シャーロット・アームストロング『毒薬の小壜』

 『毒薬の小壜』(1956)は、1957年の米国推理作家協会(MWA)による最優秀長編賞を受賞した作品。ところが、邦訳は品切れ状態が続いていて、そんなに読者ニーズが低いのかと意外の念を抱く。
 詩の教師、ケネス・ギブソン氏は、ローズマリーという年の離れた妻と結婚するが、交通事故で足に障害を負ってしまう。事故をきっかけに妹のエセルと同居を始めた頃から、妻との間に隙間風が吹くようになり、妻の不倫を疑い始める。自殺を考えたギブソンは、大学の化学実験室から毒薬を盗み出すが、毒を入れたオリーブ油の小壜をうっかりバスの中に置き忘れてしまい、その行方を捜して、多くの人を巻き込みながら騒ぎが拡大していく、というストーリー。
 犠牲者を出さぬうちに小壜の行方を突き止めなくてはならないというデッドライン物のような印象を一見受けるが、実はこの作品のポイントはそんなところにはない。むしろ、バスの運転手や乗客など、毒薬の小壜を探し求める過程で接する関係者たちとのやりとりを通じて、次第にギブソンの家庭に潜む不幸の原因が明らかになっていくプロセスに主眼があるようだ。実際、恐ろしい猛毒の存在がストーリー展開の原動力だというのに、結局、この作品では死者も出なければ、犯罪らしい犯罪も起きない。いわば、毒薬は触媒の役割を果たしているにすぎない。だから、この作品をサスペンス小説と思って読むと肩透かしを食らってしまうのだ。
 敢えてサスペンスの要素を求めるとすれば、それは毒薬の小壜をめぐる追跡劇そのものより、妻への疑惑を触発し、家庭の幸福を狂わせた元凶が何であり、それがどんなやり方でそうした状況を作り出していったかが次第に解明されていくところにあるというべきだろう。そこにポイントがあることを意識しながら読めば、なるほど、この作品は優れた心理描写と人物造形を伴った傑作といえるかもしれない。
 ただ、もっと効果的なサスペンスを期待する向きならば、例えば、家庭に不幸をもたらした元凶に矛先を向けていく展開にすることもできたろうにと考えそうなところだ。ところが、本作に登場する人々は主人公も含めてやけに人のいい連中ばかりで、リベンジを志すような方向には誰も仕向けようとしない。しかも、不幸の原因が解き明かされるプロセスにしても、ギブソンが自ら気づく発見の醍醐味やサプライズがあるわけでもなく、赤の他人のはずの登場人物たちが妙におせっかいにギブソンに教え諭しながら明らかにしていくものだから、ややもすると鼻につくような説教臭さすら感じてしまう。さらには、どんでん返しの結末が待っているわけでもなく、ハッピーエンドで丸く収まるものだから、よけい拍子抜けしてしまうのだ。
 したがって、結局は大事件に発展することもなく、市井の一家庭の問題として片付いてしまい、サスペンス物としては薄味なところが、この作品の不人気の原因であるように思える。アームストロングが念入りに造形した登場人物とその心理描写に感心する読者ももちろんいるだろうし、それがエドガー賞を受賞した主たる理由と思えるが、大衆読者層はウールリッチ(アイリッシュ)のようなもっとストレートで分かりやすいサスペンスを求めそうなところだろう。
 なにやら批判めいた論調になってしまったが、ポイントを捉えながら読めば、確かに読み応えのある作品であることは間違いない。むしろ、サスペンスの巨匠による傑作という先入観が、この作品の正当な評価を妨げているのかもしれない。どちらかといえば、アイルズ(バークリー)のような犯罪心理小説の味わいを楽しめる通好みの作品ではないかと思うが、埋もれさせておくにはいかにも惜しい作品である。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

毒薬の小壜は読んでて凄く楽しかった本です。図書館で借りて読んだんですけど、手元に置いておきたくなる一冊だから、是非どこかで復刊してほしいですね。

No title

「毒薬の小壜」は好きな作品です。
ただし、ご指摘の通り、「サスペンスの名作」といったように紹介されたために、
実際と違う・・・という事になったたために、今の絶版があるのではないでしょうか?

またこの作品はアームストロングとしては異質なのも(それとも日本に紹介されているものだけでしょうか)損をしているのかもしれません。

好きな人は意外に多いはずの作品ですので、復刊されるとよいと思います。

コメントをいただいたお二人に感謝申し上げます。
お二人ともミステリ関連のブログを立ち上げておられて
いずれも拝見いたしておりますが、そこからしても
やはりこの作品のよさを理解して推す読者の方は
かなり通の方ではないかと思うんですね。

もちろん好みの問題もあるでしょうが
ウールリッチなどのストレートなサスペンスと違い
この作品の味わいを楽しめるような人は
ジャンルの作品をかなり読み込んだ読者だろうし
皮相的なサスペンスを期待する向きは
ポイントを捉え損ねる公算大ではないかと。

それだけに、『毒薬の小壜』、はてさて
そう簡単に重版になるのかなあ、と・・・。
似たようなことは、『法の悲劇』、『第八の地獄』
さらには、『お楽しみの埋葬』といった作品にも
あてはまるような気がしてるんですよ。

どれも個人的にはお気に入りなんですけどね。
いずれ、これらの作品もここで取り上げて
みたいと思っています。
どうもありがとうございました。

シャーロット・アームストロング

『毒薬の小壜』は何度か重版されていると思います。決して売れていないわけではないかと。アメリカのミステリ作家にはあまり好みの作家はいないのですが、シャーロット・アームストロングは個人的に好きな作家で、作品も全部持っています(全部読んだわけではありませんが)。たぶん人間に対する信頼みたいなものがあるからでしょう。読んだ後に心が温かくなる作品が多いと思います。Catch-As-Catch-Canはいずれ翻訳したいなと思っています。

確かに、『法の悲劇』や『第八の地獄』などに比べると
過去に何度か重版にはなっているようですので
極端に不遇な扱いを受けているわけではなさそうですね。
シムノンなどもそうですが、日本の読者には
どうもこうした心理描写重視の作品は
純粋な謎解きほどに受けない傾向がある気がします。
アームストロングの新訳、ぜひお願いしたいところです。
プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示