アントニイ・バークリー “The Roger Sheringham Stories”

 まさか出ないだろうと思っていた『パニック・パーティ』まで翻訳が出て、ロジャー・シェリンガムのシリーズは全長編が紹介された。
 数年前に原書で読んだが、絶海の孤島に置き去りにされ、招待者が殺されるという期待をそそる設定にもかかわらず、限られた空間の中でメンバー達が試行錯誤を続けたり、異常行動に走るという単発的な出来事を繰り返しているだけで、必然的なストーリー展開に欠け、退屈で仕方なかった印象がある。
 とはいえ、クリスティの『そして誰もいなくなった』や、(下記“The Avenging Chance and Other Mysteries”の序文でトニー・メダワーらが指摘しているように)ウィリアム・ゴールディングの『蠅の王』を先取りしたような設定は確かに効果的で、これらの傑作と比較しては気の毒だが、要は、推理小説としてのルールにこだわらず、シェリンガムを使って冒険小説的な試みをしてみたかった作者の遊び心を買ってもいいのでは、と今は思っている。とはいえ、これがシェリンガム最後の作品かと言われるとちょっとさみしい。
 全体としては、どんでん返しや面白いアイデアが豊富で、実験精神に溢れたシリーズだったし、シェリンガムというアンチ・ヒーロー的「迷」探偵の創造もユニークで印象に残る存在だったのではないかと思う。
 そのロジャー・シェリンガムが登場する短編や脚本を収録しているのが、95部限定で出版された“The Roger Sheringham Stories”(1994)。これには、編者エアサム・ジョンズの序文に続けて、以下の作品が収録されている。

 Temporary Insanity
 The Avenging Chance    邦訳「偶然の審判」(『世界短編傑作集3』創元社)
 Direct Evidence
 Double Bluff
 Perfect Alibi          邦訳「完璧なアリバイ」(ミステリマガジン93年4月号)
 White Butterfly         邦訳「白い蝶」(EQ83年5月号)
 The Wrong Jar         邦訳「瓶ちがい」(『名探偵登場3』早川書房)
 Razor-Edge           邦訳「のるかそるか」(EQ94年1月号)
 Red Anemones
 ‘Mr. Bearstow Says…’   邦訳「ブルームズベリで会った女」(ミステリマガジン82年1月号)

 なお、エアサム・ジョンズの序文には、‘The Body’s Upstairs’という短いパロディ作品と、‘Seaside Story’というシェリンガムの登場を想定していたと思われる長編の簡単なシノプシスとメモが含まれている。
 「偶然の審判」は、雑誌掲載時の編集による短縮版が(邦訳も含め)一般に流布しているバージョンだが、同短編集にはオリジナルの長いバージョンが収録されている。
 上記のうち、「偶然の審判」、‘Double Bluff’、「完璧なアリバイ」、「白い蝶」、「瓶ちがい」、「ブルームズベリで会った女」、‘The Body's Upstairs’は、クリッペン&ランドリュ社の“The Avenging Chance and Other Mysteries from Roger Sheringham’s Casebook”(2004)にも再録されている。
 同書には、さらに、2000年に新たに発見された‘The Mystery of Horne’s Copse’という中編と、モーズビー主任警部がシェリンガム抜きで活躍する短編‘Unsound Mind’(邦訳「不健全な死体」ミステリマガジン06年3月号)も収録されている。
 両短編集により、未完の断片を別にすれば、シェリンガム物の短編がほぼ網羅されているとみていい。
 クリッペン&ランドリュの短編集が、‘Temporary Insanity’、‘Direct Evidence’、「のるかそるか」、‘Red Anemones’を省いているのは、主に重複を避けるためのようだ。
 ‘Temporary Insanity’は、長編『レイトン・コートの謎』を基にした劇用脚本。これを省いた理由はよく分からない。
 ‘Double Bluff’は、‘Direct Evidence’とほぼ同じ設定で物語が展開するが、結末が大きく異なり、後者のプロットをさらにひとひねりした改稿版と考えられる。
 ‘Red Anemones’、「のるかそるか」、「ブルームズベリで会った女」の三篇は全体の大枠がほぼ共通し、相関関係にあるとみられる。クリッペン&ランドリュの巻末のチェックリストによれば、最初に書かれたのが短編「のるかそるか」で、これを元にラジオ用脚本‘Red Anemones’が作られ(1940年6月にBBCラジオで放送)、最後に短編「ブルームズベリで会った女」が書かれたらしい。
 このため、クリッペン&ランドリュはそれぞれの最終バージョンを採用したわけである。
 クリッペン&ランドリュの取捨選択の方針はそれなりに理解できるが、バークリーの構想の発展プロセスを知るというだけでなく、それぞれのプロットの違いを楽しむことができるという意味でも、異版を省いてしまったのは惜しい。
 特に、‘Double Bluff’と‘Direct Evidence’のプロットの違いは、前者がどんでん返しを好んだバークリーらしい改稿になっているとはいえ、よりすっきりした後者のプロットをよしとする向きもあるのではないかと思う。
 なお、私の所持している“The Roger Sheringham Stories”は、95部の正規版ではなく、その校正刷として5部だけ印刷されたものの1部。この校正刷には、‘The Man Who Could Hear’という、正規版に含まれていない非シェリンガム物の短編が最後に収録されている。編者によれば、この短編を収録する許可が得られなかったので、非売品の校正刷のほうに収録したとのこと。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示