バーザンとテイラーが選ぶベスト50

 ジャック・バーザンとウェンデル・ハーティグ・テイラーの“A Catalogue of Crime”(初版:1971、改訂増補版:1989)は、長編、短編集、研究書など、5千冊を超えるミステリ関連書を取り上げて忌憚のない批評を加えたリファレンス・ブック。取り上げている本の範囲や数もさることながら、その批評眼の鋭さも他者の追随を許さない。個人的には、数あるリファレンス・ブックの中でも、なるほどと納得したり、同意できる頻度が最も高い本である。
 そのバーザンとテイラーが、出版社の求めに応じて、20世紀前半において古典と呼ばれるに値する50冊を選び、それぞれに序文を付した叢書が“Fifty Classics of Crime Fiction 1900-1950”(ガーランド社)。ガーランド社はのちにそれらの序文を集め、1979年に“A Book of Prefaces”という一冊の本にまとめている。これは通し番号が打たれた250部限定で、そのうち50部に両著者の署名が入っている。
 ジェイムズ・サンドー、ヘイクラフトとクイーン、ジュリアン・シモンズやH・R・F・キーティングをはじめ、作家や批評家の著名なベスト集リストはいろんなところで引用されているが、このバーザンとテイラーのベスト50は不思議と日本語では見たことがない。邦訳のない作品もかなり含まれているし、この機会にご紹介したいと思う。(著者名アルファベット順)

バーザン、テイラー編 “Classic Stories of Crime and Detection”(短編集)
  サミュエル・ホプキンズ・アダムス  ‘The One Best Bet’
  ベルトン・コッブ  ‘Mr. Flexman’s Boast’
  T・S・ストリブリング  「亡命者たち」
  レナード・グリッブル  ‘The Case of Jacob Heylyn’
  アーサー・ベンジャミン・リーヴ  ‘The Clairvoyants’
  アントニイ・バークリー  「偶然の審判」
  ジャック・フットレル  「謎の凶器」
  ヘレン・マクロイ  「人生はいつも残酷」
  ジョン・ディクスン・カー 「軽率だった夜盗」
  ウィリアム・アイリッシュ  「晩餐後の物語」
  エラリー・クイーン  「正気にかえる」
  メルヴィル・ダヴィッスン・ポースト 「養女」
  オーウェン・ジョンスン  ‘One Hundred in the Dark’
  ヴィンセント・スターレット  ‘The Eleventh Juror’
マージェリー・アリンガム  『クロエへの挽歌』
H・C・ベイリー  “Mr. Fortune: Eight of His Adventures”
E・C・ベントリー  『トレント最後の事件』
ニコラス・ブレイク  『殺しにいたるメモ』
アーネスト・ブラマ  『マックス・カラドス』
ジェラルド・ブレット  “The Jury”
マイルズ・バートン  “The Secret of High Eldersham”
レイモンド・チャンドラー  『湖中の女』
G・K・チェスタトン  『ブラウン神父の童心』
アガサ・クリスティ  『アクロイド殺害事件』
コール夫妻  “The Murder at Crome House”
エドマンド・クリスピン  『お楽しみの埋葬』
フリーマン・ウィルズ・クロフツ  『フレンチ警部と紫色の鎌』
アーサー・コナン・ドイル  『バスカヴィル家の犬』
ヘレン・ユースティス  『水平線の男』
ケネス・フィアリング  『大時計』
R・オースティン・フリーマン  『歌う白骨』
アール・スタンリー・ガードナー  『傾いたローソク』
アンドリュウ・ガーヴ  『ヒルダよ眠れ』
マイケル・ギルバート  『スモールボーン氏は不在』
C・W・グラフトン  『真実の問題』
アンナ・キャサリン・グリーン  “The Circular Study”
シリル・ヘアー  『風が吹く時』
マシュー・ヘッド  “The Congo Venus”
ジョージェット・ヘイヤー  “A Blunt Instrument”
ジェームズ・ヒルトン  『学校の殺人』
エルスペス・ハクスリー  “The African Poison Murders”
マイケル・イネス  “The Daffodil Affair”
トマス・キンドン  “Murder in the Moor”
トマス・キッド  “Blood on the Bosom Devine”
ラング・ルイス  『死のバースデイ』
ロス・マクドナルド  『魔のプール』
パット・マガー  『被害者を探せ!』
ポール・マクガイア  “A Funeral in Eden”
ナイオ・マーシュ  “A Wreath for Rivera”
A・A・ミルン  『赤い館の秘密』
ダーモット・モーラー  “The Mummy Case”
オリヴァー・オニオンズ  “In Accordance with the Evidence”
マルコ・ペイジ  “The Shadowy Third”
ヴァージニア・パーデュー  “Alarum and Excursion”
イーデン・フィルポッツ  『溺死人』
ドロシー・L・セイヤーズ  『毒を食らわば』
C・P・スノウ  『ヨット船上の殺人』
レックス・スタウト  『料理長が多すぎる』
アーサー・アップフィールド  “The Bone Is Pointed”
ヘンリー・ウェイド  『議会に死体』
ヘンリー・キッチェル・ウェブスター  “Who Is the Next?”
エレン・ウィルキンスン  “The Division Bell Mystery”
クリフォード・ウィッティング  “Measure for Murder”



著者の署名

バーザンとテイラー
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ジョン・L・ブリーンが選ぶ推理小説ベスト

 ジョン・L・ブリーンといえば、作家としての業績もさることながら、ジョン・ディクスン・カーの衣鉢を継いでEQMMの「陪審席」を担当する書評家としてつとに名高い。そのブリーンがミステリの長い歴史を俯瞰して、どんな作品をベストに推しているのかは興味津々といえるだろう。
 ポピュラーなリファレンス・ブック等には、ブリーンの選ぶベストは意外と出てこないし、ケイト・スタイン編“Book of List”(第二版:1995)でベストテンを寄せている著名な作家、批評家等の中にもブリーンの名はない(但し、リファレンス・ブックのベスト20は同書に別に載せている)。意外に知られていないと思うので、ブリーンによる代表的なベスト表を拾い上げてみたい。
 
 まずは、ブリーン選の“Twenty-Five Great Amateur Detective Novels”。マックス・アラン・コリンズ編“The History of Mystery”(2001)に載せたもの。順序は作家名のアルファベット順。

 マージェリー・アリンガム   『幽霊の死』
 E・C・ベントリー      『トレント最後の事件』
 アントニイ・バークリー    『毒入りチョコレート事件』
 ニコラス・ブレイク      『野獣死すべし』
 アンソニー・バウチャー(H・H・ホームズ) “Rocket to the Morgue”
 サイモン・ブレット      “So Much Blood”
 ジョン・ディクスン・カー   『曲がった蝶番』
 アガサ・クリスティ      『ABC殺人事件』
 クライド・B・クレイスン   『チベットから来た男』
 エドマンド・クリスピン    『お楽しみの埋葬』
 ハリー・ケメルマン      『金曜日ラビは寝坊した』
 エマ・レイサン        『死の会計』
 フランシス&リチャード・ロックリッジ  “The Norths Meet Murder”
 スチュアート・パーマー    『ペンギンは知っていた』
 エリザベス・ピーターズ    『砂洲にひそむワニ』
 エリス・ピーターズ      『聖女の遺骨求む』
 エラリー・クイーン      『九尾の猫』
 パトリック・クェンティン   『迷走パズル』
 クレイトン・ロースン     『首のない女』
 ケイト・ロス         『マルヴェッツィ館の殺人』
 ドロシー・L・セイヤーズ   『ナイン・テイラーズ』
 フィービー・アトウッド・テイラー  “Banbury Bog”
 S・S・ヴァン・ダイン    『カナリヤ殺人事件』
 メアリ・ウィリス・ウォーカー 『処刑前夜』
 ジェームズ・ヤッフェ     『ママ、手紙を書く』

 ブリーンは、以前紹介した“Mystery Muses”(2006)でも、「アメリカン・クラシック」の作家として、クイーンやカーなどと並んで、クライド・B・クレイスンやスチュアート・パーマーの名を挙げていたが、このあたりはブリーンの個性が表れたところか。最近、新訳の出たクェンティンの『迷走パズル』も選ばれている。過去の作家扱いをされがちなフィービー・アトウッド・テイラーやヴァン・ダインも、忘れずにしっかり選んでいるところも面白い。

 以上はオールタイムで選んだものだが、最近の本格物として、“Fifteen Contemporary Traditional Mystery Novels”も選んでいる。これはエド・ゴーマン、マーティン・H・グリーンバーグ、ラリー・セグリフとともに編纂した“The Fine Art of Murder”(1993)に載せたもの(当時存命中の作家で、最近20年以内に出版された作品)。

 バーバラ・ダマト      “Hard Tack”
 ウィリアム・デアンドリア  『ウルフ連続殺人』
 コリン・デクスター     『オックスフォード運河の殺人』
 ピーター・ディキンスン   “One Foot in the Grave”
 スーザン・ダンラップ    “A Dinner to Die For”
 アーロン・エルキンズ    『古い骨』
 ジェーン・ハッダム     “Precious Blood”
 P・D・ジェイムズ     『黒い塔』
 ゲイロード・ラーセン    “Atascadero Island”
 フランシス・M・ネヴィンズ・ジュニア  “Corrupt and Ensnare”
 エリザベス・ピーターズ   『リチャード三世「殺人」事件』
 ハーバート・レズニコウ   “The Hot Place”
 ジョン・スラデック     『黒い霊気』
 スコット・トゥロー     『推定無罪』
 ジェームズ・ヤッフェ    『ママのクリスマス』

 エリザベス・ピーターズやジェームズ・ヤッフェについては、オールタイムのベスト表とは違う作品を選んでいるところも面白い。
 ブリーンはさらに、同じ書において、ハードボイルド分野のベスト“Twenty-Five Private Eye Novels”や、アンソロジーのベスト、80年以降の短編ベストなど、いろんなベスト表を載せていて、なかなか興味深い。
 ちなみに、ハードボイルドの分野では、ハメットの『マルタの鷹』、チャンドラーの『さよなら、愛しい人』、ロス・マクドナルドの『ブラック・マネー』、スー・グラフトンの『無実のI』、ロバート・B・パーカーの『誘拐』などを選んでいる。

 日本の雑誌『BRUTUS』の97年11月1日号には、オットー・ペンズラーの選ぶベストテンが載っていたりなどして、意外なところに著名な批評家のベスト表が隠れていたりするものだが、フレドリック・ブラウンの『不思議な国の殺人』など、ユニークな選択が見られて、これもなかなか面白いところだ。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

エリック・ルートリーが選ぶ推理小説ベスト

 ブリーン選のベストを紹介したが、かなり傾向の違う選択として、エリック・ルートリーによるベスト表もご紹介しておこう。これも、気づいた限りでは、邦語で紹介されたことはないと思われる。
 ルートリーは、会衆派教会の牧師で、1970年から71年にかけて、イングランドとウェールズにおける同教会の総長も務めた。神学上の著作も多数あるほか、「ブリティッシュ・ウィークリー」紙において推理小説を含む書評欄を14年にわたって担当した。
 “The Puritan Pleasures of the Detective Story”(1972)という、推理小説を論じた研究書が有名で、ホームズ、ソーンダイク博士、マックス・カラドス、フォーチュン氏、ブラウン神父という古典的な探偵たちから、ベントリー、クロフツ、ロード、クリスティ、セイヤーズ、マーシュ、アリンガムなど、黄金時代の作家たちに至るまでの諸作品を詳しく論じている。
 同書の巻末には、ホームズ、ソーンダイク、ブラウン神父、マックス・カラドスの短編について、事件の性質(他殺、盗難など)や発生場所などを整理した詳細な一覧まで掲載していて、なかなか参考になる。
 ルートリーはさらに、ホームズ物とブラウン神父物を除いた上で、個人的ながらも恩恵を受けた作品として以下の12長編を挙げている。

 ドロシー・セイヤーズ    『ナイン・テイラーズ』
 マイケル・イネス      『ある詩人への挽歌』
 H・C・ベイリー      “Black Land, White Land”
 ナイオ・マーシュ      『ランプリイ家の殺人』
 クリスチアナ・ブランド   『緑は危険』
 G・V・ガルウェイ     “Murder on Leave”
 エラリー・クイーン     『ガラスの村』
 ジョン・ディクスン・カー  『ニューゲイトの花嫁』
 マージェリー・アリンガム  『霧の中の虎』
 スタンリー・ハイランド   『国会議事堂の死体』
 アガサ・クリスティ     『蒼ざめた馬』
 ジョセフィン・テイ     『時の娘』


 ベイリーの長編は、管見の限りでは、“The Bishop’s Crime”がリファレンス・ブック等のベスト表で出てくる一番頻度の高い作品だが、キーティング編“Whodunit?”における「代表作採点簿」と、このルートリーが“Black Land, White Land”を挙げている。私も十年以上前に読んだ長編だが、今なお余韻の残る印象深い作品で、長編作家としてのベイリーの力量が発揮された傑作ではないかと思う。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

英「デイリー・テレグラフ」紙による長編ベスト20

 昨年11月に、英国推理作家協会(CWA)が、過去最高の長編やシリーズなどを発表したのは記憶に新しいところであり、当ブログの記事でもご紹介した。
今度は、英「デイリー・テレグラフ」紙が、今月5日に、長編ミステリのオールタイム・ベスト20(The 20 best crime novels of all time)を発表した。リストは以下のとおり。

白衣の女(1859)  ウィルキー・コリンズ
見知らぬ乗客(1950)  パトリシア・ハイスミス
時の娘(1951)  ジョセフィン・テイ
シャーロック・ホームズ全集(1892-1927)  アーサー・コナン・ドイル
アクロイド殺害事件(1926)  アガサ・クリスティ
メグレを射った男(1932)  ジョルジュ・シムノン
ナイン・テイラーズ(1934)  ドロシー・L・セイヤーズ
レベッカ(1938)  ダフネ・デュ・モーリア
スミラの雪の感覚(1992)   ペーター・ホゥ
冷血(1966)  トルーマン・カポーティ
薔薇の名前(1980)  ウンベルト・エーコ
ニューヨーク三部作(1985-1986)  ポール・オースター
ミザリー(1987)  スティーヴン・キング
大いなる眠り(1939)  レイモンド・チャンドラー
LAコンフィデンシャル(1990)  ジェイムズ・エルロイ
ファーザーランド(1992)  ロバート・ハリス
ケリー・ギャングの真実の歴史(2000)  ピーター・ケアリー
荊の城(2002)  サラ・ウォーターズ
最初の刑事(2009)  ケイト・サマースケイル
ゲット・ショーティ(1990)  エルモア・レナード


なお、候補(CONTENDERS)として、以下の15作も挙げている。

怪奇と幻想の物語(1852)  エドガー・アラン・ポー
ブラウン神父の童心(1911)  G・K・チェスタートン
影なき男(1934)  ダシール・ハメット
トゥルー・グリット(1968)  チャールズ・ポーティス
三つの棺(1935)  ジョン・ディクスン・カー
1974 ジョーカー(1999)  デイヴィッド・ピース
ゴッドファーザー(1969)  マリオ・プーゾ
ウォッチメン(1987)  アラン・ムーアとデイブ・ギボンズ
死との抱擁(1986)  バーバラ・ヴァイン
策謀と欲望(1989)  P・D・ジェイムズ
五番目の女(1996)  ヘニング・マンケル
わたしの名は赤(1998)  オルハン・パムク
悔恨の日(1999)  コリン・デクスター
ミレニアム2 火と戯れる女(2006)  スティーグ・ラーソン
ジャーナリストと殺人者(1990)  ジャネット・マルカム


 CWAのチョイスに対しては、スティーグ・ラーソンなどのスカンジナヴィア系作家が選ばれていないといった批判があったのを意識してか、「テレグラフ」のチョイスでは、最近の作品はもちろん、デンマーク出身のペーター・ホゥや、トルコ出身のノーベル文学賞作家、オルハン・パムクなど、時代や国籍も含めて、万遍なく選択しようとした意図がそれなりに窺える。
 しかし、最近の作品は、今は人気があっても、時の試練を経て生き残るかどうか未知数な面もあるし、ジャンルや国籍にフェアであろうとするあまり、幅を広げすぎて、ミステリの選択としては首を傾げたくなる作品も混じっているように思えるが、いかがであろうか。候補とはいえ、「ウォッチメン」のようなコミック・シリーズまで挙がっているのは、さすがに行きすぎのような気はする。とまれ、日本の読者の視点からしても、かなりユニークな選択であることは間違いなく、一つの参考にはなりそうだ。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

マーティン・エドワーズ“The Story of Classic Crime in 100 Books”

 前の記事に引き続き、エドワーズの標題書を取り上げよう。同書は、エドワーズ自身が監修している「ブリティッシュ・ライブラリー・クライム・クラシックス」の手引きとなることを意図した本のようだ。同シリーズは、ジョン・ビュード、J・ジェファースン・ファージョン、アントニー・ウィンといった、ほぼ忘却の彼方にあった作家たちの作品を次々と再刊し続けている画期的な叢書。
 従って、“The Story of Classic Crime in 100 Books”は、同シリーズに収録された作品と重なる作家・作品も多い。著者序文によれば、二十世紀前半のベスト表を作ったり、自分のお気に入りを選ぶことを意図したわけではなく、ホームズ時代から黄金期の終わりまでの顕著な作品のストーリー解説を通じて、このジャンルの発展を概観できるものにしたかったようだ。
 とりあえず章題は無視して、その100作(実際は102作あるが)を以下にリストアップしておこう。

『バスカヴィル家の犬』アーサー・コナン・ドイル
『正義の四人』エドガー・ウォーレス
『ミス・エリオット事件』バロネス・オルツィ
“Tracks in the Snow”ゴドフリー・R・ベンスン
“Israel Rank”ロイ・ホーニマン
“The Blotting Book”E・F・ベンスン
『ブラウン神父の童心』G・K・チェスタトン
『薔薇荘にて』A・E・W・メイスン
『オシリスの眼』R・オースティン・フリーマン
『下宿人』マリー・ベロック・ローンズ
『マックス・カラドス』アーネスト・ブラマ

『トレント最後の事件』E・C・ベントリー
“In the Night”ゴレル卿
『ミドル・テンプルの殺人』J・S・フレッチャー
“The Skelton Key”バーナード・ケイプス
『樽』フリーマン・ウィルズ・クロフツ
『赤い館の秘密』A・A・ミルン

『スタイルズ荘の怪事件』アガサ・クリスティ
『雲なす証言』ドロシー・L・セイヤーズ
『鑢(やすり)』フィリップ・マクドナルド
“Mr. Fortune, Please”H・C・ベイリー
『毒入りチョコレート事件』アントニイ・バークリー
“The Mystery of a Butcher's Shop”グラディス・ミッチェル
『牧師館の殺人』アガサ・クリスティ
『今は亡き豚野郎の事件』マージェリー・アリンガム
“Send for Paul Temple”フランシス・ダーブリッジ&ジョン・シューズ

『漂う提督』ディテクション・クラブ
『サイロの死体』ロナルド・ノックス
“She Had to Have Gas”ルパート・ペニー

“The Medbury Fort Murder”ジョージ・リムネリアス
“Murder of a Lady”アントニー・ウィン
『三つの棺』ジョン・ディクスン・カー

“The Secret of High Eldersham”マイルズ・バートン
『ヨット船上の殺人』C・P・スノウ
“The Sussex Downs Murder”ジョン・ビュード
“Sinister Crag”ニュートン・ゲイル

“The Crime at Diana’s Pool”ヴィクター・L・ホワイトチャーチ
『らせん階段』エセル・リナ・ホワイト
“Death by Request”ロミリー&キャサリン・ジョン
“Birthday Party”C・H・B・キッチン

『放送中の死』ヴァル・ギールグッド&ホルト・マーヴェル
『鐘楼の蝙蝠』E・C・R・ロラック
“What Beckoning Ghost?”ダグラス・G・ブラウン

『赤毛のレドメイン家』イーデン・フィルポッツ
“Mystery at Lynden Sands”J・J・コニントン
“Murder in Black and White”イヴリン・エルダー(ミルワード・ケネディ)

“Quick Curtain”アラン・メルヴィル
『三人の名探偵のための事件』レオ・ブルース
『消えた玩具屋』エドマンド・クリスピン

『学校の殺人』グレン・トレヴァー(ジェームズ・ヒルトン)
“Murder at Cambridge”Q・パトリック
『学長の死』マイケル・イネス

“Vantage Striker”ヘレン・シンプスン
“Silence of a Purple Shirt”R・C・ウッドソープ
『病院殺人事件』ナイオ・マーシュ&ヘンリー・ジェレット

『箱の中の書類』ドロシー・L・セイヤーズ&ロバート・ユースタス
“The Young Vanish”フランシス・エヴァートン
“Death of an Airman”クリストファー・セント・ジョン・スプリッグ
“A.B.C. Solves Five”C・E・ベクホファー・ロバーツ

“The Grell Mystery”フランク・フロスト
“The Duke of York’s Steps”ヘンリー・ウェイド
“Hendon’s First Case”ジョン・ロード
『緑は危険』クリスチアナ・ブランド

『試行錯誤』アントニイ・バークリー
『十二人の評決』レイモンド・ポストゲート
『法の悲劇』シリル・ヘアー
『スモールボーン氏は不在』マイケル・ギルバート

『完全殺人事件』クリストファー・ブッシュ
“Death Walks in Eastrepps”フランシス・ビーディング
“X v. Rex”マーティン・ポーロック(フィリップ・マクドナルド)
“The Z Murders”J・ジェファースン・ファージョン
『ABC殺人事件』アガサ・クリスティ

“The House by the River”A・P・ハーバート
『終わりなき負債』C・S・フォレスター
“No Walls of Jasper”ジョアンナ・カナン
“Nightmare”リン・ブロック

“End of an Ancient Mariner”G・D・H&M・コール
“Portrait of a Murderer”アン・メレディス
『迷宮課事件簿1』ロイ・ヴィカーズ

『殺意』フランシス・アイルズ
“Family Matters”アントニー・ロールズ
“Middle Class Murder”ブルース・ハミルトン
“My Own Murderer”リチャード・ハル

『救いの死』ミルワード・ケネディ
“A Pin to See the Peepshaw”F・テニスン・ジェス
“Earth to Ashes”アラン・ブロック
『フランチャイズ事件』ジョセフィン・テイ

“Darkness at Pemberley”T・H・ホワイト
“The Division Bell Mystery”エレン・ウィルキンスン
“Death on the Down Beat”セバスチャン・ファー

『デイン家の呪い』ダシール・ハメット
『タラント氏の事件簿』C・デイリー・キング
『災厄の町』エラリー・クイーン
『赤い右手』ジョエル・タウンズリー・ロジャーズ
『見知らぬ乗客』パトリシア・ハイスミス

『六死人』スタニスラス・アンドレ・ステーマン
『怪盗レトン』ジョルジュ・シムノン
『ドン・イシドロ・パロディ 六つの難事件』H・ブストス・ドメック(ホルヘ・ルイス・ボルヘス)

『野獣死すべし』ニコラス・ブレイク
“Background for Murder”シェリー・スミス
“The Killer and the Slain”ヒュー・ウォルポール
『二月三十一日』ジュリアン・シモンズ
プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示