クリフォード・ウィッティング “Measure for Murder”

 “Measure for Murder”(1941)はシリーズ・キャラクターのチャールトン警部が登場する作品。タイトルはシェークスピアの『尺には尺を』(Measure for Measure)をもじったもの。

 物語は、1940年のある朝、その日の夕方に「尺には尺を」の上演を予定していたラルバートン・リトル・シアターで、チケット売り場の机に向かって坐っている男が、背中を短剣で刺されてこと切れているのを掃除婦が発見するプロローグから始まる。
 本筋に入ると、ケント州出身の青年、ウォルター・ヴォーン・チューダーの自叙伝的な物語に移り変わる。ヴォーンは学校卒業後、父の意思に従って銀行に勤めるが、車への興味を捨てがたく、銀行を辞めて友人と自動車整備工場で働き始める。ところが、自動車事故で友人を死なせてしまい、田舎暮らしにあこがれていたヴォーンは、ラルバートンという町に移り、自ら始めた不動産業で成功し、大きな収益を上げるようになる。
 ヴォーンは同じ下宿屋に住む仲間たちとアマチュア劇団を結成し、幸運にも賃借料不要で借りることのできた古びた倉庫を改造してラルバートン・リトル・シアターという劇場を立ち上げる。最初に上演したJ・B・プリーストリーの劇はまずまずの好評を得ることができ、今度はシェークスピアの『尺には尺を』に挑むことになった。
 求人広告を見てやってきたヴォーンの旧友、ピーター・リドパスも新たに加わり、リハーサルも順調に進むが、配役をめぐって劇場の所有者が自分の縁故の娘ヒラリーにヒロイン役を譲るよう干渉してくる。受け入れなければ賃貸契約を解消すると脅されたヴォーンたちは、やむを得ずその要求を受け入れ、ヴォーンは恋人でもあるエリザベスを説得して役を降りさせる。ところが、その後、階段でつまずいたエリザベスがヒラリーを突き落とし、あやうく大けがになる事故が起きたり、エリザベスのお金が盗まれるという不審な事件が起きる・・・。

 本作はしばしばウィッティングの代表作に挙げられ、バーザンとテイラーは“Fifty Classics of Crime Fiction 1900-1950”の一つに選び、ジョン・クーパー&B・A・パイク編“Detective Fiction: The Collector’s Guide”でも、“Catt Out of the Bag”とともに著者のベストとされている。(もっとも、パースナル・チョイスでは、クーパーは“Catt Out of the Bag”を、パイクは“Midsummer Murder”を挙げているのだが。)
 ストーリーは二部構成をとり、前半はヴォーンによる日記形式の叙述で進行していくが、チャールトン警部は第一部の終わり近くになってようやく登場する。
 ストーリー構成と叙述の形式を巧みに組み合わせて、ある仕掛けを設けているのだが、この作品への高い評価は主にその点にあるようだ。確かにちょっとした面白い仕掛けではあるのだが、その点を除けば、ほかにさほど取り柄のある作品とは言えない。前半のヴォーンの叙述にしても、彼自身の自叙伝的な紹介が、中心となる事件と必ずしも直接結び付くわけでなく、さりとて、人物を魅力的に描くことに成功しているとも言えず、共感を抱くほど感情移入ができないため、せっかくの仕掛けがうまく活きてこない。
 事件そのものも、時代背景を感じさせるものではあるが、オチが謎解きとはややかけ離れた方向に行ってしまうのも拍子抜けだし、その結果、せっかく構成に工夫を凝らしながら、叙述の中に手がかりを隠す設定も効果的に活かしきれているとは言い難い。
 劇団の内幕を描くことに偏って、肝心の事件がなかなか起きない前半のもどかしさもさることながら、後半に至っても、ジョン・ロードやナイオ・マーシュのような退屈な尋問場面が延々と続くなど、展開の盛り上がりに欠けるところが作品の魅力を著しく損なっている。せっかくのアイデアが作家としての力量不足ゆえにアイデア倒れにとどまっている典型例の一つと言えるかもしれない。ウィッティングには、ほかにも巧妙なアイデアが光る作品が幾つもあるのだが、黄金時代の他の作家ほど引き立つことなく埋もれてしまったのも、原因はそんなところにありそうだ。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示