クリスティの長編戯曲化作品

 アガサ・クリスティの戯曲には、『蜘蛛の巣』、『評決』、『招かれざる客』などのオリジナル作品のほかに、もともとは長編小説として発表した作品を戯曲に書き直した作品が幾つかある。
 列挙すれば、『ナイルに死す』(1937)、『死との約束』(1938)、『そして誰もいなくなった』(1939)、『五匹の子豚』(1942)、『ゼロ時間へ』(1944)、『ホロー荘の殺人』(1946)で、それぞれの戯曲版の原題を年代順に記すと以下の通り。

“Ten Little Indians”(1943)     「そして誰もいなくなった」戯曲版
“Appointment with Death”(1945) 「死との約束」戯曲版
“Murder on the Nile”(1946)     「ナイルに死す」戯曲版
“The Hollow”(1951)         「ホロー荘の殺人」戯曲版
“Towards Zero”(1956)       「ゼロ時間へ」戯曲版(ジェラルド・ヴァーナーとの共作)
“Go Back for Murder”(1960)    「五匹の子豚」戯曲版


 このうち、『そして誰もいなくなった』と『五匹の子豚』の戯曲版についてはそれぞれ邦訳が刊行されているが、自伝や普通小説、旅行記すら翻訳されているほどの人気があるクリスティとしては、意外と未訳が残っている分野だ。
 これらの戯曲版の特徴は、オリジナルがポアロ物の場合はポアロを登場させないという点のほか、作品によってはオリジナル長編から結末を大きく変更していることにある。
 なかでも知られているのは、「そして誰もいなくなった」で、タイトルのもとになったマザー・グースの歌に二つのバージョンがあるのを利用して、長編と戯曲にそれぞれ異なる結末を与えている。
 それは、小説と舞台という、それぞれの設定を考慮してのものともいえるが、ルネ・クレール監督作品をはじめ、映画化されたものは戯曲版をベースにしている。戯曲版を知らずに映画を観て、「勝手に結末を変えた」と腹を立てる人がいたりするが、実はいずれの結末もクリスティ自身が考案したものなのだ。
 「ナイルに死す」戯曲版は、謎解きとしてのプロット構成に大きな変更はないが、大団円の設定の仕方が異なる。
 極めつけは「死との約束」戯曲版。設定や展開は小説版をほぼ踏襲しているが、謎解きのプロットという点では、小説版とはまったくの別物といっていいほど結末が大きく異なる。個人的には、元女看守とその家族関係という、ストーリーの核となる登場人物の設定を見事に活かしている点で、戯曲版のほうに軍配を上げたいと思う。
 「ホロー荘」以後はさほど斬新な変更は見られなくなるが、上記3作品がいずれも40年代という、クリスティにとって最も脂の乗った時代に書かれた戯曲であることを考えると、同じ設定や背景を用いながら新たなバリエーションに挑む彼女の実験精神と創作意欲が感じられる。
 上記戯曲作品のうち、「ナイルに死す」を除く作品は、米ハーパー社から出ている“The Mousetrap and Other Plays”に収録されている。同じく小説と戯曲の両分野で傑作を残したアイラ・レヴィンが序文を寄せており、15歳の少年の時に両親に連れられて「そして誰もいなくなった」の舞台を観に行ったエピソードなど、これもなかなか興味深い読み物となっている。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

濃いですね

クラシック・ミステリ・ファンとして、貴サイトを発見できた喜びを噛みしめています。

ところで、戯曲の“Murder on the Nile”と“The Hollow”には、雑誌掲載の邦訳があります。
「ナイル河上の殺人」(『宝石』昭和30年6月増刊号)と「戯曲 ホロー荘の殺人」(『ミステリマガジン』2010年4月号)です。
本になっていないので、あえて言及されなかったのかとも思いましたが・・・いちおう、念のため。
じつはどちらも、某公募系の書評サイトでレヴューした、個人的に思い入れのあるタイトルなのです。
それにしても、カランのコメントでも気になっていましたが、戯曲版の「死との約束」は面白そうですね。こうなるともう、原書にあたってみようかしらん(ロバート・バーナードの書誌では、1956年に劇化されたことになっていましたが、やはり絶頂期の40年代の作品なんですねえ)。

それでは、ますますのご健筆を祈念しております。
長文失礼いたしました。

Re: 濃いですね

「おっさん」さま

御指摘ありがとうございます。
個人で確認できる情報には限界もありますので、こうしたフォローをいただけるのは大変助かります。日本のリファレンス・ブックにも宝石掲載の「ナイル」について記載があるので知ってはいましたが、(私も生まれる以前の)入手困難な古い雑誌掲載をもって「刊行されている」とは言えないと思いましたので、あえて言及しませんでした(他の記事でもだいたい似たポリシーで書いています)。ミステリマガジンの「ホロー荘」は見のがしていました(そう言われると、なんとなく憶えはあるのですが、原書で読んでいたので買わなかったような気がします。)最近の掲載のようですので、図書館などで確認してみたいと思います。そういえば、「そして誰もいなくなった」も単行本とは別にミステリマガジンに掲載されたことがありますね。
なお、「死との約束」戯曲版は、1956年にサミュエル・フレンチ社から刊行されたので、書誌としては誤りではありませんが、ロンドンで初演されたのは1945年です。刊行までにこれほど間があいた理由は不明ですが。
ご教示に感謝いたします。

余計なカーテンコール

戯曲版「死との約束」に関する情報を、有難うございました。
すぐ本にならなかったのは、舞台の興行成績なんかが影響したんでしょうかねえ(売れないと判断された?)。
それが56年になって刊行された理由は、なんとなくわかりますね。「ねずみとり」のロングランと「検察側の証人」の大ヒットで、“ミステリ劇の女王”としてのクリスティに脚光があたり、版元が未刊のホンを引っ張り出してきたのではないでしょうか。

ミステリ劇の書き手としてのクリスティを考えるとき、その脚色の歩み(ストーリーの単純化と新たなサプライズの創造)という点で、「そして誰もいなくなった」から「ホロー荘の殺人」までの諸作は重要だと思うので、「死との約束」を含むこのへんのミッシング・リンクを、ハヤカワさんには埋めてほしいんですが・・・さて?

妄言多謝です。

Re: 余計なカーテンコール

以前、ニフティのコミュニティに書き込んでいた時も
そうでしたが、こうして未訳物を中心に情報発信するのは
一人でも多くの読者に未紹介の傑作に関心を持ってもらって
出版に向けたプレッシャーを作り出してほしい
という思いもあるからなんです。

あの頃はまるで紹介の乏しかったアリンガムやマーシュ
フリーマンなどがその後続々と翻訳が出るようになったのも
いろんな方たちが周囲に関心を広げていって
版元を触発し続けたからではないかと思っていますよ。

おかげで、当時は一人相撲だった作家の話題が
今はいろんな人と共有できるようになりました。
皆さんでどんどん声を上げていきましょうよ。
プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示