ガストン・ルルー『ルールタビーユ、ロシア皇帝に招かれる』

 “Rouletabille chez le Tsar”(1913)は、『黄色い部屋の謎』(1908)、『黒衣夫人の香り』(1909)に続く、ジョゼフ・ルールタビーユが登場する第3作。(私が読んだのは英訳“The Secret of the Night”)
 『黒衣夫人の香り』は、ルールタビーユがロシア皇帝から招聘を受け、あまり乗り気でないところに、反体制の革命中央委員会から警告を受け取って、かえって奮起し、サンクトペテルブルクに赴く決意をするという場面で終わる。次作を暗示させるラストを受けて書かれたのが本作である。

 革命中央委員会から、生きてロシアには着けないと警告されていたルールタビーユは、道中の列車の中で、暗殺の命を受けた若者をすぐに見破り、意気投合して籠絡してしまい、無事ロシアに到着し、皇帝に謁見する。ルールタビーユは、皇帝アレクサンドル二世の要請を受けて、皇帝の信頼厚きトレバソフ将軍を警護するために、将軍が静養するイレス荘に派遣される。
 職務とはいえ過去に革命分子の弾圧を行ったことのある将軍は、これまでに三度、命を狙われていた。最初は、モスクワで将校に鞭打たれていた青年と子どもを助けようとして、名を名乗って中止を命じたところを、その青年に銃で撃たれそうになる。二度目は、そりに爆弾を仕掛けられ、あやうく難を逃れるが、将軍は爆発で右足に重症を負う。使用人に革命分子と通じた裏切り者がいたと分かり、将軍は療養も兼ねて、モスクワを離れて別荘のイレス荘に滞在していたのだった。
 イレス荘には、トレバソフ将軍のほか、妻のマトリーナ・ペトロヴナ、前妻との間に儲けた二十歳になる美貌の娘ナターシャが滞在していた。別荘はクープリアネ警察局長指揮下の警察により厳重に警護され、妻マトリーナも、家族や親しい友人以外は将軍に近づかないよう眼を光らせていた。
 だが、三度目の襲撃はイレス荘で起きた。警察局長の進言により、時限爆弾を仕掛けられないよう、音のする時計類はすべて取り外してあったが、ある晩、マトリーナは、屋内でチクタクと音がするのに気づき、将軍が寝ている寝室のテーブルにあった花束に時限爆弾が仕掛けてあることに気づく。爆弾は花束を窓から投げ捨てたとたんに爆発し、マトリーナは手に怪我を負う。
 爆発事件の翌日、マトリーナは一階の床から音がするのに気づき、食堂のカーペットのすみが乱れていて、その下の床の釘が何本か抜かれているのを発見する。クープリアネ警察局長とともに調べると、物を隠せるだけの空洞があることが分かる。その三日後、マトリーナが再び調べてみると、釘はさらに抜かれていて、空洞も大きくなっていた。その三日間に食堂に入ることができたのは、マトリーナのほかには、娘のナターシャしかいなかった。しかも、ナターシャは、爆発事件のあった晩だけ、知人の家に泊っていて別荘を不在にしていたのだった。
 マトリーナからそれまでの経緯を聞いたルールタビーユは、警察を別荘から遠ざけるよう進言するが・・・。

 当時の連載小説の体裁らしく、『黄色い部屋』も『黒衣夫人』も、次作を暗示させる終わり方で読者の関心をつなぎとめる手法をとっていて、いくらその後の作品は著しく質が劣ると解説されても、作者の術策にはまってつい読んでみたくなるのが人情というものだ。
 『オペラ座の怪人』に代表されるように、ルルーの作風は次第に冒険物やスリラー物に傾斜していったとされるが、本作も、ナターシャを連れ去った革命分子を追う追跡劇や、ルールタビーユが革命中央委員会に捕まり、死刑宣告を受けて縛り首にされそうになる寸前に事件解決のひらめきに打たれる場面など、随所にそうした性格が色濃く出ている。最後に、ルールタビーユがアレクサンドル二世に謁見し、その御前で謎解きを披露してみせる場面なども、この作者らしい演出といえるだろう。
 しかし、そこは『黄色い部屋』の作者、ちょっとした不可能興味を盛り込むことも忘れてはいない。将軍とマトリーナの二人がウォッカを飲んだとたんに気分が悪くなり、毒が仕込まれていたらしいことが分かる。一緒にいたナターシャとルールタビーユはグラスに口を付けただけで飲まなかったため、ルールタビーユはウォッカの瓶に毒が仕込まれていたと考え、瓶とグラスを検査させるが、毒が盛られていたのは将軍とマトリーナのグラスだけで、瓶からもナターシャとルールタビーユのグラスからも検出されない。四人がいたあずまやはほかに誰もおらず、毒を盛った犯人はナターシャ以外に考えられないというシチュエーションだ。もっとも、その解決はどちらかといえばたわいもないもので、『黄色い部屋』の大団円のようなものを期待すると肩透かしを食うだけだろう。
 私事ながら、『黄色い部屋』と『黒衣夫人』を読んだのは中学生の時だけれど、ストーリーよりもなによりも、「あのルールタビーユにまた会えた」というのが、本作を読んだ時の一番の感動だったと言えるかもしれない。前二作への言及もところどころ出てくるし、革命中央委員会から死刑宣告を受けたルールタビーユが母親の「黒衣夫人」に手紙をしたためるシーンなども前作を想起させる。ありがたいことに、本作には、前二作のように、次作を暗示させるような思わせぶりなラストの場面もなく、余計な夾雑物なしに、そんな懐かしさに素直にひたることができたせいか、(出来不出来は度外視して)個人的には意外と楽しめた作品だった。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示