ナイオ・マーシュ “Spinsters in Jeopardy”

 “Spinsters in Jeopardy”(1953)は、ロデリック・アレン首席警部が登場する長編。

 アレンの妻、トロイは、南フランスのアルプ=マリティーム県に住む親戚から、10か月前から手紙をもらうようになっていた。トロイ自身は会ったこともない相手だが、その親戚はP・E・ガーベルという化学者で、アルプ=マリティームのロークヴィルという土地に住んでいた。
 アレンは、イギリス諜報部、麻薬取締局、フランス警察が共同で進めている麻薬組織の捜査に協力するため、フランスに派遣されることとになったが、その拠点と疑われる場所、シャトー・ド・ラ・シェヴル・ダルジャン(「銀の山羊」館)は、奇しくもロークヴィルの近くにあることから、家族連れの休暇を装うのが好都合なこともあり、親戚訪問も兼ねて妻のトロイと息子のリッキーを連れてロークヴィルに出かける。
 アレン一家の乗った列車が目的地の近くでスピードを落とした時、アレンは車室の窓から、外の建物で起きた殺人らしき現場を目撃する。女が窓のブラインドに向かって倒れ込み、はずみでブラインドが引き上げられ、白い服を着た黒っぽい男が右腕を振り上げているのが見えたのだ。
 ところが、彼らの列車に乗り合わせていたミス・トルーボディというハイミスが穿孔性虫垂を患い、緊急に手術が必要となる。アレン一家は彼女に付き添ってロークヴィルで下車し、医師のところへ連れて行くはめになる。一番近隣にいる医師は、オベロン氏の「銀の山羊」館に客として滞在している、バラディというエジプト人医師と分かる。
 アレン一家はミス・トルーボディを車に乗せて「銀の山羊」館に運ぶが、ミス・トルーボディは外国人と見知らぬ場所に残されるのを心細がり、一家はそのまま彼女に付き合って館に残るはめになる。アレンは、その建物が捜査の目的地というだけでなく、殺人現場を目撃した建物であることに気づく・・・。

 本作は、1980年にジュリアン・シモンズがコリンズ社のクライム・クラブ50周年記念復刊の一冊として選んだ作品。
 シモンズが「謎解きは二次的な要素で、シンプルで素直に楽しめるスリラー」と呼んでいるとおり、マーシュにしては珍しく、正攻法の謎解きではなく、スリラーもしくは冒険ものに属する異色作である。確かにマーシュの作品には海外や旅行を舞台にした作品もあり、様々な設定のバリエーションを時おり試みてはいるが、たいていは、事件の発生からアレンの登場を経て、関係者への尋問が続いた後、大団円の謎解きに至るというパターンを踏むのが普通だ。
 ところが、本作では、冒頭からいきなり家族ぐるみで病気のハイミスの搬送に付き合わされるというハプニングに見舞われ、行った先の館では、カルト的な儀式を執り行う、怪しげな館の主と滞在客たちが待ち受けているし、ようやく病人から解放されて妻と息子をホテルに送り届けたかと思うと、今度は息子のリッキーが誘拐されてしまい、アレン夫妻が追跡劇を繰り広げるという場面変転の目まぐるしさで、およそ弛緩することのないストーリー展開は確かに読み応えがある。中間部で退屈な尋問シーンが延々と続くのが欠点とされるマーシュだが、本作ではそんな退屈さは微塵も感じられない。トロイや息子のリッキー、運転手のラウールやフィアンセのテレサなど、登場人物の個性が活き活きと描かれている点も特筆されていい。
 列車の窓から目撃した殺人という設定は、クリスティの『パディントン発4時50分』(1957)を連想させるし、同作に影響を与えた可能性もあるだろう。カルト的な儀式の描写も、マーシュ自身の初期作品“Death in Ecstasy”(1936)を連想させる。
 殺人だけでなく、ガーベル氏の正体など、謎解き的な要素もなくはないが、どちらかといえば添え物だし、さほどの意外性もない。むしろ、麻薬組織への潜入捜査という設定といい、誘拐をめぐる追跡劇といい、神秘的でエロチックなカルト的儀式といい、センセーショナル・ノヴェルと呼ぶほうがふさわしい。
 シモンズは、いかにも彼らしく、“Bloody Murder”においても、マーシュについて、性格描写の才能を評価しつつも、謎解きの制約に踏みとどまって、その才能を十分に展開しきれていない点を批判的に論評している。本作の序文でも同様の指摘をした上で、本作が謎解きから離れ、人物や場面の描写などで初期作品より成長を遂げている点を評価しており、記念すべき復刊の一冊に本作を選んだのもそうした理由からだろう。シモンズのこの評価には首肯できる面もあるが、本作をマーシュとしては特異な傍流作品と見なすか、それとも、ユニークな傑作と見なすかは、マーシュの魅力を謎解きと性格描写のどちらに重きを置いて見るかで評価が分かれそうなところではある。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示