『空のオベリスト』へのシモンズの序文

 デイリー・キングの代表作として定評がある作品は、『空のオベリスト』(1935)。だが、タイトルには前二作と同様、「オベリスト」が使われているにもかかわらず、この作品から心理学者たちによる迷推理の競演という趣向は影を潜めている。これに違和感を抱くのは、以前の記事でも書いたとおり、「オベリスト」は古代エジプトの「オベリスク」に由来し、「無価値」な推理を繰り広げて捜査を混乱させる心理学者たちを指すと思われるから。(余談だが、そこからすると、心理学者の議論の競演こそが『海のオベリスト』、『鉄路のオベリスト』両作のプロットの要をなしているわけで、その議論に刈り込みを入れてしまった邦訳の単行本版『鉄路』は、ミステリとして純粋化を図ったつもりが、実は作者の意図を裏切ってプロットの根幹を台無しにしていることになる。邦訳で読むなら「EQ」掲載版がベター。) しかし、登場人物に意味深な名前が付けられている点では相変わらずだ。
 外科医の名前にCutter(切る人)というのもご愛嬌だが、Hood Tinkhamは‘hoodwink’(ごまかす)、Cravenは‘craven’(臆病な)、Prof. I. Didenotは‘I did not’(私はやってない)、Manly Bellowesは‘manly bellow’(男らしい怒声)、`Happy' Lanningsは‘Happy Landings!’(乾杯! 飛行機旅の人への「いってらっしゃい」の意でも使う)、H. E. Lovettは‘helluva’(ものすごい)という具合ではなかろうか。特にラニングス機長の「ハッピー」というあだ名は明らかにそのもじりで付けられたものだが、翻訳ではせめて、その旨の訳注くらい付けてくれると分かりやすかったかもしれない。
 同書は、1980年にコリンズ社のクライム・クラブ50周年記念として復刊された12作の中の一つでもあるが、これらの作品を選抜したのは、英ミステリ界の重鎮だったジュリアン・シモンズであり、各作品にはシモンズの序文が付されていた。(ほかの記事でも触れたが、12作のタイトルを再掲すれば、邦訳のあるものでは、キング『空のオベリスト』、クリスティ『ABC殺人事件』、クロフツ『ヴォスパー号の遭難』、ブレイク『殺しにいたるメモ』、シェリー・スミス『午後の死』、フィリップ・マクドナルド『迷路』、アンドリュー・ガーヴ『落ちた仮面』、未訳では、ニーナ・ボーデン“The Odd Flamingo”、エリザベス・フェラーズ“Enough to Kill a Horse”、ナイオ・マーシュ“Spinsters in Jeopardy”、レックス・スタウト“Even in the Best Families”、L・A・G・ストロング“Which I Never”) シモンズがなかでも謎解き推理小説として高い評価を与えていたのが、この『空のオベリスト』である。
 シモンズはその序文の中で、1930年代は謎解き探偵小説がピークに達した時代だったとし、その中でも特に優れたものとして、エラリー・クイーンの『フランス白粉の謎』、『ギリシア棺の謎』、『エジプト十字架の謎』、ヴァン・ダインの『グリーン家殺人事件』、『僧正殺人事件』の名を挙げ、カーの不可能犯罪物にも言及している。
 さらに、その時代の作品で謎解きの構築が特に秀でているものとして、キャメロン・マケイブの『編集室の床に落ちた顔』とキングの『空のオベリスト』の二作を挙げている。『空のオベリスト』については、「これほど巧妙な謎解き作品はほとんど書かれたことがない」、「二十世紀の謎解き探偵小説の中でも最も非凡な作品の一つ」と、謎解き物には辛口批評の傾向があるシモンズにしては驚くほど手放しの称賛を浴びせている。
 昨年亡くなったH・R・F・キーティングが1985年に選んだ“The Disappearing Detectives Series”にしてもそうだが、編者の序文とはなかなか興味深く、時に貴重な情報を含んでもいる。(なお、キーティング編の同シリーズは、ロジャー・バズビー“Pattern of Violence”、G・D・H&M・コール“Last Will and Testament”、ロジャー・イースト“Twenty-Five Sanitary Inspectors”、J・ジェファースン・ファージョン“Ben on the Job”、ジョーン・フレミング“When I Grow Rich”、アントニイ・ギルバート“Is She Dead Too?”、セルウィン・ジェプスン“The Black Italian”、E・C・R・ロラック“Policemen in the Precinct”、フィリップ・マクドナルド“The Noose”、スチュアート・パーマー“Exit Laughing”、ジョン・ロード“The Claverton Mystery”、アリス・ティルトン“Beginning with a Bash”の12作) クリッペン&ランドリュの“Lost Classics”叢書にしてもそうだが、こうした形で復刊されても、邦訳が編者の序文を併せて紹介しない例が多いのは残念なことだ。日本人の批評家等が寄せている「あとがき」に劣らず示唆するところが大きいとしばしば感じるだけに、なおのことそう思うのである。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示