フリーマン 『オシリスの眼』刊行

 オースティン・フリーマン『オシリスの眼』がROM叢書の第9巻として刊行されました。
 ご希望の方は、以下のサイトをご覧ください。


http://page.freett.com/LeoBruce/ROM-j.htm


オシリスの眼



モアブ語の暗号
ソーンダイク博士(左)とジャーヴィス(右)
H・M・ブロックによる「モアブ語の暗号」の挿絵より
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

フリーマン『オシリスの眼』がちくま文庫から刊行予定

 2011年12月にROM叢書から刊行されたリチャード・オースティン・フリーマンの『オシリスの眼』は、少部数の同人出版であったため、刊行後すぐ品切れとなり、以来、多くの方々から再刊を望む声を寄せていただきましたが、このたび、ちくま文庫から刊行されることが決まりましたので、お知らせいたします。
 今回の刊行にあたっては、英初版を底本に用いて全面的な改訳を行いました。以前の訳では、米初版を底本にしつつ、英版を随時参照して補訂を加えましたが、英初版と照合すると、米版やのちの英版には誤植や脱落がかなりあることも分かり、貴重な英初版に手を触れすぎるのを恐れて十分参照しなかったことを反省しております。
 解説についても、大幅な加筆を行い、読者の方の便宜に資するよう努めました。このため、以前の記事にアップしたROM叢書版の解説は、誠に恐縮ではございますが、削除させていただきますので、ご寛恕を賜りますようお願い申し上げます。
 以下に、シミルボンにアップするつもりで執筆した書評をご参考まで掲載します(絶版書のためか、検索をかけても書名が出てこないため、アップできなかったもの)。


 エジプト学者のジョン・ベリンガムは弟の家を訪ねたあと謎めいた失踪を遂げ、生死不明となる。ベリンガムは自分の死体の埋葬場所を指定し、その条件を満たすかどうかで相続人が決まるという奇妙な遺言書を遺していた。その後、ベリンガムの所有していた土地や各地の池からバラバラ死体の骨が発見される。
 R・オースティン・フリーマンの長編第二作であり、数々の名作表に選ばれた謎解きの古典。ヴァン・ダイン『カブト虫殺人事件』、クイーン『エジプト十字架の謎』、クリスティ『ナイルに死す』、カー『青銅ランプの呪』、デイリー・キング『厚かましいアリバイ』、ロビン・クック『スフィンクス』、エリザベス・ピーターズ『砂州にひそむワニ』など、エジプトを題材にしたミステリは古典期から現代にいたるまで数々あるが、本作はその嚆矢でもある。
  レイモンド・チャンドラー、トーマ・ナルスジャックなど、謎解き小説に対して厳しい批評を下した現代の作家・批評家たちですら称賛を惜しまなかった緻密な論理性こそはフリーマンの最大の特長であり、今なお他の作家・作品の追随を許さない。本作はその特長が最もよく発揮された傑作であり、帰納的推理の模範とも言うべき、ソーンダイク博士の推理は、「これ以外の解決はあり得ない」と思わせるほどの強力な説得力を持っている。フリーマン自身、本作の高みに達することは再びなかったと言っても過言ではない。
 ストーリー展開も弛緩することなく、百年以上前に書かれた作品でありながら、少しも古さを感じさせない熟度の高さが素晴らしい。メロドラマめいた恋愛描写はやや時代がかった印象を与えるが、服装は山高帽にフロックコート、交通手段は馬車、照明器具はガス灯にランタンというヴィクトリア朝~エドワード朝のノスタルジアをそそる雰囲気の中に、大英博物館など現代にも通じる舞台設定と色褪せないロジックの冴えが時代のギャップを埋めてくれる。
 探偵と犯人の個性的な造形、そのコントラストも巧みで、両者がその知性を絞り尽くして対峙するクライマックスはまさに圧巻。コニントンの『九つの解決』、モーラーの“The Mummy Case”など、直接的影響を受けた有名作のほか、エラリー・クイーンの国名シリーズをはじめ、論理性を重視したその後の本格作品のあり方を方向づけるマイルストーンを打ち立てた記念碑的傑作である。


        「オシリスの眼」英初版      オシリスの眼
                       『オシリスの眼』150部限定英初版


          モアブ語の暗号
               ソーンダイク博士(左)とジャーヴィス(右)
            (H・M・ブロックによる「モアブ語の暗号」の挿絵より)

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

『オシリスの眼』と研究家たち

 『オシリスの眼』の刊行予告を出したところだが、ちくま学芸文庫から、まことによいタイミングで『エジプト神話集成』が刊行された。「ホルスとセトの争い」や「ピラミッド・テキスト」も収録されているし、これと岩波文庫から出ているプルタルコスの『エジプト神イシスとオシリスの伝説について』を併せれば、『オシリスの眼』の背景にあるエジプト神話の原典はほぼ参照できるというものだ。あとがきである程度解説はしたが、フリーマンは学術的な議論のあるトピックを説明抜きに会話の中に盛り込むので要注意。博覧強記の人だっただけに、読者も自分と同程度の知識があることを当然の前提のように執筆してしまうのは、いかにもフリーマンらしい欠点ではあった。
 とはいえ、『オシリスの眼』は古典だけあって、ミステリ研究家によるこれまでの議論の集積も生半可ではない。そのエッセンスは文庫版のあとがきでも解説したが、先人の研究のおかげでやっかいな引用句の出典なども比較的簡単に突き止めることができた面もある(もっとも、なかには独自に突き止めたものもあるが)。
 一、二、例を挙げれば、レックス・スタウトの研究家としても知られる、ボストン・カレッジのジョン・マカリーア教授は、『オシリスの眼』のベリンガム事件が1849年に米ボストンで起きたパークマン=ウェブスター事件をモデルにしていることを突き止めているし、“John Thorndyke’s Journal”の編集者だったデヴィッド・イアン・チャップマンなどは、献辞にイニシャルの出てくるアリス・ビショップ夫人がルース・ベリンガムのモデルであることを推測している。
 あとがきでは触れなかったが、オシリス神話との関連で興味深い議論を展開しているのは、ジョン・H・ディルクスの“The Eye of What’s-His-Name”(1983)。プルタルコスの伝える神話によれば、オシリスを殺害した弟のセト(プルタルコスの表記ではテュポン)は、オシリスの遺骸をバラバラに切断して各地にばらまいたとされる。
 ディルクスは、ここから、『オシリスの眼』において行方不明となったジョン・ベリンガムの遺骸と思しきバラバラの遺骨が各地で発見される経緯は、このオシリス神話のエピソードをベースにしていると推測している。『オシリスの眼』では、シドカップ、セント・メアリ・クレイ近くの池、リー近くの池、ククー・ピッツ、ステイプルズ・ポンド、ボールドウィンズ・ポンド、ウッドフォードの井戸、と計七か所で遺骨が発見されるが、これがオシリス神話で描かれる遺骸切断のエピソードと数も一致しているというのだ。ディルクスはさらに、ルース・ベリンガムはイシス、ポール・バークリーはトト、そして、ソーンダイクは万物照覧の目を持つホルスを象徴していると想像を膨らませている。
 しかし、これは出典の違いによるのかもしれないが、プルタルコスのテクストでは、セトはオシリスの遺体を14に切断してばらまいたとされていて、ディルクスの議論とは数が合わない。さらに、『オシリスの眼』の初稿“The Other Eye of Osiris”(1999)が公になった今では、遺骨がばらまかれるエピソードはもともと副次的なものにすぎなかったし、ばらまかれる場所もさらに限られていたことが分かっている。ディルクスの議論は、なかなか興味深くはあるのだが、いささか思弁が行き過ぎた感もあり、そんなこともあって、文庫版のあとがきでも敢えて触れなかった。
 とはいうものの、こんな議論からも、ちょうどシャーロキアンによるホームズ「正典」の研究のように、『オシリスの眼』がいろんな角度から研究されてきた古典だということが分かっていただけるだろう。手にされた読者の方には、そんな楽しみ方も味わっていただければ幸いである。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

オースティン・フリーマン『オシリスの眼』は11月刊行

 ちくま文庫から刊行予定のフリーマン『オシリスの眼』は、11月9日刊行予定としてアマゾン等でも予約を開始していますのでお知らせいたします。

Amazon   楽天ブックス   honto

『オシリスの眼』カバーデザインが出ています

 11月初旬刊行予定のR・オースティン・フリーマン『オシリスの眼』(ちくま文庫)のカバーデザインが出ています。
 装幀は、『あなたは誰?』、『二人のウィリング』と同じく、藤田知子さんが担当され、装画は小林達介さんに描いていただいております。
 上部には浮かび上がる〝オシリスの眼〟、中心にはミイラのカルトナージュ(棺)と、古代エジプトの歴史と神話が醸し出すミステリアスな雰囲気がにじみ出た素敵な装画で、作品の性格ともよくマッチしています。
 11月9日の刊行をお楽しみに。

          オシリスの眼カバー
プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示