なんでもありのディテクション・クラブ作品集 “Detection Medley”

 “Detection Medley”(1939)は、1930年代に集中して創作されたディテクション・クラブ主催の最後の作品である。リレー長編、犯罪実話、元警視とのコラボと、ユニークな試みを次々と打ち出したあと、アイデアがネタ切れになったのか、本書は標題通りのメドレー(寄せ集め)の観がある。その後は、1953年までディテクション・クラブとしての創作活動は停止するので、これが打ち止めのつもりだったのかもしれない。
 編者のジョン・ロードは、序言で、バークリーの呼びかけから、チェスタトンの会長就任を経て、その死に伴うベントリーへの会長交代など、ディテクション・クラブの略史を述べているが、なにやら幕引きに当たっての懐古談の雰囲気がなくもない。
 先に述べた通り、本書はまさに寄せ集めの性格が強く、短編もあれば評論もあり、既出の再録もあれば書き下ろしもあり、シリーズ物もあれば単発物もあり、一人で複数寄稿している作家もいるという具合だ。それだけに、バラエティに富んだ作品が多数含まれ、アマチュア探偵について語るミルンの序論をはじめ、その後の単行本には収録されていない貴重な作品もある。
 興味深いのは、ゴレル卿やE・R・パンションのような今日ではほぼ忘れられた作家達の作品も収められていること。ゴレル卿はクリスティとディテクション・クラブの会長職を共同で担ったこともあり、その経緯はブランドの回想録にも出てくる。パンションも同時代のセイヤーズから激賞された作家だった。こうした作家達の作品が読める点でも貴重なコレクションだと思われる。
 収録作品は以下の通り。


 序言                 ジョン・ロード
 序論                 A・A・ミルン
 The Lieabout            マージェリー・アリンガム
 The Same to Us           マージェリー・アリンガム
 Mr Bowley’s Sunday Evening(「ミスター・ボウリーの日曜の晩」)  H・C・ベイリー
 The Sweet Shot(「絶好のショット」)  E・C・ベントリー
 The Genuine Tabard(「ほんもののタバード」)  E・C・ベントリー
 A Slice of Bad Luck(「暗殺者」)  ニコラス・ブレイク
 Persons or Things Unknown(「目に見えぬ凶器」)  ジョン・ディクスン・カー
 The Best Detective Story      G・K・チェスタトン
 Wireless(「ラジオ」)       アガサ・クリスティ
 Death By Drowning(「溺死」)   アガサ・クリスティ
 Too Clever By Half         コール夫妻
 A Criminologist’s Bookshelf    J・J・コニントン
 The Match             フリーマン・ウィルズ・クロフツ
 The Hiding-Place(「ホット・マネー」)  カーター・ディクスン
 The Crime in Nobody’s Room(「見知らぬ部屋の犯罪」)  カーター・ディクスン
 All Square             エドガー・ジェプスンとロバート・ユーステス
 The Art of the Detective Story(「探偵小説の技法」)  R・オースティン・フリーマン
 Horseshoes for Luck(「幸運の馬蹄」)  アントニイ・ギルバート
 The Cockroach and the Tortoise   アントニイ・ギルバート
 The Shadow             ゴレル卿
 A Fly in the Ointment       ゴレル卿
 Blue Lias             イアンシ・ジャロルド
 Are Murders Meant?         ミルワード・ケネディ
 Murderers in Fiction        ミルワード・ケネディ
 The Live Wire           E・C・R・ロラック
 A Professional Episode       アーサー・モリスン
 A Shot in the Night        バロネス・オルツィ
 The Tytherton Case         バロネス・オルツィ
 Who Was It?            E・R・パンション
 The Secret of the Chessboard    E・R・パンション
 Striding Folly(「歩く塔」)    ドロシー・L・セイヤーズ
 The Haunted Policeman(「幽霊に憑かれた巡査」)  ドロシー・L・セイヤーズ
 The Sub-Branch           ヘンリー・ウェイド
 Four to One – Bar One       ヘンリー・ウェイド
 The Perfect Close         ヒュー・ウォルポール
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示