オースティン・フリーマン ‘The Stranger’s Latchkey’

 ‘The Stranger’s Latchkey’は、ピアスン誌1909年1月号に掲載され、同年、チャトー&ウィンダス社から刊行された短編集“John Thorndyke’s Cases”に収録された。1908年12月号に掲載された「青いスパンコール」に続くソーンダイク博士ものの2作目の短編である。ソーンダイクはキーシリンダーから採取した綿毛から誘拐犯を突き止める。
 ピアスン誌版では、H・M・ブロックによる挿絵が3枚と綿毛の顕微鏡写真が入っていたが、チャトー&ウィンダス社の初版は、このうち、3つ目の挿絵と顕微鏡写真を再録している。他方、のちのホダー&スタウトン社の版では、挿絵も写真もすべて省かれている(このため、ブロックの挿絵に言及している著者序文も省かれている)。


                    Latchkey 1


                    Latchkey 2


                    Latchkey 3


                    Latchkey 4
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示