J・J・コニントン “In Whose Dim Shadow”

 “In Whose Dim Shadow”(米題:The Tau Cross Mystery)(1935)は警察本部長のクリントン・ドリフィールド卿と地主のウェンドーヴァー氏の登場する長編。

 ダンベリー巡査は、夜間パトロールの最中、爆発音を耳にする。ダンベリーは子どもがアパートの裏庭で花火かなにかをしていると考えるが、アパートの入り口から飛び出してきたゲディントンという老人に呼び止められる。三階に住む彼は、下の部屋から銃声が聞こえたと言う。アパートの中に入って部屋を調べていったダンベリーは、壁を塗装中の空き部屋で顔を撃たれた男の死体を発見する。
 そのことを知らされたゲディントンは、ダンベリーが止める前に、「殺人だ!」と騒ぎ立てて外へ飛び出していき、聞きつけた野次馬が集まってくる。その中には、記者のバービカンもいて、ダンベリーやゲディントンから情報を聞き出そうと付きまとってくる。
 ダンベリーは部屋のマントルピースの上に、まだ新しいウォーキング・シューズが載っているのを見つける。男の死体はテニス・シューズを履いていたが、サイズはほぼ同じだった。フランス窓と暖炉の間に並んでいる塗料缶の一つがひっくり返っていて、塗料が床にこぼれていた。ダンベリーはそこに、何者かがこぼれた塗料を踏みつけたため、足跡を拭い取った痕跡があるのに気づくが、死体が履いていた靴にもマントルピースの靴にも塗料を踏んだ痕跡は見出せなかった。ダンベリーはさらに、塗料缶の陰に、血でぐっしょりのハンカチが落ちているのを見つける。のちに検査の結果、死体から出血した血とハンカチの血はそれぞれ別人のものと判明する。
 通報を受けてやってきたチェシルトン警部と同行してきた警察医は、さらに、被害者がゴム手袋をしていることに気づく。死体を検査した警察医は、男は至近距離から撃たれ、ほぼ即死だったと告げる。
 その後、ウェンドーヴァー氏とともに現場にやってきたクリントン卿は、警部に指示して、鉛筆を使って塗料の入った缶の中を探らせると、その一つになにかがあるのを察知する。塗料の中から取り出すと、それはT字形の小さな金の十字架だった・・・。

 コニントンらしいプロットの複雑さが顕著な作品で、“Masters of the “Humdrum”Mystery”の著者、カーティス・エヴァンズ氏も高い評価を与えている。重婚による二重生活が明らかになっていく被害者のスターンホール氏、日本の歴史と文化に憧れ、近代化しきってしまう前に日本に行くことを夢見るミトフォード氏など、登場人物たちの描写もなかなか面白く、コニントンの作品としては、さほどだれることなく読ませる。フーダニットとしての意外性も悪くない。エヴァンズ氏も特筆しているように、ラストのクリントン卿のセリフはなかなかアイロニーが効いていて痛烈だ。
 ただ、敢えて厳しめな見方で難点を指摘するなら、(米版のタイトルにもなっている)思わせぶりに出てくる十字架をはじめ、殺人現場の様々な謎めいた手がかりが、肝心の事件の真相と必ずしも直結しておらず、拍子抜けさせられることだ。(“A Catalogue of Crime”のバーザンとテイラーも似たような指摘をしている。)穿った見方をすれば、プロットを複雑にするために、必然性のないツイストを加えて混乱させたようにも思え、そのツイストを除くと、核となるプロットは意外と単純であることにも気づく。
 本作をほぼ完成した頃、コニントンは眼疾を煩い、さらに翌年、心臓発作を起こし、再び完全な健康を取り戻すことはなかった。エヴァンズ氏も指摘しているように、健康の衰えは創作活動にも影を落とし、コニントンの全盛期が思いのほか短かったのはかえすがえすも残念だ。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示