エルスペス・ハクスリー『サファリ殺人事件』

 エルスペス・ハクスリーは、5歳の時に両親とともに英領ケニアに移住し、18歳まで過ごした。“The Flame Trees of Thika”など、アフリカを題材にした著書がよく知られている。『野生のエルザ』の著者、ジョイ・アダムソンの友人でもあった。なお、彼女の夫、ジャーヴァスは、『素晴らしい新世界』の著者として知られるオルダス・ハクスリーのいとこに当たる(彼女自身は血縁ではない)。
 ハクスリーは、東アフリカの英領チャニアを舞台にした、ヴェイチェル警視の登場するミステリを三作残している。『サファリ殺人事件』(1938)はその二作目に当たる。邦訳があるのでストーリーの詳細は省くが、宝石盗難事件の捜査の依頼を受けたヴェイチェルが、身分を隠してハンターとして潜入したキャンプで、宝石の所有者だった富豪の夫人が射殺される・・・という展開。
 本書を読んでいて一番新鮮に感じられるのは、作者自身の実体験に裏打ちされたアフリカの描写の生々しさだろう。そこに暮らす人々のありさまはもちろんのこと、野生動物の描写ひとつ取っても、百科事典から引っ張ってきたような薄っぺらさとは無縁の、生き生きとした現実味を感じさせる。
 植民地時代のアフリカを描いた文学としてはなかなか貴重なものと思われるが、ミステリとしてはどうだろうか。アフリカにおける狩猟の知識などもプロットに活かされていて、興味深い点はいろいろあるが、全体としては凡庸な出来栄えと言わざるを得ないだろう。“A Catalogue of Crime”の編者、バーザンとテイラーは、全体としては「一級品」と称賛しているが、のちに“Fifty Classics of Crime Fiction 1900-1950”を編集した時には、“Death of an Aryan”のほうを選んでいる。
 ところで、本書の邦訳は長崎出版から出ていたのだが、同社の倒産に伴い、この邦訳も既に入手困難になっている。昨今の我が国における出版不況は海外ミステリの世界にも暗い影を落としつつあるようだ。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示