フィリップ・マクドナルド “X v. Rex”

 フィリップ・マクドナルドの“X v. Rex”(1933)は、かつて「新青年」という雑誌に『殺人鬼対皇帝』というタイトルで半分程度の抄訳で掲載されたことがあるらしい。「らしい」と書いたのは、日本のリファレンス・ブックにそう書いてあるものの、実物を目にしたことはないからだ。
 そんな私でも、中学の頃からそのタイトルだけは知っていた。なぜかというと、早川書房の「ミステリマガジン」の「響きと怒り」欄に、買取りや売却の希望を掲載する人がよくいたからだ。取引の対象になるほどすごい本なのかと当時思っていた。
 とはいえ、(手に取ったこともないのにあれこれ言うのもなんだが)この訳題はさすがにひどいと思う。
 イギリスは国王が形式上の統治者なので、刑事事件は国家を代表して国王が訴追者となる。だから、刑事事件の件名は、Rex v. ○○○(現在は女王なので、Regina v. ○○○)と表現する。(アメリカは共和制で主権者はあくまで人民なので、People v. ○○○となる。)
 フリーマンの短編‘Rex v. Barnaby’の邦題が「バーナビイ事件」となっているのは、だから、適切な訳だ。
 民事の場合であれば、原告(A)、被告(B)の順でA v Bとなる。映画「クレイマー、クレイマー」の原題は(邦題は肝心の vs.(ヴァーサス)を落として意味不明だが)、クレイマー夫人がクレイマー氏に対して起こした子供の養育権をめぐる訴訟だから、Kramer vs. Kramerとなる。
 マクドナルドのこの作品は、警察官が無差別に殺されていく事件を扱ったもの。原題は、未知の人物が警察という国家組織を相手に連続殺人を仕掛けていることに由来するわけで、敢えて意を取るなら、「国家に挑む謎のX」といったところか。いずれにしても、イギリスに国王はいても「皇帝」はいない。
 のっけからタイトルにこだわってしまったが、マクドナルドはXという言葉がよほどお気に入りだったようだ。『Xに対する逮捕状』もそうだが、“The White Crow”でも、実行犯の男をX、主犯の女をAと想定して推理を展開するくだりがある。
 内容としては、けして悪い作品とは思わなかった。挿話的に犯人の手記を章として加えたり、「脚注」と称して解説を加えるあたりは、この作家の作品にしばしばみられる独特の趣向。探偵役を務める謎のレヴェル氏の正体も、捜査に協力していた真の動機も、オチとしてはけっこう面白く、意外性もある。
 (ジュリアン・シモンズが“Bloody Murder”でネタばらしをしているが)衆人環視の中で警察官が至近距離から撃たれた謎は秀逸。車から撃つのは不可能であり、歩行者が犯人であれば、たとえサイレンサー付きで撃っても周囲が気づかぬはずはないという不可能興味が面白い。チェスタトンの「見えない男」を引き合いに出して本格ファンの興味をそそるのも心憎い。最後の犯行も、監視下にある警官に接近するために、犯人が突飛な手段を用いるのもちょっとした面白さだ。
 ただ、犯人像や動機の背景は説明不十分だし、最後に取って付けたように駆け込みで言い繕ってしまうものだから、どうしてもやっつけ仕事に見えてしまう。必然性のない表現や文章、会話を饒舌に書き加えて水増ししている感があるのも、この作家にしばしば見られる悪い癖だ。
 そうした欠点はあるものの、純粋なスリラーに近い“Murder Gone Mad”に比べても、謎解きファンを喜ばせる趣向やツイストが随所に取り入れられていて、過度の期待さえ持たなければ意外に楽しめる作品といえる。ジュリアン・シモンズが、辛口の評を与えながらも、『ライノクス殺人事件』と並べてマクドナルドの代表作に挙げているのも必ずしも不当ではないと思う。
 余談だが、「万華鏡」という章に、「ヴィクター・ゴランツ氏は、フランシス・アイルズがマーティン・ポーロック氏のペンネームであることを否定」というくだりが出てくる。マーティン・ポーロックはマクドナルドのペンネームで、この作品はまさにその名義で出されたもの。アイルズは言うまでもなくアントニー・バークリーのペンネームだが、当時、その正体が誰なのか話題になっていたのだろう。ゴランツ社の社長を引き合いに出してこんなエピソードを加えてしまうところに、マクドナルドの茶目っ気が表れていてニヤリとさせられる。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示