「オベリスト」とはなにか

 チャールズ・デイリー・キングには、『海のオベリスト』、『鉄路のオベリスト』、『空のオベリスト』というオベリスト三部作と呼ばれる作品群がある。この‘Obelist’とは何に由来するのだろうか。
キングはほかにも‘Thanatophony’のような造語をしているし、登場人物の名前も心理学の用語をもじって付けるという遊びをやっているので、同様の趣向が隠されているに違いない。
 手掛かりは、英ヘリテイジ社の『海のオベリスト』初版で「ほとんど全く価値のない人」‘a person who has little or no value’、その後の米クノップ社版では「疑いを抱く者」‘one who harbours suspicions’という説明が付されていること。


英初版



米初版



 まるで異なる二つの説明があるため、ますます混乱させられる。なぜ説明が変化したのか。
これはあくまで推測だが、タイトル・ロールと言うべき登場人物達が「無価値」というのでは、読者受けがいいとはいえない。なので、出版社の勧めなどにより変えた可能性が考えられる。確かに、捜査に従事する者は「疑いを抱く」者でなければならないが、そんなのは当たり前すぎて、わざわざ造語をしてまで表現したいことなのかという疑問を感じる。とすれば、英初版の説明の方が、意表を突くものだけに、本来の着想である可能性が高いのではないか。
 そこで、‘Obelist’という言葉から連想される言葉は何かを考えると、‘obelisk’が最も近い言葉といえるだろう。語尾のistは、‘tourist’や‘specialist’などと同様に、人を表す語尾変化と考えられるので、意味を度外視して考えれば、‘obelisk’を人に転化させたものと推測できる。
 オベリスクは、言うまでもなく、古代エジプトの方尖塔。これを英初版の説明に即して考えると、難解なわりには実用性のない心理学の知識や用語をひけらかして捜査を混乱させる勿体ぶった心理学者達を、意味不明の象形文字がたくさん刻まれた、実用性のない巨大な古代の遺物になぞらえたという解釈が可能になる。一作目のタイトルで使われた‘at sea’(途方に暮れる)という表現もこれを裏付ける。
 ‘obelisk’には古写本の疑句標(†)の意味もあり、「EQ」掲載の『鉄路のオベリスト』に付された解説では米初版における意味の由来をそこに求めている。しかし、この記号は‘dagger’(短剣符)と呼ぶのが普通であり、脚注や没年などを表す際に用いるのが一般的で、そんな二次的な用例に根拠を求めるのはこじつけに近い。おそらく作者は、言葉の解釈変えを行うに当たって、仕方なくそこに強引に根拠を求めたのではないだろうか。
 ということは、オベリストとは、あくまで推理合戦を繰り広げる心理学者達を指すことになる。マイケル・ロード警部補はそこにカウントされないとみるべきだろう。様々な立場を代表する心理学者達が、自分達の知識を駆使して捜査に寄与しようとしながら、実はますます混乱させていくという全体の構成こそが、謎めいたタイトルで表そうとしたものだったのではないだろうか。
 しかし、その構成も『空のオベリスト』以後になると維持されなくなってくる。キングがその後この言葉を用いなくなったのは、こうした構成に縛られずに作品を書くために不可避だったといえる。
 もともと中心的な役割を割り当てられていたのは「オベリスト」、つまり、これら心理学者達だったのであり、彼らのナンセンスな心理学論議こそがプロットの要だったとすれば、『海のオベリスト』で「ばね仕掛けの神」よろしく最後の収拾のためにようやく前面に出てくるロード警部補が没個性的にしか造形されなかったのも、それなりに必然性があったといえる。
 それが、回を重ねるごとに役割の重みが増し、恋愛あり、銃撃場面ありと、次第に厚みのある存在に変わっていくのが面白い。なにしろ、初登場作では本名すら明らかではなかったのだから。
 しかし、こんな推測が当たっているとすると、キング自身、自分が専攻していた心理学という学問に対していささか懐疑的で、実用性のない無用の長物になり下がってしまっているという告発を込めていたのではないかという穿った見方も可能になる。キングの心理学関係の著作は読んだことがないので、そこまでは詳らかにし得ないが、キングの推理小説は、そうした意味でも、彼自身の専攻における問題意識と密接な接点を持っていたのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示