FC2ブログ

R・オースティン・フリーマン『キャッツ・アイ』刊行予定

 リチャード・オースティン・フリーマン『キャッツ・アイ』(1923)が、ちくま文庫から刊行される予定です。
 『キャッツ・アイ』は、ノーマン・ドナルドスン、トーマ・ナルスジャック、トニー・メダワーとダクラス・G・グリーンなどがフリーマンの代表作の一つとして挙げている長編であり、ナルスジャックが推していることからも分かるように、同書のプロットは、フリーマンの作品の中でも最も緻密で錯綜した構造を持っています。大団円における、バラバラとしか思えない様々な手がかりをパズル・ピースのように一つの絵にまとめるソーンダイク博士の推理は、ドナルドスンの言うように、確かに「称賛に値する」ものと言えるでしょう。
 さらに、『キャッツ・アイ』は、本来、「ウェストミンスター・ガゼット」紙に掲載された作品であり、連載小説らしく、めまぐるしいストーリー展開を特徴としています。もう一つの代表作『オシリスの眼』では、失踪したエジプト学者の謎を中心にじっくりと展開していくストーリーでしたが、『キャッツ・アイ』では、サスペンスフルな出来事が次々と起き、ソーンダイク博士物の中でも、これほど起伏のある冒険小説的な展開の作品は稀でしょう。
 なお、『キャッツ・アイ』で語り手となるのは、『赤い拇指紋』でルーベン・ホーンビイの弁護士を務めたロバート・アンスティ弁護士。そのほか、ブロドリブ弁護士、犯罪捜査課のミラー警視、バジャー警部など、他の作品にも繰り返し登場する準レギュラー・メンバーが登場しています。ジャーヴィスはアメリカ出張で不在ですが、ポルトンは新たな発明品を生み出すなど、大活躍しています。
 多くの読者の皆様に楽しんでいただけることを願っております。



        青いスパンコール
  H・M・ブロックが描くソーンダイク博士(「青いスパンコール」より)



        砂丘の秘密
  フランク・ワイルズが描くソーンダイク博士(左)とアンスティ弁護士(右)(「砂丘の秘密」より)
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

フリーマン『キャッツ・アイ』が予約開始

R・オースティン・フリーマン『キャッツ・アイ』(ちくま文庫)の予約受付が始まっています。

Amazon honto 楽天ブックス

「宝石収集家の死、暗号と失われた権利書、隠し部屋探し。複雑に絡み合う謎を解き明かすソーンダイク博士の活躍。英国黄金時代ミステリの名作。 」

 多くの読者の皆様に楽しんでいただけることを願っております。

日本人画家が描いたソーンダイク博士--『猫眼石』

 R・オースティン・フリーマン『キャッツ・アイ』(ちくま文庫)が来年一月に刊行予定。
 同書は昭和4年(1929)に平凡社から『猫眼石』というタイトルで抄訳が刊行されている。翻訳というより翻案に近いものだが、口絵が興味深い。
 SAMUROという署名があるが、著者の生前に日本人の画家が描いたソーンダイク博士の肖像として貴重なものだ。ピアスン誌で最後に挿絵を描いたのは、1927年2月号で「ポンティング氏のアリバイ」の挿絵を担当したレジナルド・クリーヴァーなので、そのわずか二年後ということになる。
 描かれているのは、『キャッツ・アイ』第17章で、ソーンダイクとアンスティが隠し部屋に閉じ込められてしまう場面。懐中電灯を手にしているのがソーンダイクだ。
 意外に若々しく、ハンサムに描かれていて、H・M・ブロックの描くソーンダイクとはかなりイメージが異なるが、雰囲気的には近いかもしれない。

            猫眼石

R・オースティン・フリーマン『キャッツ・アイ』が刊行

 R・オースティン・フリーマン『キャッツ・アイ』(1923)がちくま文庫から刊行されました。
 「宝石収集家の死、姉弟に迫る怪しい影、聖書の暗号に隠された秘密――複雑に絡み合う謎にソーンダイク博士が挑む。本格推理に冒険的要素を加えた、英国黄金時代ミステリの名作。」
 ノーマン・ドナルドスン、トーマ・ナルスジャック、トニー・メダワー、ダグラス・G・グリーンなど、多くの批評家からフリーマンの代表作の一つとして評価された長編。
 多くの読者の皆様に楽しんでいただけることを願っております。

Amazon honto HonyaClub 楽天ブックス 紀伊國屋書店 TSUTAYA e-hon セブンネット


       キャッツ・アイ
プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示