生みの親が寄せた探偵たちの略歴 “Sleuths”

 ケネス・マクゴワン編のアンソロジー“Sleuths”(1931)は、著名な探偵たちが活躍する23の短編を収録したアンソロジーである。と言えば、ごく当たり前のアンソロジーでしかないように聞こえるが、実は、この本には特別なボーナスが付いている。
 マクゴワンは、このアンソロジーのために、現役の作者たちに対し、それぞれの探偵の略歴の提出を依頼し、回答を得たものについては、各短編の冒頭に掲載したのだ。
 作家自身が寄せた略歴が掲げられているのは、マーティン・ヒューイット(作者:アーサー・モリスン)、クレイグ・ケネディ(アーサー・B・リーヴ)、ソーンダイク博士(オースティン・フリーマン)、アストロ(ジェレット・バージェス)、フィリップ・トレント(E・C・ベントリー)、マックス・カラドス(アーネスト・ブラマ)、フォーチュン氏(H・C・ベイリー)、ジム・ハンヴィ(オクタヴァス・ロイ・コーエン)、ウィルスン警視(コール夫妻)、ピーター・ウィムジイ卿(ドロシー・セイヤーズ)、ポジオリ教授(T・S・ストリブリング)の11人。
 11人にとどまっているのは、ポーのように既に物故していた作家はもちろん、現役の作家でも回答を得られない場合が多かったからのようだ。ポアロの具象化を嫌ったクリスティもやはり回答を寄せていない。回答がない場合には、編者が登場作品のデータなどを元に自ら略歴を作成して掲載していて、これもなかなかよく調べてあるのがうかがえる。
 意味深なのはブラウン神父で、編者は、過去も出自も含めてすべてが謎だとした上で、「チェスタトン氏は、ブラウン神父を謎のままにしておくことを望んでいる」と言及し、いかなる略歴も記さないことが作者自身の希望であることを明らかにしている。
 作家自身が作成した略歴には、実際の登場作品では得られない情報も豊富に載せられているのが興味深い。
 例えば、ソーンダイク博士については、生年月日が1870年7月4日、最初の事件は1897年のガマー事件とされているが、登場作品のどこを見てもこんな情報は出てこない。「生者および死者の人的特性を識別する方法」という研究論文があることも記されている。
 フィリップ・トレントも、フィリップ・マーシャム・トレントとフル・ネームが載っている。1881年4月11日生、出生地はシチリア島のタオルミーナ。画家だったという父親の名前も出ている。『トレント最後の事件』で結ばれた夫人との間には二男一女があったようだ。学歴や探偵としての経歴も詳しく記されていて、最初の事件はゲンメル列車殺人事件なのだそうな。どんな事件だったのか興味津々。
 『カリブ諸島の手がかり』でおなじみのヘンリー・ポジオリ教授の略歴は、1888年、ボストン生まれとされ、これも両親の名前、学歴や経歴などが詳細に記されたあと、最後に、「トリニダードにおいて、ヒンドゥー教徒、ブードマン・ラールの妻殺害の容疑で誤って有罪判決を受け、1929年1月20日、絞首刑」と結ばれている。
 ストリブリングの書誌を確認すると、この事件の記録が発表されたのは1926年なのだが、事件はそれよりあとに起きたことになる。その後の活躍とも併せて、ポジオリ教授の経歴は実にミステリアスなのだが、この略歴を見ると、さらに困惑させられる。まるで異次元ワールドに属するみたいな、本当に不思議な探偵だ。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示