エリザベス・フェラーズ “Enough to Kill a Horse”

 “Enough to Kill a Horse”(1955)は、H・R・F・キーティング編“Whodunit?”の「代表作採点簿」に挙げられ、ジュリアン・シモンズがコリンズ社のクライム・クラブ50周年記念復刊の一冊に選んだフェラーズの代表作の一つ。

 アンティーク・ショップを営むファニー・ライナムには、二十歳も歳の違う腹違いの弟、キット・レイヴンがいた。キットが婚約者のローラ・グリーンスレイドを週末に家に連れてくるというので、ファニーは、近所の人たちも招いたカクテル・パーティを計画する。ローラは空襲で夫を失った未亡人だった。ファニーはローラに会ったことがなく、写真でしか知らなかったが、偶然にも、ローラは、大学で化学の講師をしている夫のベイジルのかつての教え子だった。
 ファニーは彼らのほかに、隣家のコリンとジーンのグレゴリー夫妻、地元の開業医のマクリーン医師夫妻、新聞社社長のピーター・プールター卿、トムとミニーのモーデュー夫妻と娘のスーザンをパーティに招いていた。ところが、トムは誰とでもすぐ口論をする気難しい性格の男であり、招待客とまた喧嘩を始めるのではないかとベイジルは危惧する。しかも、スーザンは以前、キットと恋人同士で、二人は結婚するものと期待されていたのに、別れた経緯があった。
 ファニーの旧友で、作家のクレア・フォーウッドも、なぜかピーター卿にしきりと会いたいと言うため、パーティに招くことにしたが、会いたい理由は言わず、どんな人か知りたいと言うだけだった。
 ところが、パーティの直前になって、ジーンから連絡があり、トムとコリンが大喧嘩をしたため、とてもパーティで一緒にはいられないと欠席を連絡してくる。さらには、ローラも、ひどい頭痛がすると言って欠席を知らせてきた。ファニーは、スーザンがパーティに来ることをローラが知ったためではないかと疑う。
 ファニーは、得意料理のロブスターのパティーを提供するが、客たちは、パティーがひどく苦い味がしてとても食べられないと訴える。ところが、ピーター卿だけは、なぜかおいしいと言って食べ続ける。ピーター卿は、帰宅するとひどく気分が悪なり、マクリーン医師を呼ぶが、深夜に息を引き取る。ファニーは、調理の不手際で食中毒死を引き起こしたと自分を責めるが、死因はヒ素によるものと判明する。
 しかし、ストリキニーネならともかく、ヒ素に苦味はないはずだった。ローラは、学生時代にフェニルチオ尿素を用いた味覚検査で、自分がその試薬に苦みを感じない稀な体質と分かったことを思い出し、その事実を夫のベイジルから知ったファニーが自分を殺そうと狙ったのだと主張する・・・。

 序文を寄せているシモンズは、フェラーズが、トビー・ダイクとジョージというコンビの登場する作品を続けて書いたあと、「この二人のキャラクターがひどく嫌いになったため、彼らを登場させる作品をそれ以上書けなくなった」と述べていることを紹介し、彼女がシリーズ・キャラクターの存在に制約されずに自由な手腕を発揮して作品を書くようになったことを称賛しているようである。
 もちろん、コナン・ドイルやクリスティなどもホームズやポアロにうんざりしていたという逸話もあるので、さほど珍しい話ではないのだが、我が国では、最近、このコンビの登場する初期作品が続々と翻訳・紹介されてきた経緯もあり、作者自身がこの人気キャラクターを嫌っていたというのはファンにとっては心外であろう。
 もっとも、シモンズ自身、シリーズ・キャラクターを途中で放棄して犯罪小説を書き続けた作家であり、“Bloody Murder”での議論にも見られるように、シリーズ・キャラクターを作家に制約を課す存在と見なしがちな論者なので、このあたりの評価にはやや主観的な偏見も混じっていることを留意すべきかもしれない。
 シモンズの本作に対する評価も、モーデュー夫妻などの登場人物の性格描写にあるようだが、謎解きとして見ても、フェアプレイとしてはともかく、よく練られたプロットで楽しい限りだ。“A Catalogue of Crime”のバーザンとテイラーも評価しているように、錯綜した人間関係や様々な動機の可能性の追究が持続的な緊迫感を生み出しており、ストーリーテリングの巧者ぶりが遺憾なく発揮されている。
 長編だけでも70作を越える多作家だが、本作をはじめ魅力的な佳作はまだたくさんあると思われ、シリーズ物に限らず掘り起こしがさらに進むことを期待したいものである。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示