ローレンス・G・ブロックマン ‘Dr. Coffee and the Philanderer's Brain’

 ‘Dr. Coffee and the Philanderer's Brain’は、エラリー・クイーンのアンソロジー“Ellery Queen's All-Star Lineup”(1968)に収録された、ダニエル・ウェブスター・コーヒー博士物の短編。初出は、本国版EQMMの1966年8月号。

 H・レイトン・ウッズ博士は、ノーベル賞の有力候補に挙げられる原子物理学者だった。博士は、マカブラムズ空軍基地で最高機密に属する研究に携わっていて、ある日の深夜、基地にある自分の研究室に向かっていた。
 博士が立入禁止の入口に接近していくと、基地の哨舎にいたベルという歩哨が、博士を不審者と見なして、再三にわたって誰何して警告を発するが、博士は無視して接近してくる。ベルはやむなく、ライフルを威嚇射撃し、それでも無視して近づいてくる博士に、今度は頭を狙って射撃する。博士は絶命して倒れ、銃声を聞いた近隣の住民が警察に通報する。
 ノースバンク警察のマックス・リッター警部補が通報を受けて現場に来る。警部補は、撃たれたのも民間人なら、現場も民間地だと食い下がるものの、空軍基地から銃を撃った事故だという部外広報係将校の主張に、捜査の立ち入りを許されなかった。
 ウッズ博士の遺体は、パストゥール病院に運び込まれ、リッター警部補は、病院からコーヒー博士の自宅に連絡し、検死解剖を依頼する。すると、スペイン系の訛りのあるブルネットの女が警部補にウッズ博士の安否を尋ねてくる。警部補からウッズ博士は死んだと聞かされると、女は取り乱し、そのまま名も名乗らずに車で走り去る。
 コーヒー博士は警部補に、検死解剖の結果、ウッズ博士は弾丸で頭を撃たれたのが死因と説明するが、歩哨の誰何も威嚇射撃のライフル音も聞こえなかったのではないかという。ウッズ博士は、数年前に起きた事故で鼓膜が破れていて、耳が聞こえなかった。ところが、死体にも衣服にも、補聴器は見あたらなかったという・・・。

 補聴器の謎と事件に関与した女性たちの行動から、コーヒー博士は、やはり事故という結論をいったんは下すが、このシリーズの特徴らしく、改めて遺体の脳を検査した結果、ウッズ博士の死は、実は殺人であることが判明する。そのパターン自体は、いかにもコーヒー博士シリーズの面目躍如なのだが、残念ながら、本作に関しては、意外性も歯切れのよさもいささか弱く、プロットとしては生煮えだった。クイーンがアンソロジー・ピースとして選んだわりには、不出来な部類に入ると思われる。
 これで、第一短編集“Diagnosis: Homicide”、第二短編集“Clues for Dr. Coffee”の収録作以外で、未訳の中短編はすべてこのブログでご紹介したことになる。
 この機会に、コーヒー博士シリーズ全作品の書誌を以下にアップしておきたい。全部で長編1、中短編26に及ぶシリーズである。

Recipe for Homicide(1952) 長編

“Diagnosis: Homicide”(1950) 第一短編集
 But the Patient Died
 Rum for Dinner  ディナーにラム酒を(『ディナーで殺人を 下』創元文庫所収)
 The Phantom Cry-Baby
 Catfish Story  なまず物語(『エドガー賞全集 上』早川文庫所収)
 The Half-Naked Truth
 Deadly Back-Fire  やぶへび(『北村薫の本格ミステリ・ライブラリー』角川文庫所収)
 Brood of Evil
 Diagnosis Deferred

“Clues for Dr. Coffee”(1964) 第二短編集
 Old Flame
 No Taste for Tea  舌のつぶれた男(エラリークイーンズ・ミステリマガジン1959年12月号所収)
 Stacked Deck
 The Swami of Northbank
 Murder Behind Schedule  予定時間後の殺人(ミステリマガジン1970年7月号所収)
 The Square on the Hypotenuse
 Calendar Girl
 Kiss of Kandahar
 Wrong-Way Tosca
 The Wolf and the Wayward Wac

単行本未収録作
 Goodbye, Stranger (1964. 10)
 Death by Drowning? (1965. 4)
 Dr. Coffee and the Philanderer's Brain (1966. 8) “Ellery Queen's All-Star Lineup”(1968)所収
 Missing: One Stage-Struck Hippie (1970. 9) “Aces of Mystery”(1975)所収
 Dr. Coffee and the Amateur Angel (1971. 10)
 Dr. Coffee and the Pardell Case (1972. 6)
 Dr. Coffee and the Whiz Kid (1972. 11)  コフィ博士と天才児(『殺人心理学 下』早川文庫所収)
 Dr. Coffee and the Other Twin (1973. 5)  コフィ博士と双生児の片割れ(ミステリマガジン1997年10月号所収)


Clues for Dr. Coffee
“Clues for Dr. Coffee”の米初版ダスト・ジャケット
正面がコーヒー博士、右側がムーカージ博士
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示