ロムニー・プリングルの初版

“The Adventures of Romney Pringle”(1902年)は、オースティン・フリーマンが、ソーンダイク博士のシリーズを公にする以前に、ジェイムズ・ピトケアンとの共著でクリフォード・アシュダウン名義により出版した短編集。
 古典物に詳しい人ならご存知だろうが、ウォード・ロック社から出た同書の初版本は、エラリー・クイーンが『クイーンの定員』の中で特筆しているほどの希少本で、世界中で10冊も残っていないらしく、もとより私も所持しているわけではない。
 もともとこのシリーズは1902年にカッセル誌に連載されたもので、フレッド・ぺグラムの挿絵が入っていた。初版本には、雑誌掲載時にあったペグラムの挿絵の一部しか再録されていないらしいが、クイーン自身は、フリーマンの私蔵本を所持していたようで、これには残りの挿絵も追加で綴じ込まれていると『クイーンの定員』の中で言及している。
 1968年に米トレイン社から出た版にはぺグラムの挿絵は収録されていないが、カナダのバタード・シリコン・ディスパッチ・ボックスから出ているオムニバス本には、カッセル誌にのみ載ったものも含めて全イラストが再録されているので、参照が容易になった。
 実は、同書初版本には二種類あることが知られている。見分けは簡単で、装丁が青と赤の二種類があるのだ。デビッド・イアン・チャップマンの書誌によれば、フリーマンとピトケアンの私蔵本にのみ全挿絵が収録されており、これらが赤い装丁である点からみて、同じ初版でも赤い装丁の方が優先的な版ではないかとのことだ。
 なお、ぺグラムは、ピアスン誌に連載されたソーンダイク博士シリーズの挿絵で知られるイラスト画家のヘンリー・マシュー・ブロックのいとこであり、義兄にも当たる。ブロックが同シリーズの挿絵を手掛けたのは、こうした縁があってのことかもしれない。
 初版は持っていないと言ったけれど、実はオリジナルの短編が掲載されたカッセル誌の合冊本のほうは幸運にも手に入れることができた。この合冊本には、フリーマンによる「イギリスの海岸の灯台」というノン・フィクションも収められていて、写真も豊富に掲載されているのが興味深い。(カッセル誌のオリジナルと比較すると、バタード・シリコンのオムニバス本収録の挿絵はやや不鮮明で、しかも一頁全体の大きさのイラストについては縮小して載せているのが玉に瑕。)
 ブロックの挿絵が描かれたソーンダイク博士物のピアスン誌はすべて持っているので、スキャナーをゲットしたら、いずれ画像をアップしたいと思っている。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示