フリーマン『猿の肖像』の現物写真

 オースティン・フリーマンの創造したソーンダイク博士の大ファンなので、ここ数年の間に次々と邦訳が出版されたのがとても嬉しい。
 ただ、残念なのは、“The Stoneware Monkey”の邦訳『猿の肖像』(長崎出版)に、標題の陶器の猿の写真が収録されていないこと。
 英ホダー&スタウトン社の初版(1938年)には、冒頭と途中に計二枚の写真が挿入されている。第二版以降は載っていないようだし、バタード・シリコンのオムニバスにも掲載されていないので、邦訳は底本として初版を利用できなかったのかもしれない。
 フリーマンは実証精神の旺盛な人だっただけに、しばしば作中にスケッチや写真を挿入した。特に知られているのは、“John Thorndyke’s Cases”(1909年)で、英チャトー&ウィンダス社の初版には、靴跡や暗号などのスケッチのほか、綿毛や毛髪横断面、砂などの顕微鏡写真が収録されている。“The Puzzle Lock”(1925年)の英初版にも、標題作(邦訳「文字合わせ錠」『暗号ミステリ傑作選』(創元推理文庫)収録)に出てくる印章の蝋型の写真が冒頭に載っている。
 長編では、この“The Stoneware Monkey”だけが写真を掲載している。作品のプロットの要でもあるので、ようやくスキャナーをゲットした最初の成果に、ここにその二枚の写真を掲載しておきたい。

猿1
猿2
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

The Mandarin's Pearlの謎

はじめまして。
 フリーマンについてお詳しいようですので、ご存じでしたらご教示下さい。
 John Thorndyke’s Cases (1909)収録のThe Mandarin’s Pearlで、ソーンダイク博士はsketch 1やsketch 2など、いかにも図がありそうな説明をしています。しかし、ぼくが所持しているChatto & Windusの再版本(1916)には図はありません。他の挿絵や写真はあるので、その図だけ初版から抜けているとも考えにくい。
 そこで、職権を乱用して初出誌のコピーを取り寄せましたが、やはり図はありませんでした。レイアウトの関係でありがちなことなので、もしかしたら図は別ページにあるのではないかと思って再度問い合わせましたが、図はないという回答でした。しかし、いまだに疑念をぬぐい切れません。初出誌ではどうなっているのでしょうか? やはり脱落しているのでしょうか? 同趣旨の質問をCADS 58に掲載してもらったのですが、1件しか回答が無く、ぼくの疑問を払拭してくれるものではありませんでした。
 よろしくお願いします。

 小林晋さんからコメントをいただくとは予想もしておりませんでした。我が国においてアリンガムやレオ・ブルースなどの紹介にご尽力いただいていることは、ファンの一人として本当に感謝しております。今度ともますますのご活躍を期待しております。
 実は私も、10年以上前になりますが、“John Thorndyke’s Cases”の初版を入手した際、全く同じ疑問を抱きました。と言いますのも、収録作の中でスケッチや写真が全く入っていないのは、「青いスパンコール」と‘The Mandarin's Pearl’の二作のみであり、しかも前者については、雑誌掲載時に写真が掲載されていたことをドナルドスンの研究書で知っていたからです。
 明らかにスケッチの存在を指示する言及があるにもかかわらず、‘The Mandarin's Pearl’だけが何もないはずがなく、オリジナルの雑誌版にはあったのではないかと思うのは自然な推測で、以前、ニフティにそんなコメントを書き込んだことがあります。
 ところが、実際にピアスン誌を入手してみると、当てが外れてしまい、載っているのはH・M・ブロックの挿絵だけでした。
 ただ、このブログの記事でも書きましたが、単行本版になくて雑誌版に載っている写真がある一方で、雑誌版にないのに単行本版にある写真やスケッチもあるのです。つまり、両者は相補的なものであり、いずれもとりこぼしがある疑いも残るのです。ということからすると、‘The Mandarin's Pearl’については、フリーマンが本来用意したはずのスケッチを、単行本、雑誌ともに、とりこぼしてしまった不幸な例なのではないかと疑っております。
 せっかくお問い合わせいただきながら、満足のいく回答を差し上げることができず申し訳ありません。この機会に、‘The Mandarin's Pearl’のピアスン誌掲載のH・M・ブロックによる挿絵をブログにアップしておきます。

ROM

 やはりありませんでしたか。
 作家と創造された探偵を同一視するのはどうかと思いますが、フリーマンはかなりまめで几帳面な性格のような気がしています。単行本化の際に校正刷りをチェックしていれば、図がないことに違和感をおぼえるはずなのに、どうして加えなかったのだろうと不思議に思います。
 丁寧なご回答ありがとうございました。
 ところで、ROM(Revisit Old Mysteries)の会員でなかったら、是非ご入会ください。もしかしたら、すでに加瀬氏からコンタクトがあったかもしれません。

 「青いスパンコール」も、なぜ単行本化の際に写真が落ちてしまったのか、よく分かりません。当時の印刷技術では、紙質の違う写真や挿絵の頁を随所に挿入するのは手間だったでしょうし、イラストも手の込んだものだったりすると、印刷用に組むのが難しかったのでしょうか。コストにも影響するでしょうし、案外、出版社側の事情のような気もします。
 長編についても、本来は写真やイラストが存在したのではないかと思える作品が幾つもあります。例えば、“The Shadow of the Wolf”に出てくるコルクのボタン、『ポッターマック氏の失策』に出てくる足跡の写真などです。『ペンローズ失踪事件』や“The Jacob Street Mystery”に出てくる遺跡なども写真や図面があってもおかしくないと思うのですが、ホダー&スタウトンも、雑誌掲載時の写真をしばしば無視しているので、本来は用意されていたイラスト等を埋もれさせた可能性はあると思っています。だとすれば、実に残念なことですね。

これは貴重な

私の拙いブログにコメントを頂戴いたしまして、何やら「猿の肖像」の写真が拝見できるとのことで、お邪魔させていただきました。

なるほどー!猿だ。猿の像だ。これは確かに気になるオブジェクトだ。芸術的のようで、俗物的にも見え、どこかマンガチックな表情が素敵。にゃははw これは良いものを見せていただきました。

フリーマンの著作は未訳、あるいは入手困難なものが少なくないようで、私のように「図書館にあったら借りてみっかー」程度の情熱では、とてもカバーできませんw

日本での知名度はイマイチのようですが、好きな作家であることは変わりありませんので、他の記事も拝見させていただきますね。今回は貴重な情報、ありがとうございましたm(_ _)m

おっしゃるとおり、フリーマンは未訳のものが多くて
まだほかに面白い作品がたくさんあるのに
あまり知られていなくて、残念でなりません。
まだアップしていない情報もいろいろあって
自分だけの楽しみにしておいてももったいないので
これからも公開していきたいと思っています。
また機会があればお立ち寄りください。
プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示