スチュアート・パーマー『ペンギンは知っていた』

 スチュアート・パーマーのヒルデガード・ウィザーズのシリーズは、長編だけでも14作(遺作の補筆完成版含む)あるが、残念なことに、邦訳は本作『ペンギンは知っていた』(1931:原題“The Penguin Pool Murder”)と『五枚目のエース』のみ。ユーモア・ミステリ的性格が強いものの、謎解きとしての骨格をしっかりと持っている作品が多く、日本人読者の好みに合いそうに思えるのだが、意外と紹介が遅れているようだ。
 本作は邦訳があるので詳しいストーリー紹介は省くが、小学校教師のミス・ウィザーズは生徒たちを引率して水族館見学に赴くが、ペンギンのプールに男が死んでいるのを見つけ・・・というお話。
 デビュー作のせいか、ユーモアも含めてやや控えめな印象を受けるが、本作にはシリーズを特徴づけるファクターがほぼ出揃っていると言えるだろう。冒頭のスリ捕縛をめぐるドタバタは、このシリーズらしいファルス的場面だし、コツコツ型の捜査を担うパイパー警部と、鋭い洞察で助言を与え、解決を導くミス・ウィザーズというコンビの特徴も既に打ち出されている。
 この二人は、常にフレンドリーな関係を保ちながら捜査で協力し合う名コンビだが、本作の結末で用意されている大団円は、その後の作品では何の説明もなくネグレクトされている(第二作“Murder on Wheels”によれば、警部は警報を聞きつけて土壇場になって彼女をタクシーに置いてきぼりにしてしまったらしいが)。おそらくはシリーズ化にあたって、デビュー作の設定をそのまま生かすほうがいいと作者は判断したのだろう。
 プロット自体は、フーダニットの意外性を狙うあまり、かえって作為を弄しすぎて見え見えになってしまい、推理小説を読みなれた読者には「ゲームの慣習」で見抜きやすいかもしれない。また、動機の設定が弱いのがパーマーの作品にしばしば見られる欠点で、それは本作にも当てはまる。とはいえ、デビュー作にしてはまずまずの出来と言えるだろう。クライマックスの法廷場面も見せ場づくりがうまく、テンションを高めながらも、最後は思わずクスリとなるようなユーモラスなシーンで締めくくっている。
 なお、邦訳もある短編集『被告人、ウィザーズ&マローン』は、クレイグ・ライスとの合作とされているが、病を患っていたライスを支援するために、実際はほとんどパーマーが単独で執筆したものらしい。
 私自身お気に入りのシリーズであり、このブログでも今後作品を取り上げていこうと思う。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示