言外に込められた作者の工夫 クレイトン・ロースン『帽子から飛び出した死』ほか

 ミステリの仕掛けは、作家がペンやタイプライターで記した本文の中にのみあるとは限らない。挿入されたイラストや写真などはもちろん、装丁やダスト・ジャケットにまで作者の意図が込められている場合がある。
 コレクターの中にはジャケットを珍重する人がいて、ジョン・クーパーとB・A・パイクの“Artists in Crime”(1995)のように、集めたジャケットの写真を紹介するリファレンス・ブックまで世に出している例もある。
 このあたりになると個人的な趣味の領域になるので、善し悪しをとやかく言うのは憚られるが、実際に眺めてみると、こうしたジャケットのデザインは、断末魔の苦悶に顔をゆがめる被害者、血を流して横たわる死体、色っぽい目つきをしたグラマーな女性・・・などなどと、扇情的で俗悪なものも少なくないと感じる。時には作家自身もそんなデザインを嫌っている場合もある。
 しかし、中には、作家自身が肝いりで装丁やジャケットを考案し、本全体が一体となって作者の意図を表している作品もある。そこには、作品に対する作家の思い入れが感じられるだけでなく、内容の理解を促すための工夫が施されていたりもする。
 例を挙げれば、オースティン・フリーマンの“Mr. Polton Explains”(1940)。その英初版のジャケットには、作品に登場するポルトン氏の時計をフリーマン自身が描いたイラストが使われている。


ポルトン氏の時計


 また、“The Eye of Osiris”(1911)の英初版には2種類あることが知られていて、150部限定の特別な版の装丁には、フリーマン自身が大英博物館で描いた水彩画をベースに、表部分にはオシリスの眼、背部分には円柱のデザインが描かれている。(表部分は、このブログの「フリーマンのベスト長編」という記事にアップしてある。ここでは背部分をアップ。)


オシリスの眼


 中でも凝っているのは、クレイトン・ロースンの『帽子から飛び出した死』。
 米パットナム社の初版(1938)には、シルクハット、マジック用ステッキ、頭がい骨を組み合わせたシンボルが、ジャケットには写真、装丁にはイラストとして使われている。この写真とイラストはロースン自身が作成したもので、ジャケットの左隅には署名も添えられている。これは、その後の長編の初版にも使われていて、マーリニ物のシンボル・マークとなっている。(ここでは装丁のイラストをアップ。)


ロースンのシンボル



 さらに(文庫で出ている邦訳には残念ながら載っていないが)、冒頭に、サバット博士殺害のアパートの現場写真、第9章の前に、サーガットの木版刷りのイラスト、第14章に、デュヴァロ殺害のアパートの現場写真が挿入されている。


サバット現場


サーガット


デュヴァロ現場



 これらの写真は謎解きの手がかりとしても重要であり、作者が苦心して作成し、作品に立体感を与えるために加えた資料を、その後の版や翻訳が取り入れていないのは残念なことだ。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示