ドロシー・L・セイヤーズ 戯曲 “Busman's Honeymoon”

 戯曲“Busman’s Honeymoon”(1936)は、ドロシー・セイヤーズとミュリエル・セント・クレア・バーンの共作による劇作品。共作者のバーンは、セイヤーズと同じサマヴィル・カレッジ出身の友人であり、1981年に、エドワード四世の庶子アーサー・プランタジネットやヘンリー八世などの往復書簡集の校訂版を出したことでも知られている。
 一部で言われているように、この戯曲は小説版の『忙しい蜜月旅行』(1937)を脚色したものではなく、小説のほうが戯曲をベースにしてセイヤーズ単独により執筆されたものである。
 この戯曲の刊行本は、1937年にゴランツ社から初版が出たが、1985年にケント州立大学出版部から、セイヤーズ単独の戯曲“Love All”との合本で、アルジナ・ストーン・デイルによる校訂版が出ている。この校訂版では、戯曲の本文はゴランツ社版をそのまま収録しているが、ゴランツ版には掲載されなかった、第三幕第二場の冒頭に挿入されるべき注意書き、セイヤーズによる登場人物の解説、初演前にロンドン・イブニング・スタンダード紙に掲載された両著者へのインタビュー記事を付録として巻末に収録している。
 ストーン・デイルは、序文において、バーンが箱に入れて50年近くも残しておいた400頁に及ぶ両人の手になるノートや草稿を調査した結果に基づき、作品の成立過程を詳細に分析している。これによれば、セイヤーズが最初に草稿を書き、これにバーンが目を通して注を加えたり、カットや改訂を行い、それをさらにセイヤーズが手書きやタイプによる新たな改訂稿に仕上げ、バーンが校訂するという作業だったようだ。
 上記インタビュー記事によると、セイヤーズがバーンを訪問した際に、煙突掃除の話題になり、劇の開始部分に理想的だという話から、自信のなさそうなセイヤーズにバーンが一緒に書こうと持ちかけたのがきっかけだったという。ストーン・デイルによれば、最初にミステリとしてのプロットや登場人物を構想したのはバーンであり、殺人方法はセイヤーズが考案したもののようだ。
 劇は1936年11月にバーミンガム王立劇場で初演が行われ、12月にロンドンのウェスト・エンドに移り、上演回数は500回以上に及んだ。セイヤーズの最初の劇作品というだけでなく、最大の成功作となったとされる。
 冒頭に掲げられた「著者のノート」では、“Busman’s Honeymoon”は、スリラーや心理学的な犯罪小説から、真の「推理の問題」を区別する本質的な定式を劇という形で表そうとした試みだとし、その定式とは、「あらゆる手がかりは観衆と探偵とに同時に示されなければならない」という「フェア・プレイのルール」だと謳っている。
 その謳い文句に違わず、謎の提示からピーター卿の実演によるその解明に至るまでの筋運びは、視覚的効果を伴わない文章で読んでいても、劇的な効果を思い描きながら謎解きの楽しみを弛緩することなく味わわせてくれる。全体としての出来栄えを考えると、セイヤーズの代表作と言っても過言ではないとすら思える。
 ロバート・バーナードが『欺しの天才』や‘The English Detective Story’(H・R・F・キーティング編“Whodunit?”(1982)所収)で指摘しているように、小説版『忙しい蜜月旅行』を含むセイヤーズの後期作品には、「散漫な会話」をちりばめる一方で、推理の要素は添え物になってしまう傾向があり(そうしたところにセイヤーズらしい味わいを評価する読者ももちろんいるだろうが)、退屈で我慢ならない面がある。
 だが、この戯曲では、バーンとの共作作業がプラスに働いたのか、後期のセイヤーズに顕著なペダンティックな引用癖や饒舌なおしゃべりで水増しした感がなく、かえって、そうした作業で肥大化してしまった小説版は改悪ではないかとすら思える。ジョン・ディクスン・カーは、この劇を実際に観劇したらしく、「地上最高のゲーム」の中で、大団円の印象的な場面に言及しながら、やはり劇作品のほうを称賛している。
 ジル・ペイトン・ウォルシュが補筆完成した“Thrones, Dominations”とともに、今後の紹介が期待される作品のひとつと言えるだろう。


Busman's Honeymoon
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ドロシー・L・セイヤーズ 『探偵小説の起源』

 “Les Origines du Roman Policier”(1940)は、イギリスのドロシー・L・セイヤーズ協会が刊行している冊子の一つで、セイヤーズが第二次大戦中に執筆したフランス国民向けのラジオ放送用原稿を発掘したもの(2003年刊)。
 本文はセイヤーズ自身がフランス語で執筆したものであり、冊子では、本文を見開きの左頁、英訳を対訳として右頁に載せ、リール・カトリック大学のスザンヌ・ブレイ博士による解説と注を付けている。
 ナチス・ドイツによる危機が拡大しつつあった当時、BBCは、イギリスの立場を大陸の同盟国や敵国に向けてアピールするプロパガンダ番組を制作していた。そのシリーズの一環としてセイヤーズに白羽の矢が立ったのだが、番組を担当していた女性編集者は、当初、イギリスにおける宗教思想をトークのテーマにするようセイヤーズに求めた。
 セイヤーズは、神学の領域でも論陣を張ったことで知られ、二十世紀最大の神学者と呼ばれたカール・バルトも彼女の神学論文を愛読し、自ら独語訳を手掛けて出版したほどだったという(『ドグマこそドラマ』新教出版社)。だが、セイヤーズはBBCからの要請を一蹴し、イギリスにおける宗教が混乱の中にあり、そんなテーマで話してもフランス国民の感情を害するだけだし、仮にフランス国民が自分のことを知っていたとしても、それは宗教上の著作を通じてではなく、探偵小説の作家としてだから、それ以外のテーマでは話さないと譲らなかった。
 ブレイの解説によれば、セイヤーズは、探偵小説をテーマに語ることが、立派なプロパガンダになると考えていた。ガボリオやルルーに対する賛辞を呈することができるというだけでなく、民主主義国においてこそ探偵小説が優れた完成度に達し得たことを説明し、秩序の維持、警察機構への信頼、フェア・プレイの理念という民主主義の諸原則を強調することができると考えたからだ。
 セイヤーズは、その構想に従い、ガボリオを生んだフランスにおいて探偵小説が開花し、イギリスの文学や文化もフランスに負うところが大きいことを強調しながら、両国民が手を携えてナチスの脅威と闘うことを呼びかけて原稿を結んでいる。ただ、残念ながら、このラジオ放送は、セイヤーズとBBCとの間でやりとりしている間に、フランスがドイツに降伏したことにより、実現しないままに終わったようだ。
 セイヤーズが「ウィムジイのことを宗教劇やダンテの翻訳のための財政基盤とみなしていた」(キャロリン・G・ハイルブラン‘Biography Between the Lines’より。アルジナ・ストーン・デイル編“Dorothy L. Sayers: The Centenary Celebration”所収)という見方からすると、彼女にとって探偵小説はあくまで金を得る手段にすぎなかったようにも思える。それなら、既に探偵小説の筆をほぼ絶っていたこの頃、BBCからの要請を喜んで受け入れそうなものだが、自分への評価も含めて客観的に状況判断しているだけでなく、探偵小説の持つ意義を意欲的に語る様子からは、そんな見方が俗説にすぎないのではないかとすら思えるほどだ。
 20分という放送時間を想定した原稿のため、本文だけで正味7頁にすぎないし、彼女の「探偵小説論」(1928:『顔のない男』創元文庫所収)に比べれば簡素の極みだが、ブレイが解説しているように、「探偵小説は個々の国民の権利と法の支配を保証する体制にイデオロギー的支持を与える」という信念をにじませながら論じているところが、時代背景とともに、探偵小説への強い愛着を感じさせる点で興味深い。これはハワード・ヘイクラフトの『娯楽としての殺人』(1941:邦訳は国書刊行会)とも共通するものだろう。
 セイヤーズは、「最後の事件」におけるホームズの言葉を引用して原稿の最後を締めくくっている。

“For years past I have continually been conscious of some power behind the malefactor, some deep organizing power which forever stands in the way of the law, and throws its shield over the wrong-doer… Your memoirs will draw to an end, Watson, upon the day that I crown my career by the capture or extinction of the most dangerous and capable criminal in Europe.”

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ドロシー・L・セイヤーズ “Wimsey Papers”

 “Wimsey Papers”は、イギリスの週刊誌「スペクテイター」に、1939年11月17日号から1940年1月26日号にかけて、11回にわたって連載された一連の記事であり、ピーター卿のシリーズに登場するウィムジイ家のメンバーや友人たちとがやりとりした手紙、ピーター卿が記した日記からの抜粋などで構成されている。ハリエットは子どもたちとともにトールボーイズの田舎に留まっているが、ピーター卿は外国にいるという設定になっている。
 一見、ピーター卿のシリーズに連なるフィクションのような体裁を取ってはいるが、実際は、第二次大戦初期を背景に、当時の人々の生活環境を描写する中で、セイヤーズ自身の大戦に対する見解や政治論などをピーター卿やハリエットに仮託して表明したものとなっている。当時のイギリスの宰相は、対独宥和政策で悪評の高いネヴィル・チェンバレンであり、セイヤーズは、手紙の著者たちに仮託して、チェンバレンの政策に疑問を呈するとともに、共産主義やファシズムに対する批判を展開している。
 ピーター卿のシリーズを書き継いだジル・ペイトン・ウォルシュは、自身が書いた続編“A Presumption of Death”(2002)に、“Wimsey Papers”に出てくる情報を利用しているのだが、記事のこうした特殊な性格を踏まえ、同書の著者註の中で、“Wimsey Papers”はフィクションではなく、続編として読まれることを意図したものではないし、今では戦時中の記録として詳細な注釈が必要だと述べ、暗に、今日そのまま世に出すにはふさわしくないかのように示唆している。だが、自分は続編の素材としてその情報を利用しておきながら、読者にはそんなしたり顔の警告を発してオリジナルの紹介をお預けにしようとする姿勢には疑問を感じなくもない。実際、ハリエットの手紙に、子どもたちとともに消防訓練に参加した状況の描写が出てくるなど、大戦中の一家の動静を窺い知る貴重な情報も含まれていて、ファンにとっては決して無視できない記録だろう。
 ピーター卿の母親、デンヴァー先代公妃からハリエットに宛てた手紙では、図書館の女性職員から、ハリエット・ヴェインの新作がいつ出るのかと問われて、独裁者たちが公然と大量殺人を行っている状況の中で、ハリエットが殺人を扱う小説の執筆意欲を失っていることを先代公妃が示唆したというエピソードが出てくる。ハリエットがセイヤーズ自身を投影したキャラクターであることを考えると、これは著者自身の当時の心境を投影したものである公算が高い。実際、セイヤーズは、1937年に『忙しい蜜月旅行』を出したあと、同時期に書かれ、未完に終わった“Thrones, Dominations”(1998年にジル・ペイトン・ウォルシュによる補筆完成版が刊行)を最後に、(1942年に書かれた、犯罪や大戦と無関係の牧歌的な短編「桃泥棒(Talboys)」を除いて、)第二次大戦以降はシリーズの筆を絶ってしまう。
 セイヤーズが推理小説の筆を絶ったのは、ダンテなどの中世文学の研究者として自立するための資金を稼ぐ目的を果たした以上、それ以上書く必要を感じなくなったからだとか、ピーター卿にうんざりし始めていたからだといった理由がしばしば挙げられるが、実は案外、上記のような全く別の理由があったというのが真相かもしれない。その一方で、彼女が推理小説に民主主義の理想を託してフランス国民に訴えようとしていたことが、以前紹介した「探偵小説の起源」というラジオ放送用原稿から明らかになっていることも付言しておくべきだろう。
 最後に、ピーター卿は手紙の中で、ハリエットに向かって、筆を折らずに勇気を奮って国民に語り続けるよう励ましているのだが、これはセイヤーズが自らを鼓舞した言葉と理解してまず間違いはあるまい。
 「君は作家だ。君には国民に向かって語らなければならないことがあるんだよ。・・・政府に向かって、やるべきことをあれこれと急き立てるだけじゃだめだ。国民の目を覚まさせなくては。・・・重要なことは、一人ひとりの『個人としての責任』なんだ。国に導いてもらうことを当てにするようじゃいけない。自分たちが国を導くことを学ばなくては。君は国民にそのことをうまく伝えなくちゃいけないんだ。それこそが重要なことなんだよ」

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ウィムジイ家の系譜 “The Wimsey Family”

 C・W・スコット・ジャイルズの“The Wimsey Family”(2007)は、紋章学者である著者が、セイヤーズとの文通を通じて得た情報をもとにウィムジイ家の歴史を略述したものである。初版は1977年にゴランツ社から刊行され、2007年にドロシー・L・セイヤーズ協会から、バーバラ・レイノルズ(セイヤーズ協会会長。書簡集の編纂をはじめセイヤーズ関連の著作あり)による序文とクリストファー・ディーン(セイヤーズ協会議長。2012年没)によるあとがきを付して再刊された。著者の淡々とした筆致に加え、紋章、印章、肖像、ブリードン・ホールのスケッチなど、イラストもふんだんに挿入されていて、フィクションでありながら、リアルな雰囲気をうまく醸成している。
 スコット・ジャイルズは、国からフィッツアランの特命紋章官に任命された紋章学の権威であり、ウィムジイ家の紋章に興味を惹かれ、1936年3月にセイヤーズに紋章に関する照会の手紙を送ったところから両者の文通が始まった。セイヤーズが推理小説の筆を折ったあとも、両者はダンテの研究を通じて交流を続けたようである。
 両者の文通を通じて解明されていったウィムジイ家の系譜は、ヘレン・シンプスン、ミュリエル・セント・クレア・バーンの協力も得て、1936年に“Papers relating to the Family of Wimsey”、1937年に“An Account of Lord Mortimer Wimsey, the Hermit of the Wash”という小冊子にまとめられた。500部の限定本として印刷されたこれらの小冊子は、クリスマスの贈り物として友人たちに配布されただけで、古書市場に出ることもあるが、法外な値が付くため、もとより手の出る代物ではない。さいわい、“The Wimsey Family”にそれらの内容も解説されていて、前者は、一族のセント・ジョージ子爵が、1751年に家族の反対を押し切って愛人だったべスという未亡人と結婚した経緯、後者は、その息子のモーティマー・ウィムジイ卿についての記録を記した小冊子のようである。
 スコット・ジャイルズは、この構想をさらに膨らませて、ウィムジイ家の歴史に関する本を出すようセイヤーズに勧めたが、彼女がピーター卿物の筆を折ってしまったことから、この計画はセイヤーズの生前には実現しなかった。
 セイヤーズの死後、スコット・ジャイルズがセイヤーズと文通した書簡等の情報をもとにウィムジイ家の歴史をまとめ上げたのが本書であり、1066年のノルマン征服の際に征服王ウィリアムに従ったロジャー・デ・ギムジイから、1298年にエドワード一世に従ってフォルカークの戦いでスコットランド軍と戦ったジェラルド・デ・ウィムジイ、リチャード二世の退位とヘンリー四世の即位を支持してデンヴァー伯爵に叙せられたラルフ・ウィムジイ、ばら戦争でヘンリー七世を支持し、デンヴァー公爵に叙せられたピーター・ウィムジイなどを経て、現代のピーター卿とハリエットに至るまでの華麗なる一族の系譜が略述されている。
 なお、デンヴァー公爵であるピーター卿の兄、ジェラルドには、セント・ジョージ子爵を称するジェラルドという息子がいるが、先に紹介した“Wimsey Papers”によれは、ジェラルドは第二次大戦で英国空軍に加わって出征している。セイヤーズがスコット・ジャイルズに生前語ったところによれば、ジェラルドは戦死する運命だったという。ジェラルドは独身だったため、ピーター卿がデンヴァー公爵の推定相続人となり、次いで、その子息、ブリードンが相続権を持つことになる。どうやら、ピーター卿はデンヴァー公爵の地位を受け継ぐ運命にあったようだ。
 短編「桃泥棒」では、ピーター卿には、ブリードン、ロジャー、ポールという三人の息子がいることになっているが、“The Wimsey Family”に序文を寄せているレイノルズによれば、セイヤーズは彼女に、ピーター卿とハリエットは全部で5人の子を持つことになると語っていたらしい。
 5人の子を持つデンヴァー公爵。セイヤーズはピーター卿とハリエットにどこまでも幸せで理想的な家庭を与えてやらずにはいられなかったようだ。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ドロシー・L・セイヤーズ “The Travelling Rug”

 セイヤーズのシリーズ・キャラクターといえば、言うまでもなく、ピーター・ウィムジイ卿が最も有名であり、12の長編(“Thrones, Dominations”を含める)と22の短編(「若きピーター卿、ホームズの依頼人となる」を含める)に登場する。そして、我が国ではあまり知名度は高くないが、11の短編に登場するワイン・セールスマンのモンタギュー・エッグ氏がいる。
 実は、セイヤーズは第三のシリーズ・キャラクターを構想していた。その名は、ミス・ジェーン・ユリディシー・ジャドキン。セイヤーズは、“The Situations of Judkin”という、彼女の登場するシリーズを構想し、その第一作目として“The Travelling Rug”という短編の草稿を残していたが、残念ながら、この草稿はセイヤーズの生前に刊行されることはなく、その後のシリーズも書かれないままに終わった。
 残された草稿に、ジョー・R・クリストファーの解説とジャネット・ブレナン・クロフトによる詳細な註を付したものが、2005年にアメリカのザ・ミソピーク・プレスから刊行された。これにはさらに、セイヤーズの短編チェックリストと本編の草稿のファクシミリも収録されている。
 ミス・ジャドキンは25歳の女中で、ストーリーは、彼女が「奥様」と呼ぶ女性に、自分が体験した事件を一人称で語るという体裁を取っている。
 ミス・ジャドキンは、以前の雇い人だったミス・マーサブルが亡くなり、「マナリング・ハウス」のファストウ夫人に新たに仕えることになる。「マナリング・ハウス」には、夫人の姪で、寝たきりの病人のミス・ブレイジーも同居していた。ところが、そこでは原因不明のポルターガイスト現象が次々と起きていて、過去の使用人たちも怖がって辞めていくという事態が生じていた・・・という展開。
 解説を書いているクリストファーは、超自然的な現象を合理的に解決するという意味で、ドイルの「サセックスの吸血鬼」、チェスタトンの「ギデオン・ワイズの亡霊」、カーの「とりちがえた問題」と比較しているが、その意味では、まさに謎解きの体裁を持つ作品である。
 クリストファーは、本作の執筆時期を、セイヤーズが探偵小説をほぼ絶筆した1937年から1942年までの5年の間だろうと推測している。
 敢えて難を言えば、新たに発掘された短編を紹介してくれたのは、もちろんありがたいことではあるのだが、短編一つを単行本として刊行するために、いささかくどすぎる解説と過度に細かい註(イギリス英語の単語にアメリカ英語で何と言うかまでいちいち注釈をつけている! petrolがgasolineを意味することくらい、アメリカ人でもたいていは知っているのではなかろうか)を載せた上に、草稿のファクシミリまで掲載して紙数を稼いだという印象は否めない。
 というわけで、なにやら水増し感のある単行本ではあるのだが、それほどセイヤーズの新発見の作品は貴重ということでもあるのだろう。たった一作の短編では俄かに評価は難しいところではあるが、シリーズ化が予定通り実現しなかったのは確かに残念なことだ。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示