J・J・コニントン “Nemesis at Raynham Parva”

 J・J・コニントンは、本名をアルフレッド・ウォルター・スチュアートと言い、グラスゴー大学、クイーンズ大学で教鞭をとった化学の教授である。このため、彼の作品は、窒素麻酔、ジギタリス中毒、広場恐怖症などの専門知識を駆使したマニア好みのプロットが多い。その反面、ストーリーテリングの才に欠け、人物描写も下手なことから、ジュリアン・シモンズをはじめ辛口の評をする人も多いし、広範な読者層に受容されるには至らず、ほとんど忘却同然の扱いを受けていた時期もあった。実際、“1001 Midnights”や“The Oxford Companion to Crime and Mystery Writing”など、コニントンの項目を設けていないリファレンス・ブックも珍しくない。
 ところが、最近、コニントンの作品が続々とペーパーバックで再刊されるようになり、以前紹介したカーティス・エヴァンズの“Master of the “Humdrum” Mystery”のように、コニントンを大きく取り上げた評論が登場するなど、リバイバルの兆しも出ているようだ。
 彼の作品の多くに登場するシリーズ・キャラクターは、州警察本部長のクリントン・ドリフィールド卿と地主のウェンドーヴァー氏だが、“Nemesis at Raynham Parva”(1929)は、クリントン卿が退職したあとの事件という設定で、ウェンドーヴァー氏は登場しない。代わって、地元警察のレドベリー巡査部長とピア巡査が登場するが、この二人は相性が悪い上に、レドベリーはクリントン卿にすら信を置かなくなる設定が面白い。

 クリントン・ドリフィールド卿は、レインハム・パーヴァという田舎に住む妹のアン・ソーナビー夫人を訪ねていく。ソーナビー夫人は、既に夫を亡くし、ファーン・ロッジという邸に、エルシー、ジョニーという二人の子と一緒に住んでいた。
 クリントン卿は、姪のエルシーが結婚したと聞き、てっきり以前親しくしていたレックス・ブランドンと結婚したものと思ったが、妹の話から、相手はヴィセンテ・フランシアというアルゼンチン人だと知る。ソーナビー夫人は、この結婚を快く思ってはいないようだった。エルシーはもうすぐ夫とともにアルゼンチンに行く予定で、友人のエステルらも同行することになっていた。
 その矢先、レインハム・パーヴァでクェヴェドというアルゼンチン人が車で溝にはまって事故死する事件が起きる。ドリフィールド卿は道中、ファーン・ロッジの女中のスタッフィンをめぐって、クェヴェドが彼女の恋人テディーと喧嘩している場面を目撃していた。一見事故に見えたクェヴェドの死は、実は殺人と分かり、テディーが逮捕されるが、クリントン卿は車の走行跡からテディーの無実を証明する。
 エルシーのかつての恋人、レックスはブラック・ブル・ホテルに滞在していた。クリントン卿は、同じホテルに滞在しているロカ医師という外国人青年に見覚えがあることに気づき、かつて国際連盟で情報員をしていた男と分かる。ロカは自分の素性と過去の経緯をクリントン卿に告白する。
 ロカは些細なことから恋人と喧嘩別れし、彼女はアルゼンチン人の男と結婚して、夫の母国に旅立った。ところが、その夫は人身売買による強制売春を生業とする男で、恋人は現地で隷属生活を強いられたあげくに病死していた。ロカは、恋人を騙した男を突き止めて復讐を果たすために情報員になったのだった。
 ところが、今度は、そのロカ医師が、車の炎上事故で死亡するという事件が起きる。クリントン卿は、現場検証から、それが事故に偽装した殺人であることを見抜く・・・。

 本作は、“Give A Dog A Bad Name…”(CADS21所収)の執筆者の一人、スティーヴン・リードビーターが「知られざる離れ業」としてコニントンのベストに推している作品。“A Catalogue of Crime”のバーザンとテイラーも、「叙述も十分だし、『フランシア』の造形も真実味がある」と好意的に評価している。
 メカニカルな殺害方法がいかにもコニントンらしいが、彼の作品としては展開に起伏があり、退屈さを感じさせない部類に入る作品といえる。だが、問題は根幹をなすプロットをどう評価するかだろう。
 クライマックスをなす事件は、実は最後のほうで起き、そのプロットの着想は、アガサ・クリスティやエラリー・クイーンの作品にも類似のヴァリエーションを見出せるものだが、そうした例に比べると、いま一つ効果的な斬新さがなく、かえってモラル面での疑問すら惹起しそうに思える。
 クリントン卿を退職者という設定にしたのもプロットと無関係ではないことに気づくが、そのあたりは作者自身にも迷いがあったことを示すものではないだろうか。クリスティなどに比べると、ややもすれば無理筋と思われかねないプロットを必ずしもうまく消化しきれていないのが、手放しでは評価しにくいところだ。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示