ヘレン・マクロイ『あなたは誰?』刊行予定

 ヘレン・マクロイの『あなたは誰?』(原題:Who’s Calling?)が9月にちくま文庫から刊行の予定です。
 アマゾン
 honto
 エルパカ
 Honya Club
 楽天ブックス
 紀伊國屋書店
 B・A・パイクもマクロイの傑作の一つとして挙げている作品であり、ベイジル・ウィリング博士が精神科医探偵としての個性と能力をフルに発揮した作品としてシリーズ中でも特別な位置を占めるものといえるでしょう。
 訳出に当たっては、ウィリアム・モロウ社の米初版(1942年)を底本に用い、英ゴランツ社の改訂版(1973年)も参照しました。米初版には第二次大戦関連の言及があちこちに出てきますが、改訂版ではその多くが削除されています。但し、改訂版には初版にない章題が加筆されているため、これは翻訳でもゴランツ社版から補って加筆しました。
 
 ストーリーのさわりをご紹介すれば・・・

 ニューヨークのナイトクラブの歌手、フリーダ・フレイは、アーチーという精神科医の卵と婚約していた。アーチーの母親に挨拶するため出発する直前、フリーダに謎の電話がかかり、現地に行けばあらゆる不快なことが待っていると脅される。フリーダはその声に聞き覚えがなかった。彼女は警告を無視してアーチーとともにウィロウ・スプリングにやってくる。
 アーチーの母親、イヴはロマンス小説作家だったが、アーチーの進路の妨げとなるフリーダを内心嫌っていた。二人が到着した晩、フリーダの部屋に再び謎の電話がかかるが、電話は屋内の内線を使ってかけられたものと分かる。フリーダがアーチーを探しに部屋から離れたすきに、彼女の部屋は何者かによって荒らされる・・・。

 事件はその後、殺人へと発展していきますが、あとは本編をお読みいただいてのお楽しみということでご容赦ください。

 なお、本作の刊行にあたっては、編集者の藤原義也氏に多大のご尽力を賜りました。完成に至るまでのプロセスはまさに藤原氏との共同作業であり、改めて藤原氏にこの場を借りて厚く御礼申し上げる次第です。



初版ジャケット
ウィリアム・モロウ社初版ダスト・ジャケット


余談ながら、私の所持する“Who’s Calling?”初版には、ジムという男性に宛てたマクロイのサインが書き込まれています。
サイン
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

祝・商業出版

『あなたは誰?』刊行おめでとうございます。これまでROM叢書でいろいろ訳されていたので、商業出版の手助けができればと願っていましたが、結局お力になれませんでしたので、今回のお知らせをうかがい喜んでいます。ミステリを翻訳していても、その知識がある翻訳家は少ないので、今後のご活躍を願っています。

ありがとうございます。小林先生には大変お世話になりました。
翻訳紹介をして一番嬉しいと感じるのは、自分がいいと思った作品を読んでもらい
同じようにその作品をいいと思ってくれた読者の方がいたと知った時です。
これからもその感動と喜びを得る機会を持てるなら、ぜひそうしたいと願っています。
私自身、小林先生が訳してこられたレオ・ブルースなどを通じて
新たな作品と出会う機会を得てきた読者の一人でもありますから。
大先輩としてどうかこれからもご指導ください。
プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示