ジョゼフ・カミングズ ‘Nobody Loves a Fat Man’

 ‘Nobody Loves a Fat Man’は、Mike Shayne Mystery Magazine誌1980年6月号に掲載されたバナー上院議員物のショートショート。

 FBIの捜査員が「いなご」という暗号名の共産主義スパイを逮捕するが、その男は、シセロー・ヒルという国務省職員が売国奴であることを告白する。ヒルは、外交政策の秘密を国務省のファイルから盗み出し、「いなご」に渡す手はずだったという。
 ヒルは、その秘密を記録したマイクロフィルムを睡眠薬サイズのカプセルに隠し、一人住まいの自宅に隠しているとの情報を「いなご」から得たFBIは、すぐさまヒルの身柄を拘束し、ヒルの体や衣服はもちろん、自宅も徹底的に捜索するが、マイクロフィルムは見つからない。
 スパイ活動を調査する特別上院委員会の議長だったバナーは、肥満気味の体を押して、自らヒルの自宅に調査に赴くが・・・。

 本編は、3頁ちょっとの分量のショートショートで、タイトルとは裏腹に、量も質も、いかにも軽めの作品だ。「デブを好む者はいないよ」というタイトルは、太り過ぎのバナーにダイエットを勧めた医師のセリフだが、作中の情報によると、バナーの体重は273ポンド(約124キロ)。286ポンド(約130キロ)のネロ・ウルフといい勝負だ。
 この体重が、実は重要な手がかりとなっているのだが、そのマイクロフィルムの隠し場所には、正直、呆気にとられてしまう。真面目に考えるより、単純に笑って楽しむことができれば、それで十分と言えそうだ。



Mike Shayne80.6
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示