ナイオ・マーシュ “Tied up in Tinsel”

 “Tied up in Tinsel”(1972)は、シリーズ・キャラクターのロデリック・アレン警視が登場する作品。

 ロデリック・アレン警視の妻トロイは、ヒラリー・ビル=タスマンという裕福な実業家の依頼を受けてハルバーズ荘という田舎の邸に招かれ、そこに滞在しながら彼の肖像画を描いていた。ところが、ハルバーズ荘には殺人者が五人同居していた。ヒラリーが前科のある彼らの社会復帰を支援するために使用人として採用していたからだ。
 司厨長のカスバートは、レストランのボーイ長をしていた時、自分の妻の愛人だった若い副料理長を刺殺し、情状酌量で減刑され、模範囚として短期で釈放された過去があった。下働きのマーヴィンは、かつて作曲家だったが、泥棒よけの「まぬけ落とし」に重すぎる鉄を使用して侵入者を死なせてしまった罪で服役したことがあった。料理長のウィルフレッドは、猫好きで「キティウィー」というあだ名で呼ばれていたが、服役中に猫嫌いの看守を壁に叩きつけて殺してしまい、刑期を延期された。二人目の下働きのナイジェルは、メリーゴーラウンドの馬を製作する仕事をしていたが、過激な宗教団体に入り、狂信的な信念から「罪深い女」を殺してしまった。さらに、庭師のヴィンセントは、ヒ素を噴霧した温室に老女を閉じ込めて死に至らしめてしまったが、上訴の結果、事故と認められて釈放されたのだった。
 トロイの滞在中に、クリスマスを祝うために、ヒラリーの親戚たちがやってくる。滞在客の中には、ヒラリーの叔父のバート・スミス、フォレスター大佐夫妻のほかに、婚約者のクレシダ・トテナムも加わっていた。ところが、彼らの滞在中に、トロイの部屋のドアに「まぬけ落とし」が仕掛けられたり、クレシダを「罪深い女」と中傷する手紙が舞い込んだり、バート叔父が愛飲する大麦湯に石鹸が仕込まれるなどのいたずらが発生する。いずれも、使用人達の過去の事件を連想させるものだったが、彼らはみな疑いを否定する。
 クリスマスの晩を迎えると、滞在客のほかに子どもたちもパーティに招かれ、フォレスター大佐がサンタの扮装をして登場する趣向を準備していた。ところが、大佐は具合が悪くなり、随行していた自分の使用人のモールトに代役を頼むが、モールトはサンタの扮装をしてパーティの場に現れたあと、忽然と姿を消してしまう・・・。

 本作は、ケイト・スタイン編“Book of List”(第二版:1995)において、アーロン・エルキンズがベスト・テンの一つに選び、1973年にMWA(アメリカ推理作家協会)の最優秀長編賞の候補にも挙がった、マーシュ後期の代表作である。
 マーシュが77歳の時の作品であるが、人物の造形はもちろん、プロットの構築も全盛期と全く遜色のない綿密さを感じさせる。ロバート・バーナードは、The English Detective Story’(キーティング編“Whodunit?”1982所収)の中で、「クリスティは後期の作品になると緻密なプロット構築力が弱くなってしまったが、マーシュは細心さと公明さを変わることなく保ち続けた」と述べているが、確かに、クリスティほどの巧妙さは持ち合わせなかったものの、丁寧にプロットを組み立てて解き明かしていく彼女のスタイルは晩年になっても変わらなかった。
 マーシュは1967年にも“Killer Dolphin”(英題:“Death at the Dolphin”)がMWAの最優秀長編賞の候補に挙がっているが、クリスティの場合は晩年にこうした賞の候補に挙がることはなく、全盛期に比べると作品の出来栄えに大きな落差を感じさせることを考えると、老いてなお健筆を揮ったマーシュの力量には感服させられる。
 いつもながら個性の乏しいアレン警視だが、本作では中間近くなるまで登場せず、不穏な使用人達のいる環境に置かれた妻のトロイに中心的な役割を演じさせさることでサスペンスを巧みに醸成している。中間部で退屈な尋問場面が続くパターンが欠点とされるマーシュだが、独特の事件環境と展開のおかげで本作ではそうした欠点もさほど目立たず、だれることなくクライマックスまでテンションを持続させることに成功している。MWAの候補作となったのも首肯できる佳作である。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示