レックス・スタウト『遺志あるところ』

 レックス・スタウトも最近次々と新訳が出るようになって嬉しい限りなのだけれど、いつもじれったく思うのは、原文の持つ味わいが翻訳ではなかなかうまく表現しきれていないこと。ウルフ、アーチー、クレーマー警部の掛け合いなども、「てにおは」で成り立つ日本語に直すと、どうしてもまどろっこしくなってしまうからだ。
 スタウトは初期作品ほど覇気があって、会話も活き活きしているし、見せ場も多ければ、プロットもしっかりしているものが少なくない。『腰抜け連盟』、『ラバー・バンド』、『シーザーの埋葬』などは、謎解きとしてもよくできた作品で、本格ファンでも楽しく読める作品ではないかと思う。
 初期作品の一つ、“Where There’s a Will”(1940)では、スタウトは、6枚のスナップ写真を挿入して読者に手掛かりを与えるという趣向まで凝らしている。
 写真を手がかりに挿入するとは、まるでオースティン・フリーマンにならったかのようで、エラリー・クイーンすらも手を出さなかった試みにチャレンジしているのが微笑ましく、この頃のスタウトが謎解きにも意欲的だったのがうかがえる。
 (ただ、一頁の片面に6枚のスナップ写真を押し込んだため、それぞれのサイズが小さくなりすぎて、作者がそこに隠した手がかりが必ずしも鮮明ではないのが惜しい。)
 謎解きの手がかりというのは、残された凶器や部屋の様子など、叙述だけでは十分に説明しきれない立体的なものが少なくない。図面やイラストを加える例が少なくないのもこのためだが、写真となるとさらに臨場感が増すというものだろう。
 デニス・ホイートリーやパトリック・クエンティンが参加した「クライム・ファイル」は、こうした趣向が高じて、手掛かりの実物を本の中に取り入れるところまで行ってしまったシリーズなのだが、長続きしなかった。ストーリーとしての厚みが弱くなり、無味乾燥になりがちという欠点もさることながら、コストや手間の問題もあったのではないかと思う。
 スタウトのこの作品も、米ファーラー&ラインハート社の初版にあった写真がのちのペーパーバック版などでは欠落してしまい、せっかくの趣向が活かされないまま版を重ねている。
 同書の邦訳(『遺志あるところ』)は光文社の「EQ」93年7、9月号に連載されたが、やはりのちの版を底本に用いているのか、この写真は掲載されていない。
 その邦訳でいえば、9月号の254頁目下段、「ひとわたり調べてもはっとするような発見には出くわさずじまいだった。」という文に続けて、元々は‘Here they are—reproductions of them:’という文があり、次頁に写真が掲載されていた。


意志あるところ



 現在出ているスタウトのペーパーバックを見ると、作品ごとに著名な作家たちが序文を寄せて、ネロ・ウルフとその創造者スタウトにオマージュを捧げている。スタウトのウルフ物が今日に至るまでいかに人気の高いシリーズなのかを実感させられる。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示