ジョゼフ・カミングズ ‘The Bewitched Terrace’

 ‘The Bewitched Terrace’は、カミングズがモンティ・クレイヴン名義で書いたバナー上院議員物の短編で、Mystery Digest誌1958年7月号に掲載された。

 スザンヌ・ディトマーという女性が、ニューヨーク市警察のバーニイ・ガント警部補を訪ねて相談に来る。その場には、バナー上院議員も居合わせていた。彼女はファーガス・レスリーという葬儀屋と婚約していたが、彼の前妻ジャスミンは事故死していた。
 スザンヌの相談は、マダム・オリンプという霊媒の女が、ジャスミンの霊を降霊術会で呼び出し、ファーガスを信じ込ませて、自分の属する協会に金を出させようとしているので、そのインチキを暴いてほしいということだった。
 彼女の話では、マダム・オリンプの部屋で降霊術会が行われたのだが、ジャスミンがいつも香水でつけていたジャスミンの香りが部屋に立ち込め、明かりがつくと、彼女と一緒に葬られた遺品のイヤリングがテーブルに落ちていて、天井にジャスミンの名が赤い字で書かれていたという。
 ジャスミンは、夫とともにパーク・アヴェニューのペントハウスに住んでいたが、二十階にある部屋の外のテラスから転落死したという。テラスのへりにフラワーボックスを置いて花を育てていたのだが、園芸用の手袋をはめ、テラスには移植ごてが落ちていたことから、誤って転落したものと考えられていた。
 マダム・オリンプがファーガスのペントハウスで再び開いた降霊術会に、バナーとガントも同席する。明かりを消し、マダム・オリンプの降霊術が始まると、外のテラスに透明なドレスを着たブロンドの髪の女の姿が表れ、「私は突き落とされた」と語る。
 バナーが明かりをつけ、皆でテラスに出て調べるが、そこには誰もいない。すると、スミレの植えてあるフラワーボックスが壊れていて、その土に小さな裸足の足跡がついているのに気づく。さらに、通りを隔てた向こうのアパートのテラスに、透き通ったドレスを着て、手を振る女の姿が見える。バナーとガントは現場に向かうが、そこには誰もおらず、そのアパートの借り主を調べると、それは亡くなったジャスミンだった・・・。

 カミングスのバナー上院議員物は、短編集“Banner Deadlines”に一部収録されたが、本作は未収録作の一つ。個人的には、不可能犯罪物というのは、感心する確率が極めて低く、手の込んだトリックやメカニカルな仕掛けを用いた作品ほど、肩透かしに感じることが多い。「Xストリートの殺人」など一部の作品を除くと、カミングスも例外ではなく、本作もさほど印象はよくなかった。
 とはいえ、個人の好みは千差万別、不可能犯罪ファンには、本作のような設定とトリックは堪らない魅力を持っているに違いない。ロバート・エイディも、“Locked Room Murders and Other Impossible Crimes”において、本作について「巧妙、複雑、上出来」と称賛を呈している。が、その一方で、「なぜまたペンネームを?」という疑問も付している。
 実は、本作が掲載されたMystery Digest誌には、本名のカミングズ名義で、‘Counsel for the Damned’という非シリーズ物の中編も掲載されているのだ。カミングズは同誌の編集にも携わっていたので、同じ号に一度に自作を二作も掲載できたのだろうが、職権の濫用と思われるのを憚って、目立たないように名前を使い分けたのかもしれない。しかし、それなら、非シリーズ物のほうにペンネームを使えばよさそうなもので、同誌には過去にもバナー上院議員物を掲載しているから、なおのこと、こちらにペンネームを使ったわけはよく分からない。あからさまに二作載せたという体裁は回避したものの、ファンには、どちらも自分の作品だと知ってもらいたかったのかも・・・。
 その‘Counsel for the Damned’は、グレッグ・ショーという弁護士を主人公にした中編で、殺人の罪に問われた婚約者の無実を証明するために、自ら弁護を引き受けるというストーリー。不可能犯罪のようなトリックもないし、謎解きとしての要素も乏しく、むしろハードボイルド・タッチの作品で、アイロニーに満ちた結末が面白い。リファレンス・ブックやネット等の書誌でも見かけないので、貴重な作品と言えるかもしれない。



Mystery Digest
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示