「ディテクション・クラブ」はいつできたのか?

 「ディテクション・クラブ」の話題が出てきたついでに、クラブ設立の時期をめぐる謎について触れてみたい。
 ジョン・ロードは、“Detection Medley”(1939)の序文で、1928年に、アントニイ・バークリーが何人かの推理作家仲間に、定期的に夕食会を開いて議論する場を設けてはどうかと呼びかけたのが「ディテクション・クラブ」の始まりだったとしている。
 ところが、真田啓介氏は、邦訳『第二の銃声』(但し、国書刊行会版。創元文庫版は別人の解説を載せている)の解説の中で、バークリーから、(のちにクラブの初代会長になる)チェスタトンにクラブへの参加を求めた手紙を引き合いに出し、「実際のところはディテクション・クラブは一九三〇年に設立されたものらしい」として、ロードの記述に疑問を呈している。(同様の見解は、ダグラス・G・グリーン『ジョン・ディクスン・カー〈奇蹟を解く男〉』にも見られる。)そこから、「『毒入りチョコレート事件』の「犯罪研究会」は、むしろディテクション・クラブに先行するアイデアだったわけだ」と結論づけているのだが、はたしてそうなのだろうか?
 サイモン・ブレットは、“The Detection Collection”(2005)の巻末にクラブの略史を記しているが、これによると、クラブ創設の時期を1932年としているソースが多いものの、
 ・1930年の「タイムズ・リテラリー・サプリメント」紙に「ディテクション・クラブ」のメンバーたちが署名した手紙が載っていること
 ・リレー長編の「ザ・スクープ」と「屏風のかげに」がそれぞれ1930年、1931年に「リスナー」誌に連載されていること
を挙げ、「従って、1928年頃にアントニイ・バークリーと他の推理作家たちが非公式の夕食会で集まるようになり、その後、この夕食会がクラブの慣行として確立されていったというのが、「ディテクション・クラブ」の前史だろう」として、ロードの記述をほぼ受け入れている。
 ブレットは、これに続けて、チェスタトンの会長就任の時期について、ソースによって、1930年、1932年と異なる情報があることにも触れている。(仮にチェスタトンの会長就任と同時にクラブが設立されたと考えるなら、さらに1932年まで設立時期を遅らせなくてはならない可能性もなお残っているわけだ。)確実に分かっているのは、クラブの会則が定められたのが、1932年3月11日ということである。この会則で、会合を最低年4回開くということも定められたようだ。ブレットはそこまで明確に述べていないが、クラブ設立の時期を1932年とするものが多いのは、この会則制定を根拠にしているのかもしれない。(カーが1932年説を採っているのはそのためだと上記グリーンも考えている。なお、グリーンは、1930年1月4日付けの「会員名簿」の存在にも言及している。)
 つまり、もともとは、バークリーの呼びかけで、仲間内のカジュアルな夕食会(informal dinners)からスタートしたものが、続けていくうちに、さらに参加者を募ったり、会長を置いたり、会則も設けたりと、次第に組織としての体裁を整えていったというのが真相だろう。従って、チェスタトンの初代会長就任を決めた会合が仮に1930年のことだったとしても、これを根拠にクラブの活動開始時期を判断するのは早計というものだろう。会長設置をもって正式なクラブ発足と見なすのも一つの考え方かもしれないが、実際は、クラブは漸進的に組織の形をなしていったのであって、(法人の設立ならいざしらず)会長設置、会員名簿の作成、会則制定のような一定のメルクマールをもってクラブの活動開始を特定しようとすること自体、いささか形式的に過ぎると言わざるを得まい。
 つまるところ、初期のメンバーだったロードによる記述が事実に近い情報を伝えているとみるのが自然だろうし、よしんば正式なクラブ設立を1930年か1932年と見なすとしても、言いかえれば、セレモニー的な「ディテクション・クラブ」の設立やその名称の使用はのちのことだったとしても、チェスタトンに参加打診をした時点で影も形もなかったわけではなく、ブレットが判断しているように、それ以前にクラブとしての活動の実態は存在していたと考えるほうがもっともらしい。そうであれば、『毒入りチョコレート事件』(1929)で描かれた「犯罪研究会(Crimes Circle)」にしても、バークリーの観念の世界にのみ存在したものと見なすより、まだ正式な会長もいなければ、会則もなく、参加者も決して多くはなかったものの、カジュアルに集まっていた時期の、現実に存在した「ディテクション・クラブ」(その時点で実際そう呼ばれていたかどうかはともかくも)の姿をなにほどか反映したものだったと見てなんらおかしくはないのである。
 (追記:「ディテクション・クラブ」発足時のメンバーは26人とされているが、他方、小説の「犯罪研究会」のメンバーは6人。もちろん、小説としての設定もあるので、そのまま事実を反映したと見なすことはできないだろうが、案外、「ディテクション・クラブ」も当初はその程度の少人数の夕食会から始まったのかもしれない。バークリーが当初(1928年)呼びかけた相手は‘several writers’だったというロードの記述もこれを裏づけるように思われる。
 実際、ロードは、そうした夕食会が続けて開催されたあと、「これらの会合が大変好評だったので、会合出席に招待されてきた二十人ほどのグループで常設の「クラブ」を組織することにした」と書いている。まさにブレットの判断どおり、一連の夕食会を経てから組織だった「クラブ」へと発展していったことが窺えるのだ。人数もほぼ合致していることを考えると、これが1930年のことだったのだろう。1930年1月に「会員名簿」が作成された時に、「よーい、ドン!」でいっぺんにスタートしたわけではないのだ。
 「犯罪研究会」のメンバーの一人、ダマースがセイヤーズをモデルにしているという説も、バークリーが単に頭で思い描いたわけではなく、実際に最初期の「ディテクション・クラブ」にセイヤーズがメンバーとして参加していたと考えれば理解しやすい。)
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示