ボワロー=ナルスジャック『めまい』

 ピエール・ボワローとトーマ・ナルスジャックのコンビの作品については、それぞれの単独作品や、『推理小説論』、クセジュの『探偵小説』のような評論も含めて、かなり読んできたつもりだけれど、ヒッチコックの名画の原作となったこの作品はなぜかこれまで読む機会に恵まれなかった。かつて日影丈吉氏による『死者の中から』(早川文庫)という翻訳があったが、ずっと品切れだったからだ。
 邦訳で読むことができたのは、ガボリオの『ルルージュ事件』の翻訳者でもある太田浩一氏による新訳『めまい』(パロル舎)のおかげだ。原書や旧訳と比較したわけではないし、もとより仏語は苦手なのではっきりは言えないが、通常、翻訳者は新訳を手掛ける時に旧訳も参照するから、新訳ほど訳が改善されていくのが普通だし、なにより『ルルージュ事件』でも感じた、こなれた訳文でこの傑作を読めたのは幸いだった。
 ジェームズ・スチュアート、キム・ノヴァク主演の映画「めまい」は、言うまでもなくヒッチコックの代表作の一つで、教会の鐘楼でのラスト・シーンも印象に残る名場面の一つだが、原作を読むと、これに相当する場面はなく、まったく別の幕切れが用意されていて、ヒッチコックの演出だったと分かる。
 フランシス・アイルズの『レディに捧げる殺人物語』を映画化した「断崖」のほうは、同じヒッチコックの演出でも、ラストは原作の改悪だという意見のほうが多いようで、すこぶる評判が悪い。ところが、「めまい」は、明らかに映画のほうがサスペンスフルな見せ場とショッキングな結末で成功を収めていて、サスペンスの巨匠ヒッチコックらしい手腕を堪能できる名シーンに仕上がっている。
 原作は戦時下のパリと戦後のマルセイユが主な舞台で、主役は元刑事で弁護士のフラヴィエール、女のほうはマドレーヌ(ルネ)という設定だが、映画では、50年代のサンフランシスコを舞台に、主役はスコティとマデリン(ジュディ)というわけで、ハリウッドでの映画化に際して設定が変更されている。映画ではマデリンが金門橋(ゴールデン・ゲート・ブリッジ)のたもとからサンフランシスコ湾に飛び込むシーンが印象的だったが、原作では場所はセーヌ川だ。007の「美しき獲物たち」もそうだったが、さすが金門橋は絵になりやすいのだろう。
 とはいうものの、原作には映画にない独特の面白さがあることにも気づく。映画では、ジュディの登場とほぼ同時に事件の種明かしがなされ、焦点はもっぱら二人の精神的葛藤とラスト・シーンに至るまでのサスペンスの盛り上げに移っているが、原作では、ルネの正体は最後まで謎のままに展開していく。
 ルネは本当にマドレーヌなのか、フラヴィエールに会ってもわざと知らないふりをしているのか、それとも、マドレーヌの時にそうだったように、生まれ変わる前の自分を忘れているだけなのか、フラヴィエールにも読者にも真相はずっと隠されたままだ。映画でも、ジュディが自分の身分証明証をスコティに見せて、正体を偽っていないことを説明するシーンがあるが、原作を読むと、実は身分証明証の存在が謎を深めるための重要な役割を果たしていることが分かる。
 ルネの正体の謎とマドレーヌの自殺事件の謎が混然一体となって突き付けられながら、死んだ女と生きた女を重ね合わせて愛し苦悩するフラヴィエールの心理的葛藤が描写されていく展開は、原作独自のものであり、いずれももともと不可能犯罪物でデビューした作家だけあって、謎解きの要素を単なる添え物にせず、プロットのかなめに据えてサスペンスを高めていく手法が独特の効果を上げている。(これは、コンビのデビュー作『悪魔のような女』でもそうだった。) できれば、映画を観る前に原作を読んでおきたいと思うところだ。
 なお、余談になるかもしれないが、この新訳『めまい』は既に入手困難となっている。版元のパロル舎が倒産してしまったからだ。かつて絵本や児童書等を手掛けていた老舗の出版社までが消えていく現実に、昨今の出版不況の深刻さを痛感させられる。それ自体は致し方のない結果なのかもしれないが、それに伴って優れた作品や訳業までが消えていくのはいかにも無念と言わざるを得まい。できれば、エリス・ピーターズのカドフェル・シリーズのように、どこか別の版元が救済してくれるといいのだが・・・。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ボワロー=ナルスジャック『悪魔のような女』

 作家名の表記が出版社によってまちまちなのがやっかいだが、統一を図る便宜上、敢えて以前書いた『めまい』の記事と合わせておく。
 『悪魔のような女』(1952)は、私が初めて読んだボワロー&ナルスジャックの長編だった。もともとはシムノンの『メグレの回想録』を読みたくて、古書で買ったハードカバーに一緒に収録されていたもの。さほど期待せずに読んだはずが、すっかり引き込まれ、このコンビ作家に興味を持つきっかけになった長編だ。
 愛人と共謀して妻を殺害したラヴィネルという男が、死んだはずの妻ミレイユの幻影に怯え、追い詰められていくサスペンスだが、最後にどんでん返しが待っている。このコンビ作家は『探偵小説』(1975:邦訳は白水社)で、自分たちの作品について、「サスペンスの中に真の推理小説にふさわしい筋を盛り込み、被害者がたんに自分自身の事件の捜査をおこなうばかりでなく正しく推理しようとするだけにいっそう錯乱状態の深みにはまっていく、そういう効果を狙っている」(篠田勝英訳)と語り、その例としてこの『悪魔のような女』を挙げて解説している。本作が彼らにとっていかに自信作であったかがうかがえるというものだろう。
 この作品は、「恐怖の報酬」で知られるフランスのアンリ・ジュルジュ・クルーゾー監督によって1955年に映画化され、今日なおサスペンス映画の古典として評価が高い。ヒッチコックがこの作品の映画化権を欲していたが、クルーゾーに先を越され、これを知ったボワローとナルスジャックが、ヒッチコックのために『めまい』を執筆したというエピソードも知られている。
 原題は、“Celle qui n'était plus…”(もはや存在しない女)であり、『悪魔のような女』という邦題は、クルーゾーの映画‘Les Diaboliques’の邦題をそのまま引っ張ってきたものだが、映画では原作の設定が大胆に変更され、相手の女と共謀して妻のほうが夫を殺害する(1996年のリメイク版でもこの設定を踏襲しているようだ)。だから、一見すると、「悪魔のような女」という邦題は小説のストーリーとは矛盾するように思えるのだが、読み終えてみると、この題はむしろ小説のほうにこそ見事に合致していることに気づく。訳者もしくは編集者がそこまで読み切って意図的に映画の題を踏襲したのかどうかまでは分からないが、あまりにどんぴしゃりで、最後の一行がもたらす衝撃がその題のおかげで相乗効果を上げているのだ。
 彼らの傑作には、心理的なサスペンスと合理的な謎の解明が見事に融合した作品が多く、幻想的とも思える状況の中で苦悩する主人公の不安が、合理的な謎の解明とともに大団円を迎えるというプロットで共通していて、まさに「恐怖と理性の弁証法」という彼らの「ロマン・ポリシェ」観を実践したものであることが分かる。ただ、『めまい』の解説でも述べたように、こうした特徴は、映画化作品では必ずしも活かされているとは言えず、映画には映画の持ち味や面白さはあるものの、原作のオリジナリティを楽しむ意味でも、映画より先に原作を読むほうが望ましいように思える。
 シモンズやキーティングのように、創作と評論の二足の草鞋を履いた人はほかにもいるが、自らの哲学を創作の場でも実践し、見事な成功事例を幾つももたらしたのはこのコンビ作家ぐらいではないだろうか。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ボワロー=ナルスジャック『影の顔』

 『影の顔』(1953)は、『悪魔のような女』に続く、このコンビ作家の第二作目。設定や題材はまるで違っていても、サスペンスと謎解きの巧みな融合という特徴、幻想的ともいえる状況に置かれた主人公の苦悩が合理的な解決とともに大団円を迎えるというパターンは、本作でも共通している。根底にあるモチーフは共通していても、決して同工異曲と思わせないオリジナリティを作品ごとに打ち出してみせるところが、このコンビ作家の初期作品のすごいところだろう。
 久しぶりに早川文庫で読み返してみると、訳文にもやや古めかしいところを感じるが、ストーリーは今読んでも新鮮だ。事故で失明した電気会社の社長、エルマンチエが、周囲の環境や家族らの態度に微妙な変化を感じて、光を失った世界の中で疑惑を深めていくという展開。ただ、謎解き物を読み慣れた読者であれば、種明かし部分に関する限り、比較的早い段階で見抜けてしまいそうなところではある。しかし、そうと知った上でも最後まで飽きさせずに読ませてしまうところが、このコンビ作家が脂の乗った時期に書いた傑作らしい。
 よく考えてみれば、設定に多少非現実的な面も感じられはするが、荒唐無稽というほどでは決してない。のちの『私のすべては一人の男』になると、設定自体が初めから現実離れしたものとなり、いくらそう割り切った上でのプロットとはいえ、地に足の着いたリアリティを失ってしまうと、バーチャルな臨場感がどうしても希薄になり、登場人物に心底から同化してサスペンスを共有する体験ができなくなってしまう。『影の顔』には、エルマンチエという主人公とその心理をきめ細かく描写していくプロセスとも相まって、そうした迫真性のあるリアリティがまだ息づいていて、読む者も素直にその心理的な不安を共有できる。
 『悪魔のような女』と比べて弱い面があるとすれば、前作ほどの強烈な悪の存在が欠けていることで、大団円に伴う衝撃や余韻がやや希薄になっているところだろうか。とはいえ、60年代後半以降になると、急速に味気ない作品が多くなってくるのに比べ、この頃の作品には、サスペンス小説に独自の手法を開拓しようとした、このコンビ作家のチャレンジ精神が横溢した力作が多い。『影の顔』もそうした作品の一つといえるだろう。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ボワロー=ナルスジャック『牝狼』

 『牝狼』(1955)の舞台は第二次大戦中のフランス。戦争捕虜として収容所にいた音楽家のジェルヴェイを中心にストーリーは展開する。ジェルヴェイは、同じく捕虜だった戦友のベルナアルと収容所から脱走を図るが、逃走の途中でベルナアルは貨物列車に轢かれてしまう。虫の息のベルナアルは、ジェルヴェイに自分の所持品を託し、リヨンに住む戦争養母のエレエヌにかくまってもらうよう言い遺す。ベルナアルになりすましたジェルヴェイは、エレエヌのもとに転がり込み、親しくなって結婚の約束までするが、彼女の異母妹のアニェスは真実を見抜く特殊な能力を持っているらしく、ジェルヴェイの正体にも気づいているような節がある・・・。
 いつ正体を見破られるか分からないというジェルヴェイの不安を描写しながら、訪ねてきたベルナアルの姉ジュリアが素直にジェルヴェイを弟として迎える意外な展開が待ち受けるなど、いつもながらのサスペンスと謎の見事な融合が図られている。
 わずかな登場人物と限られた空間の中だけでストーリーが展開するため、主人公の孤独な不安が一層引き立てられる状況設定も、このコンビ作家がしばしば用いる手法だが、本作でも、正体を隠し通す必要のある主人公の立場のおかげでそうした状況を少しの不自然さもなく打ち出すことに成功している。
 最後に筋の通った謎解きをもってくることでどんでん返しを演出するのもこのコンビ作家らしい手法だが、敢えて難を言えば、種明かしがやや説明的になるところが弱く、結びの一行が冴えた『悪魔のような女』に比べれば、余韻が乏しくなるのは避けがたい。悪女の描き方としても、その衝撃的なデビュー作の水準にはさすがに及ばないようだ。
 それにしても、自らに課したサスペンス小説の哲学を堅持しながら、マンネリに陥ることなく、よくこれだけのバリエーションを次々と創り出してみせるものだと感心させられる。脂の乗っていた頃のボワロー=ナルスジャックの作品は本当に粒ぞろいだ。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ボワロー=ナルスジャック『女魔術師』

 ボワロー=ナルスジャックの作品は、しばしば現実と夢幻の世界が交錯するような不思議な雰囲気を持っている。『めまい』などはその典型だったが、この『女魔術師』(1957)も独特の雰囲気を醸し出すことに成功した作品といえるだろう。
 奇術師として各地を巡業していた父の死により、寄宿学校の生活から、母親とともに奇術の興行に加わることになったピエール。入れ替わりの奇術を売りにしている一座の双子の娘と奇妙な三角関係に陥り、その関係をめぐって母親と対立するなか、娘の一人が謎の死を遂げる・・・という展開。
 一座の一人が警察に出頭して不可解な証言をする冒頭から、主人公ピエールの寄宿学校時代にシーンが移るフラッシュバックの手法も巧妙で、その後のストーリー展開への興味をかき立てるだけでなく、事件の核心がどこにあるのか、謎解き的な関心をそこで植えつけられることになる。
 登場人物の数を最小限に絞り込んで、主人公の孤独な心理を濃厚に描き出す手法もいつもながらで、苦悩の中で成長し、自分の芸を確立していくピエールの描写は、このコンビ作家の作品の中でも出色のものだ。
 心理的なサスペンスと合理的な謎解きとを巧みに融合させ、謎の解明ととともに大団円を迎えるプロットも彼らの得意とするところだが、前作の『牝狼』ほどではないものの、そこがやや説明的になってしまうところが弱いところか。『悪魔のような女』や『めまい』のように、解明とともに、それまで見えていた世界が一気に逆転するような鮮やかさも希薄ではある。ただ、フラッシュバックによる冒頭場面とラストがうまくかみ合わされ、全体の構図がすっきりと見えるようになる構成などに、プロットをよく練り上げた跡がうかがえる。
 確認してみると、ボワロー=ナルスジャックの作品は入手困難になっているものが多い。本作も既に品切れになって久しいようだが、最近重版になった次作『技師は数字を愛しすぎた』よりも、これまでここでご紹介してきた作品のほうが、このコンビ作家の特質がよく表れていると思うだけに、このまま埋もれさせるのはいかにも惜しい。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示