FC2ブログ

ヘレン・マクロイ『牧神の影』刊行予定

 ヘレン・マクロイ『牧神の影』がちくま文庫から刊行される予定です。
 原題は“Panic”。ストーリーを少しだけ紹介させていただくと・・・ 

 アリスン・トレイシー(本書のヒロイン)は、早朝、屋内電話で目を覚まし、同居の伯父フェリックスが死んだことを知らされる。心臓を患っていた伯父は、いつも寝る前に読んでいたプルタルコスの著書を膝の上に開いたままベッドで息を引き取っていた。
 アリスンはその本の間から滑り落ちた紙片に意味不明の文字の羅列が手書きで書かれているのに気づくが、ただの紙くずと思い、ゴミ箱に捨てるよう女中に指示する。そこへ陸軍情報部のアームストロング大佐と名乗る人物が来訪し、伯父の書類フォルダーはどこにあるのかとアリスンに詰め寄る。大佐によれば、伯父は新たな暗号法の開拓を試み、完璧な戦地用暗号を作ったと主張していたという。捨てた紙がその暗号だったのではと気づくが、屑籠のゴミは既に焼却され、アリスンも内容を憶えてはいなかった。
 アリスンはいとこの勧めでニューヨークの喧騒を離れ、老犬のアルゴスを連れてオールトンリーという人里離れた山間のコテージに移り、しばらく滞在することに。一人静かに床に就いたアリスンだったが、夜中に、コテージの周囲をうろついているらしい不審な足音に目を覚ます・・・。

 本作の重要なテーマの一つは、〈暗号〉。マクロイのノン・シリーズものの代表作の一つというだけでなく、暗号ミステリの頂点を極めた傑作として評価されています。我が国でも、近年話題を呼んだ竹本健治氏の『涙香迷宮』のように、ミステリにおける暗号は今日なお人気の高いテーマですが、マクロイがこの困難なテーマにどのように挑んだかも注目されるところでしょう。
 シリーズものであれば、〝機械仕掛けの神〟よろしく、ベイジル・ウィリング博士が必ず最後に快刀乱麻を断つ如く決着をつけてくれると誰もが予測します。しかし、叡智に長けた名探偵はここには不在。それだけに、ヒロインが救われるかどうかも心もとない。ヒロインはみずから苦境を脱し、謎を解かなくてはならない状況に置かれ、そのことがサスペンスをいやがうえにも高める展開となります。
 本作は、H・R・F・キーティング編“Whodunit?”において、マクロイの作品としては、『暗い鏡の中に』、The Sleepwalkerと並んで採点の対象に挙げられ、両作と遜色のない高い評価を与えられており、また、短編集“The Pleasant Assassin and Other Cases of Dr. Basil Willing”に序文を寄せたB・A・パイクも、ノン・シリーズものとしては唯一、本作をマクロイの傑作として挙げています(ほかは、『あなたは誰?』、『逃げる幻』、『ひとりで歩く女』、『暗い鏡の中に』、『二人のウィリング』、『幽霊の2/3』、『割れたひづめ』)。
 なお、翻訳の底本には、1944年の米ウィリアム・モロウ社初版を用い、1972年の英ヴィクター・ゴランツ社の改訂版を適宜参照しました。
 多くの読者の皆様に楽しんでいただけることを願っております。

            Panic Morrow
                米ウィリアム・モロウ社初版


            Panic Gollanz
                英ヴィクター・ゴランツ社改訂版



 なお、私の所持する英ゴランツ社版には、著者マクロイの献辞が書き込まれています。


            Panic署名
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ヘレン・マクロイ『牧神の影』(ちくま文庫)は6月刊行予定

 ちくま文庫から刊行予定のマクロイ『牧神の影』は、6月7日刊行予定として、アマゾン、honto等でも予約を開始していますのでお知らせいたします。

Amazon honto HonyaClub 楽天ブックス 紀伊國屋書店 TSUTAYA

ヘレン・マクロイ『牧神の影』(ちくま文庫)が刊行

 ヘレン・マクロイ『牧神の影』(1944)がちくま文庫から刊行されました。「暗号の謎とサスペンスが融合したマクロイ円熟期の傑作ミステリ」です(文庫帯より)。
 アンソニー・バウチャー、バリー・A・パイク、エドワード・D・ホックなど、多くの批評家から高い評価を受けた、マクロイのノン・シリーズものの代表作。多くの読者の皆様に楽しんでいただけることを願っております。

 なお、まだ個人的な段階の情報ですが、マクロイの長編については、さらに二作の翻訳の準備を進めているところです。いずれ皆様にお届けすることができればという願いを込めて、あわせてお知らせさせていただきます。

Amazon honto HonyaClub 楽天ブックス 紀伊國屋書店 TSUTAYA e-hon セブンネット


              
         牧神の影

マクロイ『牧神の影』のコテージがある山地はどこか?

 『牧神の影』の舞台となるコテージ〈オールトンリー〉が建っている山地はどこなのだろう? 出てくる地名や駅名はいずれも架空なので、マクロイは架空の土地を創造して舞台にしたと思われるのだが、具体的な自然描写からして、モデルとなった山地があるのではないかと誰しも思うところだ。
 実は、クリス・スタインブラナー&オットー・ペンズラー編“Encyclopedia of Mystery and Detection”が、舞台はニューヨーク州北部の〈キャッツキル山地〉と決めつけているのだが、断定はできないものの、モデルとなった山地である可能性はあるだろう。
 登場人物たちが比較的容易に行き来している様子からしても、ニューヨークから近いという印象があるし、豊かな自然描写も、同山地にふさわしいからだ。ニューヨーク市民の保養地として親しまれていることからしても、マクロイ自身、滞在したことがあったかもしれないし、その体験に基づいた描写である可能性は十分あるだろう。もっとも、〈オールトンリー〉のような孤独な環境のコテージが普通にあるかどうかは疑わしいが。
 余談かもしれないが、Wikipediaのマクロイの英語記事は、『牧神の影』の説明で、上記“Encyclopedia of Mystery and Detection”の記述をほぼそっくりコピペして、やはり舞台をキャッツキル山地と決めつけている。Wikipediaのいい加減さを示す一例か。

ヘレン・マクロイ『牧神の影』の書評が「ミステリマガジン」9月号に

 若林踏氏によるヘレン・マクロイ『牧神の影』(ちくま文庫)の書評が、「ミステリマガジン」2018年9月号に載りました。
 「山中のコテージで不穏な気配に囲まれながら過ごす主人公のサスペンス、そして後半における真相当てと、暗号の謎を中心に据えつつも多様な要素を盛り込んだマクロイらしい小説だ・・・本作は、一見、異色作のようでいて、実はマクロイの本質をずばり突いた作品だろう」と述べておられます。(なお、巻末の「響きと怒り」の「読者の書評」でも、愛知県の方に『牧神の影』を取り上げていただいています。)

 なお、この機会にあわせてご紹介させていただきますが、7月12日付けの日本経済新聞夕刊「目利きが選ぶ3冊」では、野崎六助氏に、「戦地用暗号解読と犯人捜しの謎解きを融合し、そこに、心理スリラー要素も加味した著者の力技に、あらためて感服する」、7月19日付けの YOMIURI ONLINEでは、石井千湖氏に、「謎解きだけではなく、繊細な風景描写や人物造形も魅惑的なミステリー」との評を載せていただいております。
プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示