らしい。
 これ以前にも、1948年1月13日に、同じくBBCの30分ものラジオ・ドラマで、‘Butter in a Lordly Dish’という作品が放送されている。これは、『ザ・スクープ』や『漂う提督』などのリレー長編と同じく、ディテクション・クラブのメンバーがクラブの資金調達を目的として企画したもので、Mystery Playhouseという番組枠でクリスティを含め全部で6人のメンバーが参加したシリーズだったようだ。その内訳は以下のとおり。

Butter in a Lordly Dish        アガサ・クリスティ      1月13日(放送日。以下同)
The Murder at Warbeck Hall     シリル・ヘアー        1月27日
A Nice Cup of Tea           アントニイ・ギルバート   2月3日
Sweet Death              クリスチアナ・ブランド    2月10日
Bubble, Bubble, Toil and Trouble  E・C・R・ロラック       2月17日
Where Do We Go From Here?    ドロシー・L・セイヤーズ   2月24日

 クリスティの“Butter in a Lordly Dish”については、2001年以降、スペシャル・イベントなどの機会に何度か紹介されたことがあるらしいが、ほかの作家たちの作品も含め、いずれも刊行の機会には恵まれていない。実に興味をそそるではないか。
 クリスティには、ほかにも未刊行の舞台劇や短編などがあるようだが、詳細は分かっていない。今後、紹介の機会が得られることを期待したいものだ。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示