フリーマン『猿の肖像』の現物写真

 オースティン・フリーマンの創造したソーンダイク博士の大ファンなので、ここ数年の間に次々と邦訳が出版されたのがとても嬉しい。
 ただ、残念なのは、“The Stoneware Monkey”の邦訳『猿の肖像』(長崎出版)に、標題の陶器の猿の写真が収録されていないこと。
 英ホダー&スタウトン社の初版(1938年)には、冒頭と途中に計二枚の写真が挿入されている。第二版以降は載っていないようだし、バタード・シリコンのオムニバスにも掲載されていないので、邦訳は底本として初版を利用できなかったのかもしれない。
 フリーマンは実証精神の旺盛な人だっただけに、しばしば作中にスケッチや写真を挿入した。特に知られているのは、“John Thorndyke’s Cases”(1909年)で、英チャトー&ウィンダス社の初版には、靴跡や暗号などのスケッチのほか、綿毛や毛髪横断面、砂などの顕微鏡写真が収録されている。“The Puzzle Lock”(1925年)の英初版にも、標題作(邦訳「文字合わせ錠」『暗号ミステリ傑作選』(創元推理文庫)収録)に出てくる印章の蝋型の写真が冒頭に載っている。
 長編では、この“The Stoneware Monkey”だけが写真を掲載している。作品のプロットの要でもあるので、ようやくスキャナーをゲットした最初の成果に、ここにその二枚の写真を掲載しておきたい。

猿1
猿2
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

『文字合わせ錠』 ラトレル氏の印章写真

 下に掲載するのは、オースティン・フリーマンの短編「文字合わせ錠」に出てくるラトレル氏の印章を蝋型にとった写真。短編集“The Puzzle Lock”(1925年)の英初版の冒頭に掲載されているものである。文字合わせ錠

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

フリーマンの献辞入り本

 オースティン・フリーマンの著者署名入り本を四冊所持しているので、それぞれご紹介する。

 まずは、英チャトー&ウィンダス社の“John Thorndyke’s Cases”(1909年)。アリス・ビショップ宛ての献辞が書かれている。
 ノーマン・ドナルドスンの“In Search of Dr. Thorndyke”によれば、フリーマンはビショップ家の家庭教師をしていたとのことであり、また、“The Other Eye of Osiris”の解説によれば、アリスとは愛人関係にあったとの疑いもあるようだ。


ジョン・ソーンダイクの事件



 次は冒険小説“The Golden Pool”のホダー&スタウトン社から出た第二版(1926年)。カーテレット・ビショップ宛ての献辞があり、フリーマンが家庭教師をしていたビショップ家の子どもの一人。
長年にわたって家族ぐるみで親しくしていたことがうかがえる。


ゴールデン・プール



 極めつけは、次の、“The Penrose Mystery”(邦訳『ペンローズ失踪事件』長崎書店)。この本は実はタダモノではない。
 初版ではなく、第三版なのだが、登場人物のエルムハースト氏のモデルとなった考古学者ロナルド・ジェサップ宛の献辞入りである。この献辞の中でも、フリーマンはジェッサップをエルムハースト氏と呼んでいる。なお、エルムハースト氏は『ペンローズ失踪事件』のほかに『ジェイコブ街の謎』にも登場する考古学者である。
 しかも、これは、ノーマン・ドナルドスンの“In Search of Dr. Thorndyke”にその写真が掲載されている実物なのだ。掲載写真の解説では、ジェサップ氏の好意で掲載した旨の注記がある。


ペンローズ


ソーンダイクを探して



 ドナルドスンの記述によれば、第二次大戦の空襲で献呈初版本を焼失してしまったジェサップに改めて献呈したものらしい。初版ではなく第三版なのも、そんな背景から理解出来る。
 何の因果か、私の手元に来ることになったが、多少経緯を記せば、これはドイツの古書店から購入したもの。回り回ってどうやってドイツにこの本が渡ったのかはよく分からない。
 自身のカリカチュアまで書き添えているのが面白い。


 次は、“Felo De Se?”(1937年)の英初版に記入されたドロシー・ジェサップ宛の献辞。ドロシーは多分、ロナルドの妻ではないかと思う。こちらは『ペンローズ』と違って、初版献呈本が焼失せずに残ったことになる。


自殺者か



 次は番外編で、ノーマン・ドナルドスンがロナルド・ジェサップに献呈した“In Search of Dr. Thorndyke”。
ジェサップはその本をさらにシリル・シャトルワースなる人物に献呈していて、ドナルドスンの献辞の下に自らの献辞を書き添えている。
 「ミスター・エルムハースト(またの名をロナルド・ジェサップ)」と称して献辞を書いているのが面白い。
30年経っても、ジェサップはフリーマンとの交流の思い出を大切に抱き、それを献辞に表したのだろう。


ジェサップ

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

「砂丘の秘密」

 “John Thorndyke’s Cases”でも触れたが、フリーマンの短編には、雑誌掲載時には写真が添付されていたのに、単行本化の際に落ちてしまった作品が少なくない。
 「砂丘の秘密」(『ソーンダイク博士の事件簿Ⅰ』創元推理文庫収録)もその一つ。この短編は、フリーマンが自選ベストに選び、バーザン&テイラーも“A Catalogue of Crime”でベストに推している作品だ。
 砂の分析がソーンダイク博士の推理の決め手となるのだが、元の雑誌版には、その砂の顕微鏡写真が入っていた。


砂丘の秘密



 ホダー&スタウトン社から刊行された“The Puzzle Lock”(1925年)に収録された際には、標題作の写真は掲載されたのに、この作品のほうはなぜか載っていない。
 ピアスン誌のほうは、標題も微妙に違っていて、‘The Mystery of the Sandhills’となっている。(単行本では‘A Mystery of the Sand-Hills’)
 この頃には、H・M・ブロックは挿絵の担当でなくなり、フランク・ワイルズという挿絵画家が担当している。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

「魔法の小函」

 ソーンダイク博士が登場する最後の短編集“The Magic Casket (1927) ”の標題作は、日本人にとっては興味深い作品。
 「マジック・ミラー」なるものがプロットの要として出てくるのだが、これは我々が通常理解しているマジック・ミラーのことではなく、日本語で「魔鏡」と呼ばれるもので、反射光の中に像ができる鏡のことである。
 調べてみると、これは江戸時代に誕生した日本独特の技術だそうで、鏡面の裏面の浮かび上がらせたい像にあたるところに梁のような凸部を作り、鏡面を磨くと、梁のないところが少したわんで、梁にあたるところが凹面となり、鏡の表面には何も映っていないのに、光を当てると像が浮かぶようになる仕組みとのこと。
 禁教下の江戸時代後期によく作られ、キリスト像などを投影して信仰を支えた「隠れ切支丹鏡」としても知られているそうだ。現在では、その技法を受け継いで魔鏡を製作している職人はごく僅かとなり、熟練の技術を要するため、一般には製作不可能な秘伝となっているとのこと。
 それにしても、この「魔鏡」、私もこの作品に触れるまで知らなかったが、どれだけの日本人が知っているだろうか。フリーマンの該博さに驚かされる。
 この短編には、「Uyenishi(上西)」という日本人名や「shakudo(赤銅)」という金属名も出てくるなど、まさに日本を題材にした作品となっている。
 これも、ピアスン誌掲載の際には標題の「魔法の小函」の写真が載っていたが、単行本では欠落している。どこで入手したものか知らないが、実に愛嬌のある小函だ。


魔法の小函

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示