ヴァン・ダインが選ぶ推理小説ベスト7

 ネット上でもそうだが、ヴァン・ダインが選んだ英国ミステリの「ベスト11」なるものを時折見かける。その内訳を挙げれば、

 E・C・ベントリー 『トレント最後の事件』
 A・E・W・メイスン 『矢の家』
 F・W・クロフツ 『樽』
 ハリントン・ヘクスト 『誰が駒鳥を殺したか』
 イーデン・フィルポッツ 『赤毛のレドメイン家』
 オースティン・フリーマン 『オシリスの眼』
 ロナルド・ノックス 『陸橋殺人事件』
 A・フィールディング 『停まった足音』
 A・A・ミルン 『赤い館の秘密』
 H・C・ベイリー フォーチュン氏シリーズ
 G・K・チェスタトン ブラウン神父シリーズ

というものだ。
 
 ところが、よくよく確認すると、ヴァン・ダインはそんな「ベスト11」を選んだことはない。
 上記の諸作品は、1927年に、ヴァン・ダインが本名のウィラード・ハンティントン・ライト名義で編纂したアンソロジー『世界推理小説傑作集』の序文(邦訳は『ウィンター殺人事件』創元社に収録)の中に出てくるもの。「ここに言及したものは英国の急速に増加している推理小説の宝庫のなかで、とくに注目に値するものを、ほんの数編拾いあげただけ」として列挙しているものだ(同書206頁:井上勇訳)。
 これを、あたかもヴァン・ダインが選んだ「ベスト」集の如きものとしてリストにして掲げたのは、ほかならぬ江戸川乱歩氏のようだ。我が国における乱歩の権威もあってか、このヴァン・ダインの「ベスト11」なるものは、その後も一人歩きしていて、今日なお、いろんなところで引用されている。

 実は、ヴァン・ダインは、1928年に、自らが選んだ推理小説のベスト7長編を、米チャールズ・スクリブナーズ・サンズ社から、“The S.S. Van Dine Detective Library”という6巻本にまとめて出している。
 その内訳を列挙すれば、

 アーサー・コナン・ドイル 『四つの署名』
 イズレイル・ザングウィル 『ビッグ・ボウの殺人』
 オースティン・フリーマン 『オシリスの眼』
 A・E・W・メイスン 『矢の家』
 ガストン・ルルー 『黄色い部屋の謎』
 フィリップ・マクドナルド 『鑢』
 F・W・クロフツ 『樽』
 
である。(最初の二作は一巻にまとめて収録されている。)

 前記の「ベスト11」と比較すれば、部分的にしか一致していないことが分かるだろう。両者に共通するのは、『オシリスの眼』、『矢の家』、『樽』だけだ。
 ルルーはフランス人なので、「英国ベスト」に入らないのは分かるが、ドイルやマクドナルドという純英国作品が「ベスト11」から外れているのは整合性がとれない。このことも、そもそも上記の11作品が「ベスト」として選ばれたものではないという見方を補強する。
 あくまで私見だが、後者の7長編の方が、よほどヴァン・ダインらしい、妥当な「ベスト」の選択のように思える。『赤い館の秘密』はともかくとして、『陸橋殺人事件』や『赤毛のレドメイン家』、さらにはフィールディングの『停まった足音』などは、首を傾げたくなるような選択だからだ。
 ところが、我が国では、「ヴァン・ダインのベスト11」なるものが祭り上げられてきた結果、これらの作品も、海外での評価と対照的にしばしば珍重され、『停まった足音』にいたっては、本格ファン垂涎の的として紹介が切望され続けたあげく、近年ようやく邦訳が出たはいいものの、あまりの期待外れに、あちこちで失望の声を聞くありさまである。
 前記序文を読んでも明らかなように、クリスティを毛嫌いしたライトは、彼女の作品をいずれにおいても選んでいない。そうした偏向はあるものの、この7長編はなかなか見識のある選択と評価したい気になる。
 今日であればそう頻繁にベストに選ばれる作品ではないが、『オシリスの眼』、『黄色い部屋の謎』、『鑢』、『樽』は、いかにも古典的な謎解き探偵小説の見本のような作品であり、推理小説を「小説の形を借りた複雑で、拡大された謎」と定義づけた彼らしい選択といえる。
 『ビッグ・ボウの殺人』や『黄色い部屋の謎』のような密室物を選んでいる点も注目されるが、いずれも不可能犯罪という視点より、謎解きのプロットを全体として評価したとみるべきだろう。
 なにはともあれ、「ヴァン・ダインが選んだベスト」なるものを引用する時は、今後は是非こちらの7長編を引用してほしいものだ。乱歩が、ねつ造とまでは言わないにしても、勝手にベスト集に祭り上げてしまったリストより、こちらのほうが、はるかにそう呼ばれるにふさわしい作品群と思うからだ。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ファイロ・ヴァンス登場 ヴァン・ダイン ‘The Clyde Mystery’

 ‘The Clyde Mystery’は、The Illustrated Detective Magazine誌1932年7月号に掲載された作品。台本風のセリフに挿絵を交えた、映画シナリオ仕立てであり、全十八場構成となっている。挿絵画家は、A・E・ジェイムスン。
 タイトルの前には、S. S. Van Dine's New Picture Exploits of Philo Vanceと記され、さらに、Copyright 1932, by W. H. Wrightと付記されている(言うまでもなく、ヴァン・ダインの本名、ウィラード・ハンティントン・ライトのこと)。

 翡翠収集家のアンガス・クライドが自宅で殺害されたという連絡がマーカム地方検事のもとに入る。マーカムは、ただちにファイロ・ヴァンスの協力を求め、ヴァンス、ヒース部長刑事ととともに現場に赴く。
 クライドは、右耳のうしろを38口径のリボルバーで至近距離から撃たれていた。死亡推定時刻は午前2時頃だった。執事のハンキンズの話では、その晩、家にいたのは、ほかに、アン・クライド夫人、その弟のレジー・モンクトン、その友人のラッグ大尉、ドイツ人のコレクターのムンター氏だった。ムンターは、クライドから翡翠を買いとろうとして拒まれていた。
 クライド夫人は、ヴァンスの質問に、犯行時刻に銃声を聞かなかったと答えるが、寝室にいたのであれば聞こえたはずなのに、それ以上は聞かれても説明しようとしなかった。ヴァンスはさらに、弟のレジーを追及する。レジーの話によれば、その晩、部屋にひきとったあと、頭痛で眠れず、ふと部屋の窓の外を見ると、その時、時計が2時を打ち、下のバルコニーに、アン夫人とラッグ大尉が一緒にいるのを目撃したという・・・。

 ヴァン・ダインは、1931年から1932年にかけて、ワーナー・ブラザーズ社で製作された、クラブトリー博士とカー警視を主人公とする‘S. S. Van Dine Mysteries’という短編映画シリーズのシナリオ作成に携わった。その中には、のちにファイロ・ヴァンス物の短編に書き直されたものもあったという。
 どうやら、本作がこれに当たるものと思われる。なぜなら、その短編映画シリーズの第1作目は、‘The Clyde Mystery’とされているからだ。本作が映画シナリオ仕立てになっていることも、元々映画シナリオだったものを改作したためと考えれば理解しやすい。実際、IMDbで映画の筋書きを確かめると、登場人物の名前が多少変わっているほかは、概ね同様の筋立てと思われる。
 ファイロ・ヴァンス物の短編といえば、『ファイロ・ヴァンスの犯罪事件簿』(論創社)という短編集が邦訳で出ているが、本作は収録されていない。同短編集の訳者解説にも本作についての言及はないが、この解説には、一点、気になるところがある。
 同短編集収録の「役立たずの良人」には、かつて「新青年」という雑誌に「クライド殺害事件」、のちに「クライド家殺人事件」として「改題・戯曲化」されて掲載された翻訳があったと説明されている。ところが、妙なことに、この「役立たずの良人」のどこを見ても、「クライド」という名の登場人物は出てこない。むしろ、この「クライド殺害事件(「クライド家殺人事件」)」は、‘The Clyde Mystery’の邦訳だったのではないか。「戯曲化」というのも、もともと映画シナリオ仕立ての作品を翻訳したから、戯曲の体裁になっていたのではないだろうか。
 同書の訳者が「新青年」の出典に当たっているのなら、そんな間違いは犯さないと思うのだが、これもよく見ると、別の個所で、「訳者は現物にあたったわけではない」とも記されているので、案外、推測で同じものと考えただけなのかもしれない。(もっとも、こちらも出典に直接当たったわけではないので、これもあくまで推測にとどまる。誤解であれば、平にご容赦願いたい。)
 『ファイロ・ヴァンスの犯罪事件簿』は、犯罪実話を基にした短編集であり、ヴァンスは過去の事件を解説するだけで、捜査に自ら携わり、推理を展開してみせるわけではない。しかし、‘The Clyde Mystery’は、ヴァン・ダインのオリジナル作品であり、ヴァンスは、現場の暖炉に残された傷から意外な真相を明らかにする。ヴァン・ダインの作品を知る読者なら、思わずニヤリとさせられるプロットだ。事件を解決したあと、ヴァンスは、カーネギー・ホールに、トスカニーニ指揮のブラームスの交響曲第二番を聴きに行く。
 シナリオ仕立てで、ほとんど会話だけで進行するため、ストーリー展開のテンポがいい半面、作品の短さとも相まって、なにやらコミック的で軽い印象があるのも事実だが、ヴァンスの登場するレアな短編として貴重な作品と言えるだろう。


Clyde Mystery
左側正面がヴァンス、そのうしろがマーカム地方検事、ヒース部長刑事

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

“The S.S. Van Dine Detective Library”の選定経緯

 ヴァン・ダインの‘The Clyde Mystery’を紹介した機会に、以前紹介したヴァン・ダインによる長編ベスト7について、もう少し詳しく解説しておきたい。
 これは、1928年に、チャールズ・スクリブナーズ・サンズ社が、娯楽性と権威の点でベストの推理小説のコレクションを出版するために、当時、批評家としても作家としても権威と認められていたヴァン・ダインに、「スリリングでドラマチックな娯楽性」と「探偵小説の発展における重要性」という観点から、ベストの6冊を選んでくれるよう依頼したものである。
 ヴァン・ダインは、熟慮の末に、ドイルの『四つの署名』、ザングウィルの『ビッグ・ボウの殺人』、フリーマンの『オシリスの眼』、メイスンの『矢の家』、ルルーの『黄色い部屋の謎』、マクドナルドの『鑢』、クロフツの『樽』を推薦した(最初の2作は一巻に収録できるだろうということで7作選んでいる)。その回答は、同シリーズの巻頭に、出版社のノートに続けて掲載されている。

Van Dine Library1


 このシリーズでもう一つ興味深いのは、それぞれの巻に口絵が掲載されていること。ここでは、『黄色い部屋の謎』と『オシリスの眼』の口絵を紹介しておく。

黄色い部屋の謎
Van Dine Library2


オシリスの眼
Van Dine Library3


 ヴァン・ダインの人気は、『ファイロ・ヴァンスの犯罪事件簿』(論創社)の訳者解説などでも論じられているが、英米と日本とでは相当な隔たりがある。とはいうものの、以前紹介したように、英ミステリ界の重鎮だったジュリアン・シモンズが、コリンズ社のクライム・クラブの復刊を手掛けた1980年の時点で、謎解き探偵小説がピークに達した黄金時代の代表作として、クイーンの『フランス白粉の謎』、『ギリシア棺の謎』、『エジプト十字架の謎』と並んで、ヴァン・ダインの『グリーン家殺人事件』と『僧正殺人事件』を挙げていたことも改めて指摘しておきたい。実際、シモンズは、“Bloody Murder”(最終改訂1992年)においても、一方ではヴァン・ダインの凋落ぶりを容赦なく指摘しつつも、この二作については、「黄金時代の最良の成果」として称賛を惜しんでいない。ジョン・ラフリーの伝記も邦訳が出て、その毀誉褒貶ぶりが改めてクローズアップされたヴァン・ダインだが、一般読者の認知度はともかく、識者の中には、時代を経ても価値の変わらない作品の質の高さを評価していた者もいたことは触れておくべきだろう。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ヴァン・ダインのミステリ書評

 ヴァン・ダインがアンソロジストでもあり、その序文として「推理小説論」(1927)のようなミステリ評論も書いていることは邦訳でも紹介されている。しかし、短期間ではあったが、晩年にミステリの新刊書の書評を手掛けていたことは意外と知られていない。
 ヴァン・ダインは、「スクリブナーズ誌」の1939年1月号から5月号にかけて、同誌書評欄のミステリ部門を担当している。彼は1939年4月に亡くなっているので、ほとんど絶筆といっていいものだろう。「スクリブナーズ誌」そのものも、まるでヴァン・ダインとともに息を引き取るかのように、同年5月号をもって廃刊となっている。
 これらの書評は、短いものではあるが、1927年時点で書かれた前記「推理小説論」では触れられなかった、その後の作家や作品を論じている点で興味深い。ここで、かいつまんで紹介してみたい。

 1月号では、E・C・ベントリーの『トレント乗り出す』、J・J・コニントンの“Murder Will Speak”、ジョン・ディクスン・カーの『曲った蝶番』、マーガレット・テイラー・イェイツの“Death Sends a Cable”、レスリー・フォードの“Three Bright Pebbles”、エラリー・クイーンのアンソロジー“Challenge to the Reader”を取り上げている。
 『曲った蝶番』については、「疑いもなくカーのベスト作」とし、「過去の推理小説のベスト作と栄冠を分かち合うもの」と絶賛している。
 クイーンのアンソロジーについては、よいアンソロジーだと誉めた上で、納得できるし、時流に即した作品集だとし、あまり知られていないが立派な作品も含まれていると評価している。
 2月号では、A・A・フェアの『屠所の羊』、ジョージ・ハーモン・コックスの“Four Frightened Women”、Q・パトリックの“Death and the Maiden”を取り上げている。
 『屠所の羊』については、本年の犯罪スリラーのベストを選ぶのは時期尚早かもしれないが、これほど優れ、活力に満ちた作品は多くないだろうと称賛している。
 3月号では、オースティン・フリーマンの『猿の肖像』、デイリー・キングの“Arrogant Alibi”、F・W・クロフツの『フレンチ警部と毒蛇の謎』、マーガレット・アースキンの“The Limping Man”を取り上げている。
 『猿の肖像』については、「全体として納得できるし、謎解きも優れている」とした上で、「あらゆる細部が入念に構築され、派手さには乏しいが、ストーリーはしっかりと進んでいく」と称賛している。
 “Arrogant Alibi”については、アリバイ崩しは推理小説の仕掛けとしては最も難しいものだし、クロフツがその大家だが、キングは見事に成功していると評価し、巧妙でよく練られているし、上級読者向けの知識の詰まった作品だとしている。
 そのクロフツの『フレンチ警部と毒蛇の謎』については、倒叙の形式を取り入れた異色作だが、高い水準にあるとし、フレンチは見事な推理を披露しているし、傑作だと称賛している。
 4月号では、H・C・ベイリーのフォーチュン氏物の“The Great Game”、アガサ・クリスティの『ポアロのクリスマス』、クリストファー・ブッシュの“The Case of the Green Felt Hat”、ハリエット・R・キャンベルの“The Moor Fires Mystery”、エドガー・W・スミスの“Appointment in Baker Street”を取り上げている。
 『ポアロのクリスマス』については、よく書けているし、動きも整理されているとしつつも、登場人物は巧みに造形されているが、混乱したクライマックスや『ビック・ボウの殺人』以来のタブーである解決の埋め合わせになるかどうかは分からないと、やや控えめな評価をしている。
 5月号では、ドロシー・ディズニー・キャメロンの“Strawstack”、ルーファス・キングの“Murder Masks Miami”、コール夫妻の“Off with Her Head”を取り上げている。
 “Murder Masks Miami”については、その解決には「最も鋭い読者でも驚くだろう」としている。

 これらの書評で注目されるのは、「推理小説論」では触れられなかった、カー、クイーン、フェア(E・S・ガードナー)のような、当時の新世代の作家達が取り上げられていることだろう。
 カーについては、代表作の一つと言うべき『曲った蝶番』をタイミングよく取り上げていることもあるのだが、非常に高い評価を与えている。もっとも、書評に割いているスペースはごくわずかだし、これだけでは、作家としてのカーをどう見ていたかはよく分からない。
 クイーンは、ヴァン・ダインのエピゴーネンとしてデビューしながら、次第に独自のスタイルを確立して人気の点でも凌駕してしまった作家といえる。その作家としてのクイーンに対して、ヴァン・ダインがどんな見方をしていたかは、興味深いところではあるが、アンソロジーを取り上げたこの書評では窺い知ることはできない。フェア(ガードナー)も、ヴァン・ダイン以後に、アメリカで絶大な人気を博した作家だが、ペリー・メイスン物に対する評価も、できれば知りたかったところだ。
 クリスティに対しては、「推理小説論」でも厳しい評価をしていたヴァン・ダインだが、既に大ベストセラー作家となっていた当時のクリスティに対しても、かなり冷ややかな見方をしているのが窺える。とはいうものの、『カナリヤ殺人事件』は『アクロイド殺害事件』、『カブト虫殺人事件』は『スタイルズの怪事件』のパクリではないかと思えるし、特に前者のトリックについては、「推理小説論」の中で、再び使用することを作家に対して厳しく戒めているというのに、自分では使っているという、欺瞞的なところがヴァン・ダインにはある。邪推と言われるかもしれないが、クリスティに対する殊更辛辣な評価も、自分が彼女のトリックを自作でひそかにパクったことを韜晦する目的があったのではないかと勘繰りたくなるほどだ。
 ともあれ、量的にも貧弱な内容ではあるが、これらの書評は、「推理小説論」以後のヴァン・ダインの推理小説観の推移を窺い知る手がかりとして、貴重な資料と言えるのではないだろうか。クロフツやフリーマンのような、昔ながらの謎解き推理小説に対しても、相変わらず高い評価を与えていることからも、その推理小説に対する見方は基本的に変わらなかったと思われるが、ドナルド・ラム&バーサ・クール物のような軽いタッチの作品にも惜しみない評価を与えているのは注目されるところだろう。

 なお、ヴァン・ダインは、「スクリブナーズ誌」1930年3月号に‘The Closed Arena’という裁判実録に関するエッセイも寄稿している。リジー・ボーデン事件やクリッペン事件などの著名裁判にも言及しながら、実際の裁判における被告や弁護士の精神的葛藤や駆け引きの失敗、陪審団が示す偏見などを活写している。上記書評もこのエッセイも、本名のW・H・ライトではなく、ともにS・S・ヴァン・ダイン名義で書かれたものだ。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示