ジョン・ロード “Death Pays a Dividend”

 “Death Pays a Dividend”(1939)は、プリーストリー博士の登場する長編。ジミー・ワグホーン警部が生涯の伴侶と出会う記念すべき作品でもある。

 12月の日曜の朝、シティで投資の仕事に携わるジェームズ・ハーリーフォード氏の家で、秘書のルパート・ベイルが死んでいるのが発見される。
 ハーリーフォード氏は、金曜からオランダに出張して不在であり、家には使用人しかいなかった。発見者は女中のアイヴィで、玄関ホールの階段の下にベイルが額を割られ、血まみれになって倒れているのを見つけたのだった。日曜の朝だというのに、秘書は正装した姿で死んでいて、来客の予定でもあったかのようだった。
 通報を受けたワグホーン警部は、秘書の死体が発見された階段が、玄関ホールから二階に続く石造りの階段であり、インクで付いた男物のスニーカーの上って行く足跡があるのに気づく。階段を上ったところにはワイヤーが張られていて、秘書はこのワイヤーに足を取られて階段を真っ逆さまに転落し、石段に頭をぶつけて絶命したものと思われた。階段は、前日の朝にアイヴィが掃除していたことから、ワイヤーはそのあとに張られたものと考えられた。
 ヒューズ・ボックスを調べると、配線が壊されていて、階段の照明がつかなくなっていたことから、秘書は暗がりの中でワイヤーに気づかなかったと思われた。秘書の死亡時間は7時頃だったが、ほかの使用人たちはみな最上階の部屋で寝ていて、下で事故が起きたとしても気づかなかったという。
 前日の夜9時半に、チャールズ・フェドンという来客が訪れていて、秘書のベイルが対応していたが、ワグホーン警部が来た時には、表のドアにはかんぬきがかかっていなかったことから、来客が帰ったあとに、ベイルがかんぬきをかけなかったものと思われた。ところが、タスウェルは、ベイルはこの上なく良心的で誠実な秘書だったし、そんないい加減なことをするはずがないと言う。
 ハーリーフォード氏の事務室を調べると、部屋は荒らされ、金庫の扉も開け放たれていた。金庫には、強い女性物の化粧品の匂いが残っていて、使用人の控室の暖炉からは、金庫で嗅いだのと同じ匂いの浸みた、Mというイニシャルの入った刺繍入りハンカチが見つかる。しかし、使用人の女たちもそんな匂いの化粧品は使わないし、誰もそんな匂いは知らないという。
 誰かが事務室の暖炉に火をくべて書類を燃やした形跡があり、灰の中からは、五ポンド紙幣の断片が見つかり、紙幣番号も判読できた。紙幣からはベイルの指紋が検出される。金庫の下からは、インクの空の瓶も見つかり、残っていた足跡は、このインクのせいで付いたものと思われた。
 さらに、事務室にはカメラが残されていて、帰宅したハーリーフォード氏は、残っていたフィルムから現像したネガを見て、金庫に入っていた書類を撮影したものだと証言する。ハーリーフォード氏によれば、その書類の内容が正式に発表される前に明るみに出ると、重大な結果をもたらしかねなかったと言う。
 ジミーはそこから、侵入者の目的はその書類の写真を撮って情報を盗むことであり、用心のために、階段にワイヤーを張っておいたが、気づいた秘書がワイヤーに引っ掛かって転落したのに気づき、逃げたものと思われた。
 前日来訪したフェドンは、チャリティの寄付を求める手紙をハーリーフォード氏に送ってきた人物だった。氏は、フェドンを家に呼んでベイルに話を聞かせることにし、ベイルに五ポンドを渡して、筋のいい話なら、そのお金を渡すように指示していたという。暖炉で見つかった紙幣の断片がそのお金と思われた。
 金庫の前に置かれていたペルシア絨毯が消えていたが、ジミーは、フェドンがその絨毯を質入れしたことを突き止める・・・。

 ハンカチの謎、絨毯に残っていた血痕とインクの染みの謎、非の打ちどころのない、良心的な秘書の死をめぐる動機の謎など、小技的な謎をいろいろ提示して全体のプロットを盛り上げているのだが、推理小説を読み慣れた読者には、やはり解決は見え見えではないかと思われる。手がかりも自明すぎて、「ゲームの慣習」によらずとも、けっこう簡単に謎解きを組み立ててしまえるようなところがあり、ロードにしばしばありがちな、プロットほぼ丸見えの作品だ。
 全体の構成も、事件発生から、関係者への尋問と例会での議論を経て、プリーストリー博士の推理で解決という定型パターンが既に確立していて、ストーリー展開は緩慢だが、まだ脂の乗っていた時期の作品だけあって、それなりに練り上げたことがうかがえ、印象はそんなに悪くない。
 ジミーは、ハーリーフォード家の料理人、ダイアナ・モーペスに入れ込んでしまい、ラストで自分のために料理を作ってくれとプロポーズする。次作“Death on the Boat Train”(1940)は、二人が新婚旅行から帰ってきた直後の事件であり、クラパム・コモンを見渡せる小さなアパートで新婚生活を送っている。ダイアナは“The Fourth Bomb”(1942)にも登場し、夫と仲睦まじいところを見せている。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示