デレック・スミスのオムニバス本

 余計なことは言わずに簡単に情報提供だけさせていただく。ROM叢書から発売されたデレック・スミスの『パディントン・フェアへようこそ』(Come to Paddington Fair)は、同書の原書が日本でのみ限定出版された稀覯本とされていたため、発売前から予約注文が殺到し、あっという間に完売してしまったとのこと。
 しかし、英語の読める方ならばご安心あれ。アルジー・ローレンス物の長編『悪魔を呼び起こせ』(Whistle up the Devil)と『パディントン・フェアへようこそ』、さらに、密室の謎も登場するセクストン・ブレイク物の長編“Model for Murder”、ショートショートの‘The Imperfect Crime’を収録した“The Derek Smith Omnibus”というオムニバス本が、現在、ペーパーバックで刊行されているからだ。(私も同書を入手していたため、邦訳は敢えてオーダーしなかった。)
 このオムニバスには、ロバート・エイディによる序文が付され、最初の二つの長編の末尾には、付録として、スミスからダグラス・グリーン、トニー・メダワーに宛てた手紙の抜粋や、数人の研究者による短いエッセイ等も収録されている。
 関心のある方は、米アマゾンのサイトでも、The Derek Smith Omnibusと入れて検索すればすぐ見つけることができるので、トライされたし。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示