G・D・H&マーガレット・コール “The Murder at Crome House”

 コール夫妻もまた、シモンズによって「退屈派」にカウントされた作家だが、実際、個々の作品の出来栄えにはかなりムラがあるし、ウィルスン警視の退屈な尋問が多くて、ストーリー展開も起伏が乏しく、プロットもとってつけた凡庸なものが多いため、読んでいてうんざり、結末でがっかりということがしばしば。しかし、ロードと同じで、全てが駄作なら記憶される作家になるはずもなく、最後まで楽しく読める作品ももちろんある。
 “The Murder at Crome House”(1927)は、夫妻の初期作品の一つで、シリーズ・キャラクターのウィルスン警視は登場せず、大学で歴史と経済の講師を務めるジェームズ・フリントが探偵役を務めている。多くの評者が指摘しているように、G・D・H・コール自身をモデルにした人物だ。

 フリントはウェストミンスター図書館から本を借りてくるが、最初に手にした心理分析の本がつまらなかったため、トロロープの本を手にする。すると、最初の本から滑り落ちたらしい写真が下に落ちているのに気づく。それは、テーブルの前に座った老人に、中年の男がリボルバーの銃口を突きつけている写真だった。フリントは、内輪で行ったお芝居の場面を撮った写真だと思う。
 フリントは翌日、写真のことを思い出すが、なくなっているのに気づき、掃除婦が暖炉で燃やしてしまったと思い込む。すると、写真に写っていた中年の男がフリントを訪ねてきて、心理分析の本に挟んだまま図書館に返却してしまった劇の写真を探していると告げる。フリントは、写真が焼き捨てられてしまったと伝えて謝るが、相手の男は、それなら仕方がないとあっさり諦めて辞去する。
 ところが、写真は無事残っていたため、フリントは、住所氏名も告げずに帰った相手の男に写真を返却するために、図書館に行って、その男がウィリアム・エクセター氏であることを突き止める。その名に聞き覚えのあったフリントは、クラブの昼食で同席した友人のアンダーウッド弁護士に写真の件を話し、エクセター氏のことを知らないか尋ねると、アンダーウッドは驚く。
 エクセターは六か月前に起きた殺人事件の関係者だった。被害者はクローム・ハウスの主人、ハリー・ワイ卿で、まさに写真と同じ状況で屋敷の書斎で射殺されたのだった。被疑者は、ハリー卿の義理の息子、オリヴァー・デ・ベロウという青年で、アンダーウッドのまたいとこと婚約していたことから、彼の事務所が弁護を引き受けた事件だった。
 オリヴァーは、母の再婚相手だったハリー卿に、母が遺した遺産を要求したが、詐称者と決めつけられ、拒まれたため、逆上してリボルバーを突きつけた。ところが、カーテンの影からマスクをした謎の男が現れ、リボルバーを奪われて追い払われたという。ハリー卿が殺されたのはその日の午後であり、オリヴァーが最後の目撃者だった。部屋に据えてあったカメラには、オリヴァーがハリー卿に銃を突きつけている写真が残っていたが、オリヴァーには犯行時刻のアリバイもあったため、証拠不十分で釈放されていた。
 エクセターはハリー卿の娘、マデリンの夫で、事件後に結婚していた。卿の遺産はマデリンがすべて相続したという。本に挟んであった写真は同じ場面を撮ったものと思われたが、リボルバーを突きつけている人物はオリヴァーではなく、エクセターになっていた。しかし、エクセターにはアリバイがあり、その写真も合成されたものと判明する・・・。

 “A Catalogue of Crime”の編者ジャック・バーザンとW・H・テイラーは、本作を“Fifty Classics of Crime Fiction 1900-1950”の一つに選び、“Murder in Print”の著者メルヴィン・バーンズも夫妻の代表作に挙げている。(バーンズは、ローズマリー・ハーバート編“The Oxford Companion to Crime and Mystery Writing”でもコール夫妻の項目を担当し、本作を夫妻の「ベスト長編とみなされている」としている。ほかには、“The Murder at the Munition Works”(1940)を推している。)“Twentieth Century Crime and Mystery Writers”でコール夫妻の項目を執筆しているジャンヌ・F・ベデルも、“Double Blackmail”(1939)と並んで本作をベストに挙げていて、コール夫妻の代表作として定評のある長編と言えるだろう。
 我が国では、邦訳のある『ブルクリン家の惨事』や『百万長者の死』などと比べると言及されることが少ないが、ウィルスン警視の登場しない非シリーズ物であるため、注目されにくいからかもしれない。
 バーザンとテイラー、バーンズも、夫妻の作品に退屈なものが多いことを認め、一致して「おざなり(slapdash)」という言葉を用いてプロットの弱さを指摘しているが、本作については錯綜したプロットの整合性や定型に陥らない展開を評価しているようだ。万能タイプの探偵が登場せず、素人探偵たちの試行錯誤が続く展開も、だれずに読者の興味を持続させる効果を持っている。ただ、バーザンたちも指摘しているように、慣れた読者であれば、犯人を見抜くのはさほど難しくあるまい。
 サブプロットがやや冗長で中だるみを感じさせる面もあるが、探偵役を務めるフリント、アンダーウッドをはじめ、登場人物たちにもそれなりに個性があって、親しみを感じさせるところも本作の魅力の一つといえる。単発の登場で終わったのが惜しいほどだ。黄金期の本格物らしく、挿入された二枚の図面も興を添えていて、クロフツのファンであればきっと楽しめる謎解きに仕上がっている。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示