ダシール・ハメット もうひとつの『影なき男』

 今年はハメット没後50周年ということで、今月号の「ミステリマガジン」で特集を組んでいるようだ(実はまだ手に入れていないので未見)。
 『影なき男』のニック&ノラ・チャールズ夫妻は、今日ではコンチネンタル・オプやサム・スペードほどの人気はないが、かつては、ウィリアム・パウエルとマーナ・ロイ主演の映画が大当たりし、シリーズ化されたことはよく知られている。
 映画1作目「影なき男」は、ハメットの小説を原作にしたものだが、2作目に当たる「続・影なき男」(After The Thin Man)もハメット自身のオリジナル脚本に基づくものであり、木村二郎氏の懇切丁寧な解説と翻訳で「ミステリマガジン」87年4、5月号に紹介されている。
 この『続・影なき男』は、ニューヨーク発の列車がサン・フランシスコ駅に入る場面、チャールズ夫妻が前作の『影なき男』事件を解決して戻ってきたところから始まり、まさに時系列的につながっていることを示している。夫妻が邸宅に戻って大晦日兼歓迎パーティーが開かれているところに、いきなり玄関のほうから銃声が聞こえ、二人が向かうと男の死体が・・・という冒頭からテンポの速いストーリー展開で、再びニックとノラの歯切れのいい会話や活躍を楽しむことができる。
 実は、ハメットは、現在の『影なき男』(1934)よりも前、1930年に同タイトルの長編執筆を試みたことがあった。ハメットは、65頁、第10章の途中までタイプしたが、出版社との合意により『ガラスの鍵』の出版を延期することになったため、執筆をそこで中断して1年間ハリウッドに行くことになった。結局、2年間の中断を経たために、ハメットは元の作業に戻るよりも、基本的なプロットのアイデアだけ残して新たに書き始めるほうがいいと判断して書いたのが、現在の『影なき男』である。
 このため、未完のまま残されたオリジナル版は、今の『影なき男』の単なる初稿ではなく、その展開は大きく異なっている。共通しているのは、行方不明の「影なき男」がワイナントという名で、捜査側にギルドという名の人物がいることぐらい。舞台はニューヨークではなくサン・フランシスコ。主人公は、(警部補ではなく)サン・フランシスコの探偵社に属するジョン・ギルドである。もちろん、ニックとノラは登場しない。
 ハメット自身も証言しているが、実はこの『影なき男』オリジナル版の素材の幾つかは、『続・影なき男』の中で用いられ、サン・フランシスコのチャイナタウンを舞台にした場面などに共通したところがある。
 このオリジナル版は、サン・フランシスコのシティ誌75年11月4日号に初掲載され、のちにクノップ社から出た短編集“Nightmare Town and Other Stories”(1999)に、‘The First Thin Man’というタイトルで収録された。
 初公表されたシティ誌では、「ハメットのサン・フランシスコ」という特集を組んでいて、ほかにも、‘Secret Agent X-9’という、ハメットの珍しいコミック・ストリップの一部、‘Sam Spade’s Frisco’という、ハメットとその主人公達ゆかりの場所の写真入り解説、ジョー・ゴアズのエッセイ‘A Foggy Night’などを盛り込んだ面白い構成となっている。

シティ誌表紙
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示