50のハウダニット――究極の密室ミステリ

 以前、ロラン・ラクルブらの“1001 Chambres Closes: Guide de lecture du crime impossible”でリストアップされた「天下一品」の密室ミステリをご紹介したが、今度は、ジョナサン・スコットという人が2009年に‘Book and Magazine Collector’という収集家向けの英国の雑誌に掲載した“50 Howdunits: The Ultimate Locked Room Library”を御紹介しよう。(ラクルブらのチョイスと並んでアップしている海外のサイトもあるようだ。)
 本文では上記のタイトルだが、表紙と目次では‘Top 50 Locked Room Mysteries’となっている。リストは発表年代順で、ポーからポール・アルテまでの50作品が選ばれている。収集家向けの雑誌らしく、リストには、各作品の内容紹介だけでなく、初版の取引価格の相場まで付されている。ちなみに、『三つの棺』は、状態のよいものだと800ポンドから1000ポンドするそうだ。私なら絶対買わないな・・・(笑)

エドガー・アラン・ポー  モルグ街の殺人
イズレイル・ザングウィル  ビッグ・ボウの殺人
ガストン・ルルー  黄色い部屋の謎
ジャック・フットレル  思考機械
M・D・ポースト  ズームドルフ事件
イーデン・フィルポッツ  灰色の部屋
G・K・チェスタートン  ブラウン神父の不信
ホレイショ・ウィンズロウ&レスリー・カーク  Into Thin Air
アラン・トーマス  The Death of Laurence Vining
フィリップ・マクドナルド  ライノクス殺人事件
フリーマン・ウィルズ・クロフツ  二つの密室
ヴァージル・マーカム  The Devil Drives
ドロシー・L・セイヤーズ  死体をどうぞ
ジェームズ・ドナルド  Six Were to Die
T・H・ホワイト  Darkness at Pemberley
S・S・ヴァン・ダイン  ケンネル殺人事件
R・E・スウォータウト  The Boat Race Murder
エラリー・クイーン  チャイナ橙の謎
ジョン・ディクスン・カー  三つの棺
C・デイリー・キング  空のオベリスト
アンソニー・アボット  About the Murder of a Startled Lady
レオ・ブルース  三人の名探偵のための事件
ヘレン・ライリー  Dead Man Control
デニス・ホイートリー  マリンゼー島連続殺人事件
ジョン・ロード  見えない凶器
クレイトン・ロースン  帽子から飛び出した死
アガサ・クリスティ  ポアロのクリスマス
H・H・ホームズ  Nine Times Nine
ヘイク・タルボット  魔の淵
ルーパート・ペニー  Sealed-Room Murder
クリスチアナ・ブランド  自宅にて急逝
エドマンド・クリスピン  消えた玩具屋
R・T・キャンベル  Bodies in a Bookshop
ハーバート・ブリーン  ワイルダー一家の失踪
高木彬光  刺青殺人事件
ヘレン・マクロイ  暗い鏡の中に
フレドリック・ブラウン  死にいたる火星人の扉
ピーター・アントニイ  衣装戸棚の女
デレック・スミス  悪魔を呼び起こせ
ナイオ・マーシュ  道化の死
ランドル・ギャレット  魔術師が多すぎる
マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー  密室
ピーター・ディキンスン  毒の神託
ビル・プロンジーニ  脅迫
ジョン・スラデック  黒い霊気
ダグラス・アダムズ  The Long Dark Tea-Time of the Soul
ポール・ハーディング  The Nightingale Gallery
エドワード・D・ホック  サム・ホーソーンの事件簿(1)
ギルバート・アデア  ロジャー・マーガトロイドのしわざ
ポール・アルテ  La Nuit du Loup


 長編、短編、短編集がごっちゃになっているのが気になるが、それはともかくも、こうして見ると、他のベスト表でもよく出てくるスタンダードな古典が選ばれている一方で、ウィンズロウ&カーク、ピーター・アントニイ、ルーパート・ペニーといった、明らかにロバート・エイディの影響と思われるチョイスが目につく。作品への評価は人によって千差万別なので一概には言えないが、これらの作品が「究極の」密室物と呼べるほどの傑作か、疑問に思うのはきっと私だけではあるまい。
 とはいうものの、ここに挙がっている作品は、フランス・ミステリに偏ったラクルブのチョイスよりまだ身近な印象があるし、高木彬光の『刺青殺人事件』を選んでくれているのも我が国の読者にとっては嬉しい限りだろう。ホイートリーの「捜査ファイル・ミステリー・シリーズ」も懐かしいなあ・・・(笑)
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示