ジョゼフ・カミングズ ‘Serenade to a Killer’

 ‘Serenade to a Killer’は、ジャック・エイドリアン編のアンソロジー“Crime at Christmas”(1988)に収録されたバナー上院議員物の短編。ロバート・エイディ編“Banner Deadlines”の書誌によれば、本来、Mystery Digest誌1957年7月号に掲載されたもの。

 バナー上院議員は、クリスマスの日、孤児院で子どもたちを前にスピーチをしていた。そこに、地方紙の記者をしているヴァール・グリフォンという青年がやってきて、殺人事件の調査を依頼する。
 青年の話では、キャスパー・ウールフォークという著名なピアニストが、邸宅の離れで射殺され、青年の幼なじみの女性が犯行を認めたという。オーラ・スパイアズというその女性は、ウールフォークの十歳になる娘の家庭教師をしていたが、内心では、ウールフォークの日常習慣や彼女に対する態度を嫌悪していた。彼女には夢遊病の兆候があり、その状態でウールフォークを射殺してしまったに違いないと考えていた。
 「ミュージック・ボックス」と呼ばれるその離れにはピアノが置いてあり、ウールフォークはピアノの前に座った状態で、額の真ん中を撃ち抜かれて死んでいた。ところが、現場には凶器が見当たらず、「ミュージック・ボックス」の周囲には雪が積もっていて、ウールフォーク自身が中に入って行った足跡しか残っていなかった。
 ドアも窓も閉じていたし、至近距離から撃たれていたため、射撃の名手が遠距離から撃ったとも考えられなかった。バナーは、犯人が雪の降っている間に犯行現場に来ていて、やんだあとに来たウールフォークを撃った後、そのまま中に隠れていた可能性と、二人とも降っている間にやってきて、やんだあとに犯人が被害者の靴を履いて後ろ向きに出ていった可能性を示唆するが、屋内を探しても誰もいなかったし、被害者は靴を履いたままだったので、どちらの可能性もないという・・・。

 「足跡のない殺人」といえば、『白い僧院の殺人』、『テニスコートの謎』、『貴婦人として死す』、『引き潮の魔女』、『月明かりの闇』など、カー(ディクスン)も得意とした不可能犯罪の古典的テーマだが、カミングスの処理は、こうした古典作品と比しても、そんなに荒唐無稽なものではない。フーダニットの面でも工夫があり、伏線もうまく張ってあって、読後感は悪くなかった。アンソロジー・ピースとして選ばれただけのことはあり、バナー上院議員物としては、佳作の部類に入るのではないだろうか。
 なお、同アンソロジーでは、ブライアン・デニントンというイラスト画家が、挿絵でバナー上院議員を描いている。うまく雰囲気を醸していて、おおむねイメージどおりか(もっと太っていてもよさそうだが)。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示