スタンリイ・エリン『ニコラス街の鍵』

 『ニコラス街の鍵』(1952)は、『断崖』(1948)に続くスタンリイ・エリンの長編第二作である。
 物語は全五部からなり、ニコラス街に住む一つの世帯の家族や使用人が各部の語り手を務めている。アイレス家の主人、ハリーが、隣家に移り住んできた画家、ケイト・バルウと深い仲になり、妻ルーシルとの関係がぎくしゃくする矢先、殺害されたケイトの死体が地下室の階段の下で発見される、というストーリー。
 一つの事件を複数の人間の視点から叙述することで、事件の諸相を立体的に描きながら、アイレス家の家族に絡む人間模様を浮き彫りにしていくという構成の技巧が冴えている。サブプロットとして描かれる、ハリーの娘ベティナとケイトの友人マットとの関係も、こうした叙述の構成もあってうまくストーリーの中に融合している。
 テン・エイクという警察署長が事件の捜査に当たる描写も含め、一見するとフーダニット的な構成を持つ作品だが、推理の要素やプロット面での技巧は希薄であり、作者の主眼はアイレス家のメンバーの心理描写にあったと思われる。短編に見られるような切れ味の鋭い大団円の妙味はないが、その分、一人一人の人物描写は長編ならではの深みを持っているようだ。
 もっとも、五人の視点で同じ事件の経緯を語らせるという叙述の構成が本作の特長をなしている反面、同じ出来事を繰り返し聞かされるような煩わしさを感じる面がなくもない。『第八の地獄』をはじめ、長編でも高い評価を得たエリンだが、緊密な構成を持つ短編に比べると長編はやや弱いとよく言われるのは、こうした冗長さがつきまとう面があるからだろう。
 蛇足ながら、邦訳はどうも首を傾げる箇所が多かった。例えば、第二部の冒頭で、「アイレスの家系にはその背骨のある者は一人もなかった」と出てくる。この「背骨」の言及はそのあとも何度か出てくるのだが、まるでアイレス家の人たちは無脊椎動物みたいだ。おそらく原語は‘spine’で、この語は「気骨」とか「根性」といった意味で使われることも多い(‘backbone’でも同様だ)。この訳者はロードの『吸殻とパナマ帽』も手がけているが、これも残念ながら不自然で読みにくい文章に満ちた翻訳だった。本作はエリンの長編中でも評価の高い作品だけに、できれば改訳してほしいところだ。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示