コーネル・ウールリッチ『黒衣の花嫁』

 日本では、アイリッシュ名義で書かれた『幻の女』の評価が図抜けているようだが、個人的には『黒衣の花嫁』のほうが断然気に入っている。いや、気に入っているなどというものではない。すっかり魅せられて、何度読み直したかと思うほどだ。
 冒頭での描写から提示されるヒロインの正体の謎や、半ば独立した犯罪のエピソードが続く中で浮かび上がってくる被害者の共通性の謎などに注目して、本作をミッシング・リンクをテーマにした謎解き物のように捉えることも可能だし(結末からすると、ウールリッチ自身も中途半端にそんなまとめ方に傾いてしまった感がある)、確かにこうした設定の巧みさがサスペンスを高め、読み応えのあるストーリー展開に寄与しているのは事実であろうが、本作の本当の魅力はそんなところにあるのではない。(余談ながら、我が国における『幻の女』の人気の高さは、サスペンスとしての評価より、目撃者が口を揃えて、いたはずの女の姿を見ていないと証言する一種の「不可能興味」の要素が、謎解きを好む傾向の強い我が国の読者にウケがいいという面もあるからではないだろうか。)
 この作品にこれほど惹かれるのは、やはりそれが一つの復讐劇としての魅力を持っているからだろう。そこには、いわば、デュマの『モンテ・クリスト伯』にも相通ずるような復讐者の意志の強さが一貫しているし、さらには、忠臣蔵にも似た、死者の無念を晴らさんとするひたむきな誠実さも存在している。愛する者への誠実さと復讐の決意とが表裏一体となって復讐者の意志の強さを形作っている。しかも、その意志を体現する者は、莫大な財を武器に変幻自在の策を弄する貴人でもなければ、腕力や武芸を誇るもののふでもない。無力でかよわい一人の女なのだ。
 それまでは平凡だった一人の娘が、結婚式の最中に花婿の命を奪われた時、瞬時にして復讐を果たす決意を固め、その日を境に自分の過去をすべて捨て去り、非情に徹してその意思を強靭なまでに貫き通す鬼気迫る姿が、読む者を惹きつけてやまない、この作品の最大の魅力ではないかと思う。
 ただ、ウールリッチの作品の弱いところは、プロットを予め十分練り上げないままに、場当たり的に執筆していった節があることで、時には付け焼刃の結末を設定して、「前半名作」よろしく腰砕けになってしまうことがある。安易に意外性を演出した真犯人設定と幻だった女の中途半端な絵解きに脱力感に襲われる『幻の女』にしてもそうだが、それは『黒衣の花嫁』にも当てはまり、ウールリッチは、最後に余計なツイストを加えることで、せっかくの復讐劇を中途半端なものにしてしまった。もちろん、H・R・F・キーティングのように、その結末を是とする読者もいるだろうが、個人的には、復讐劇としてのカタルシスを味わえない、消化不良の感覚が残ってしまうし、私と同意見の読者もきっと多いことだろう。
 おそらくは『黒衣の花嫁』を映画化したフランソワ・トリュフォー監督も同様で、トリュフォーはこのツイストを完全に省き、一貫した復讐劇としてプロットを組み替えてしまった。原作の持つ強烈なサスペンスと人物造形の魅力には遠く及ぶべくもないが、プロットとしてはこちらのほうがはるかに納得がいく。既に薹が立っていたものの、ほとんど笑顔を見せないジャンヌ・モローの冷たい美しさが、復讐者としての意志の強さと凄みを感じさせ、原作の持ち味を何ほどか反映しているようで印象的だった。
 ウールリッチはのちに、同様の設定で『喪服のランデヴー』を執筆したが、この時は『黒衣の花嫁』のようなツイストは加えずにストレートなプロットをベースにしている。ただ、こちらは恋人を奪われた青年が主人公で、いかんせん男が復讐者では、「喪服の花嫁」が放つ強烈なオーラに比べるといかにも魅力に乏しい。『黒衣の花嫁』は今なお私の心を捉えて離さないウールリッチの最高傑作である。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コーネル・ウールリッチ『聖アンセルム923号室』

 ウールリッチ(アイリッシュ)の作品には、いつもどこか切なく感傷的な雰囲気がつきまとう。その雰囲気の魅力に取りつかれてしまうと、プロット自体はたいしたことのない作品でも、もう一度あの雰囲気に触れたいという気持ちから次々と作品に手を出してしまうようなところがある。
 『聖アンセルム923号室』(1958)は、比較的後年に書かれた長編であり、実はミステリとすら言えない作品だ。ミステリ的な要素もないわけではないが、普通小説と言ったほうがふさわしいだろう。聖アンセルム・ホテルが開業した日のエピソードから閉館になる日までの7つ(2番目と3番目のエピソードは内容的に連続しているので実質は6つ)のエピソードから成り立つ、長編というより連作短編集と言うべきかもしれない。
 新婚早々のコンプトン夫妻、第一次大戦で入隊が決まったテッドとその恋人のジーン、ギャングのアバッツィア、自殺の覚悟を決めたジョン・スミス氏、反対する家族のもとを飛び出して結婚を夢見るケンとその恋人、そして再びホテルを訪れた老コンプトン夫人という具合に、各エピソードの登場人物たちは、出自も違えば、ホテルに泊まる理由もそれぞれに違う。読んでいる途中は、同じ部屋を舞台にしていることを除けば、一見バラバラのエピソードを綴ったもののように思える。ところが、最後の7番目のエピソードまで来て、全体のエピソードが一つの円環をなし、ホテルの部屋を人生になぞらえた大河的ストーリーとして完結していることが分かる仕掛けになっている。その結びは、まさにウールリッチらしい、切なく感傷的な幕の閉じ方と言っていい。
 もちろん、一つ一つのエピソードは、単独で読んでもそれなりの味わいがあり、切り離してアンソロジーに入れても何ら不都合のない作品でもある。特に、6番目のエピソードは、日本人にとっても他人事と思えないが、その後の展開を読者の想像に委ねる、一種のリドル・ストーリーといってよい、余韻を残す作品だ。
 にもかかわらず、本作は全体の一貫性を持った長編でもある。ウールリッチは、舞台となる部屋を同じにするだけでは、エピソードを貫く一貫性を読者に意識してもらいにくいと考えたのだろうか。漫然と読み流していると見逃しそうになるが、注意して読むと、実はすべてのエピソードに共通したモチーフがあることに気づく。ネクタイだ。
 6つのエピソードすべてにネクタイが出てきて、それは、エピソードの重要なファクターである場合もあれば、たまたま登場人物が身なりを整えるために結び目を直すだけの場合もある。だが、必ずネクタイが出てくるのだ。そして、ウールリッチがネクタイを一貫したモチーフに選んだのは、まさに全体のエピソードを円環として完結させる最後のエピソードを際立たせるために、敢えてそうしたことがそこで分かるようになっているのだ。
 『黒衣の花嫁』や『幻の女』のように、書きながら考えたとしか思えない、場当たり的なプロット構成がしばしば目立つウールリッチだが、本作に関しては、事前によく考えたプロットが光っているように思えるし、一見ミステリとは言えない連作短編にもかかわらず、よくまとまった印象を与えるのはこのためだろう。
 なお、ホテル探偵ストライカーの登場する、ウールリッチにしては珍しい密室物の「九一三号室の謎」も、部屋こそ違うものの、舞台は同じ聖アンセルム・ホテルだ。晩年に至るまでホテル暮らしを続けていたウールリッチにとって、ホテルは格別思い入れのある舞台だったようだ。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示