ロイ・ヴィカーズ「ゴムのラッパ」

 「ゴムのラッパ」は、「迷宮課」シリーズの記念すべき第一作であり、『迷宮課事件簿[1]』(邦訳は早川文庫刊)の序文で述べているように、エラリー・クイーンが最初に注目し、EQMMに再録するなどして、シリーズを世に知らしめるきっかけとなった作品である。
 本作の初出はピアスン誌1934年9月号で、その後、フィクション・パレード誌1935年10月号に再録され、さらに、EQMM誌1943年11月号に再録された。上記短編集に収録されたのは1949年である(その前の1947年に、収録作がかなり異なる同題のペーパーバック・オリジナルが、やはりクイーンの序文付きで出ている。これが「ゴムのラッパ」の単行本初収録。1947年版は『クイーンの定員』に選ばれ、1949年版は“Detective Fiction: The Collector’s Guide”の編者、ジョン・クーパーとB・A・パイクが推薦作として挙げている)。
 クイーンが注目したのが、ピアスン誌の初出か、フィクション・パレード誌の再録かはよく分からないが、ピアスン誌版と比較すると、邦訳のある単行本版は多少加筆が施され、数字を付して節が分けられている。
 ヴィカーズは、1934年から35年にかけてピアスン誌に「迷宮課」シリーズを連載したが、その後はEQMM誌1945年11月号掲載の「けちんぼの殺人」まで再び同シリーズの新作の筆を執ることはなかった。クイーンが「ゴムのラッパ」や「ボートの青髭」(EQMM誌1944年7月号再録)、「オックスフォード街のカウボーイ」(同1945年5月号再録)をEQMMに再録したことが、その後のシリーズの再開と継続につながったのは明らかであり、その過程でクイーンが果たした役割は大きいといえる。
 ちなみに、『歌う白骨』収録作品をはじめ、倒叙推理小説の生みの親とされるフリーマンのソーンダイク博士物の短編が連載されたのもピアスン誌であり、その衣鉢を継いだヴィカーズの「迷宮課」シリーズが同じピアスン誌から世に出たというのも、不思議な縁というものか。しかも、初めて世に出た倒叙推理小説は、ノヴェル・マガジン誌1910年8月号に掲載された「落ちぶれた紳士のロマンス」だが、ヴィカーズは、このノヴェル・マガジン誌の編集者を務めたこともあった。この点は、ただの偶然とは考えにくく、ヴィカーズがフリーマンの作品に触発されて「迷宮課」の着想を得たと考えても、あながち外れてはいまい。
 初出のピアスン誌で挿絵を描いているイラスト画家は、ジャック・M・フォークス。この記事でご紹介しておく。


Pearson表紙


Trumpet1


Trumpet2


Trumpet3
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示