F・W・クロフツ ‘The Gorse Hall Mystery’

 『フレンチ警視最初の事件』が創元社から新訳で出たことで、クロフツの長編は邦訳がほぼ出そろったようだ。それにしても、(近年、ペーパーパックがまとめて出たこともあったが)英米ではほとんど忘却に近い扱いを受けてきた作家なのに、我が国では、クリスティやクイーンに次ぐほどの人気があるのが面白い。
 このブログでも、クロフツを直接の主題として取り上げたことはなかったが、他の主題の記事の中で、“The Anatomy of Murder”に収録された犯罪実話‘A New Zealand Tragedy’、“Meet the Detective”に収録されたクロフツとフレンチのトーク‘Meet Chief-Inspector French’を紹介してきたし、“Great Unsolved Crimes”に収録された未解決事件の犯罪実話‘The Gorse Hall Mystery’、“Detection Medley”に収録された‘The Match’(短編「狩猟舞踏会」の別バージョン)にも言及してきた。
 上記の作品の多くは、ネット等で掲載されているクロフツの書誌にも意外と出てこない。クーパー&パイク編“Detective Fiction: Collector’s Guide”によれば、ほかにも、‘Fingerprints’(「指紋」という題で邦訳が雑誌「別冊宝石」に掲載されたことがある)、‘The Faulty Stroke’、‘The Target’、ロビン・ブランド物の‘Danger in Shroude Valley’という未収録短編があるようだ。これほどクロフツが人気のある国なのだから、こうした残った未紹介作品も、今後なんらかの形で紹介される可能性があるかもしれない。
 ささやかながら、この記事では、上記の犯罪実話‘The Gorse Hall Mystery’を紹介しておきたい。
 ここでクロフツが取り上げているのは、1909年11月に起きた、ジョージ・ヘンリー・ストーズ氏殺害事件である。
 ストーズは、裕福な建築業者、工場主であり、ゴース・ホールという大きな邸に、妻とその姪と同居していた。妻とは仲睦まじく、夫婦と姪の関係も良好であり、家庭は円満だった。
 9月のある夜、家族がダイニングで夕食をとっているところに、突然、窓から弾丸が撃ち込まれる。さいわい、弾は誰にも当たらなかったが、ストーズは窓のブラインドを上げて、逃げていく男の姿を見る。ところが、問われても、やや口ごもりながら、知らない男だと答えるだけだった。夫を気遣う夫人は、警察に家の監視を依頼し、屋根に警報を設置して、鳴ればすぐ駆けつけてもらうよう了解を得る。
 その後、七週間ほどは何事もなかったが、ストーズがなにか起こると確信して警察に警戒を強めるよう依頼した10月のある晩、深夜に警報が鳴り、警察が駆けつけるが、ストーズは警報が機能するか試したかったのだと釈明する。
 その数日後の晩、リボルバーを持った男が家に侵入し、女中に見つかって騒ぎとなり、駆けつけたストーズの姿を見た男は、「とうとう見つけたぞ!」と叫び、二人の間で格闘となる。
 ストーズ夫人と姪も駆けつけ、夫人は男からリボルバーを取り上げることに成功するが、男がナイフを取り出したのを見て、夫人は警報を鳴らしに走り、姪は助けを求めに外に走り出る。しかし、救助が来た時には、男は既に逃走し、ストーズは15か所も刺されて瀕死の状態にあり、なんの説明もしないままに息を引き取った。
 殺人者を目撃した家人たちは、男が若く、身なりがみすぼらしく、わずかに口ひげを生やして、長髪だったことは認めたが、ほかに目立つ特徴もなく、残されたリボルバーも安手の物で手がかりにならなかった。
 その後、ストーズの従弟が逮捕され、夫人と姪は、裁判の場で彼が犯人だと証言するが、結局、無実であることが証明される。さらに、数か月後に逮捕された二人目の容疑者も無罪放免となり、事件はそのまま迷宮入りとなる。
 クロフツは、犯人を仮に「ジョン」と名付けて、事件の経緯から推理を組み立てていく。
 「ジョン」が「とうとう見つけたぞ」と叫んだことや、何度も執拗に刺していることなどから、動機を怨恨と推理し、ストーズが「ジョン」を知っていたらしいこと、進んで警察に知らせようともしなかったし、警報が鳴った時も、事前に事件が起きることを予測していながら、実は「ジョン」が侵入したのに何事もなかったふりをしたらしいことなどから、事情を秘密にしたがっていたものと推測している。
 こうした推理を基に、クロフツは、奥歯に物が挟まったように曖昧な言い方をしているだけだが、「ジョン」がストーズの従弟と容貌が似ていたらしいことなどから、どうやら「ジョン」がストーズの隠し子ではなかったかと示唆しているようだ。
 私生児として見捨てられた怨恨が動機であり、ストーズが幾度も襲われながら、「ジョン」をかばい、逃げる時間を与えてやったり、事情を決して明らかにしようとしなかったのも、ストーズが「ジョン」を我が子と知り、哀れに思っていたためではないかと推測しているようなのだが、字面だけ読んでも、そうはっきりとは書いていない。同書が刊行された1935年当時は、まだ関係者が存命だったりなどして、明言が憚られたのかもしれないが、むしろ、いかにもクロフツらしい慎重さの表れとも思える。
 実際、クロフツは、この事件の再構成を「思弁的で、直接証拠の裏付けはない」と慎重に構えて断定を控えているのだが、そうは言っても、コツコツ型の調査を描くのが得意な作家にしては、大胆な推理を組み立てているのがなかなか面白いところだ。
 なお、本編には、ゴース・ホールの写真が挿入されている。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示