ローレンス・G・ブロックマン ‘Death by Drowning?’

 ‘Death by Drowning?’は、Ellery Queen’s Mystery Magazineの1965年4月号に掲載された、ダニエル・ウェブスター・コーヒー博士物の短編。単行本未収録作である。
 コーヒー博士は、ノースバンクのパストゥール病院に勤める病理学者。その第一短編集“Diagnosis: Homicide”(1950)は、「クイーンの定員」に選ばれている。
http://fuhchin.blog27.fc2.com/blog-entry-72.html参照

 バート・ウィンクラーは、ノースバンクの労組のボスで、キュウリやトマトなどの野菜の収穫時期が来ると、トラック運転手たちにストを起こさせていた。事態を収拾して、中西部の食品加工業者に農産物を無事運搬できるかどうかは、彼の一存にかかっていた。ウィンクラーはこうして関係者から金をせしめていたが、生産者からも食品業者からも怨嗟を買っていた。
 ある六月の夜、ウィンクラーは溺死体となって川から引き揚げられた。ウィンクラーの乗ったジャガーが川に飛び込んだ音を二ブロック離れたところにいた夜間警備員が聞きつけ、事故に気づいたのだった。
 検死官は、事故による溺死であることは明白であり、検死審問の必要すらないと判断するが、マックス・リッター警部補は、どうしても納得できず、ウィンクラーの遺体をコーヒー博士の病院に運び込む・・・。

 ショートショートに近い短さであり、レギュラー・メンバーであるインド人の助手、ムーカージ博士は、本作品には登場しない。法医学上の専門知識を駆使してはいるが、プロットはいつもながらシンプルにまとまっていて、着地点がきれいに決まる結末が楽しい。
 第一短編集以来のシリーズの特徴を踏まえ、いったんは事故死と判断された事件が、コーヒー博士の手にかかると、実は他殺という結論が出るというパターンを踏襲している。フーダニットとしてのプロットもうまく組み立てられていて、作中に出てくるゲトラー・テストのなんたるかが分からなくとも、テストの結果からなにが引き出されるかは十分予測することができ、そこから犯人を特定することも読者には可能だ。
 コーヒー博士物の短編は佳品ぞろいなのだが、単行本未収録作品だけでも、一冊の短編集が編めるくらい残っており、放置されたままなのが残念だ。我が国では、“Diagnosis: Homicide”と第二短編集の“Clues for Dr. Coffee”すら全訳されておらず、その魅力が十分紹介されていないのは惜しい限りである。


EQMM65-4
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

以前ブログにコメントして頂いた根岸鴨です。
こちらのブログ凄いじゃないですか。何という情報量。プロの方の書いたコラムみたいになってて読みごたえがありました。
コメントもらってから、ブログをあらかた読みましたよ。面白かったです。

ありがとうございます

同好の士から認めていただけるとは嬉しいですね。
根岸さんのブログも楽しませていただきましたよ。
でも、私は国産ミステリをあまり読まないので
そっちのほうはからっきしなんです。
皆さんのブログから学ぶこともたくさんあるんですよ。
また訪問させていただきます。
プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示