レックス・スタウト “The Mother Hunt”

 “The Mother Hunt”(1963)は、ネロ・ウルフとアーチー・グッドウィンが登場する長編。

 西35丁目のウルフのオフィスを一人の女性が訪ねる。9か月前にプールの事故で溺死したベストセラー作家、リチャード・ヴァルドンの妻、ルーシーだった。彼女の話によると、何者かが家の玄関の前に赤ん坊が置いてあることを彼女に電話してきて、玄関に出ると、そこには毛布にくるまれた赤ん坊が置かれ、毛布にはメモがピンで留められていたという。そのメモには、赤ん坊がリチャードの息子であることがほのめかされていた。ルーシーは、その赤ん坊が本当に亡夫の子なのかを知りたく、母親を突き止めてくれるようウルフに依頼する。
 赤ん坊が着ていたオーバーオールを調べると、白い馬毛でできたボタンが付いていて、市場に流通していない特殊な手製のボタンと分かる。ウルフはボタンに心当たりのある者を探すべく広告を出し、そこから、マホパックに住む、エレン・テンザーという、赤ん坊を預かることもある引退したナースがこしらえたボタンであることを突き止める。アーチーが彼女の家を訪ね、ボタンのことを質問するが、彼女は答えようとせず、アーチーを追い払い、その後、姿を消してしまう。翌日、マンハッタンに停められた彼女の車の中で、コードで絞殺されたミス・テンザーの死体が発見される・・・。

 タイトルは「母親捜し」を意味するが、ウルフも乗り気になれなかった退屈な調査から、思いもかけず殺人事件に発展するところが読者を引き込むストーリー展開の面白さといえる。ウルフは、リチャードの知人の情報から、リチャードが接触していた女性たちのリストを作り、該当期間中に出産した可能性のある女性を絞り込んでいくが、ソール・パンザー、フレッド・ダーキン、オリー・キャザーといういつものメンバーのほかに、チラリ登場ながら、もう一人のシリーズ探偵、ドル・ボナーもその調査に加わっているのがご愛嬌だ。
 ウルフは赤ん坊の母親を突き止めるが、彼女も同じくコードで締殺された死体となって発見される。ウルフが彼女に接触していたことを知ったクレイマー警視がウルフを追及するためにオフィスを訪れると、ウルフとアーチーはバックドアから逃げるという展開も本作のユニークなポイントだ。安楽椅子探偵としてオフィスから動かないのがいつものウルフだが、シリーズの中には、“In the Best Families”や“The Black Mountain”のように、そんなウルフに例外的に活発な野外活動をさせてユニークさを打ち出した作品もある。本作ではそれほど顕著な動きを見せるわけではないが、“The Black Mountain”への言及も出てくるように、ウルフをオフィスから外に出すことで、マンネリ化しかねないストーリー展開にちょっとした起伏を与えようとしたようにも思われる。実際、思わぬところでウルフと遭遇したクレイマー警視の驚きぶりもなかなか面白く、オフィスと違う場所でウルフが謎解きをする場面もそれなりに新鮮さがある。
 プロット自体はさほどオリジナリティのあるものではなく、この頃の作品らしく、いささか取って付けた感がなくもないし、ウルフとアーチーをはじめ、関係者たちとの会話にも全盛期の作品ほどの冴えはないが、まずまず読ませる楽しい作品といえるだろう。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示