『十人の小さなインディアナン――アガサ・クリスティ戯曲集(仮題)』刊行予定

 このたび、論創社の論創海外ミステリの一冊として、『そして誰もいなくなった』の戯曲版『十人の小さなインディアン』(1946)と、これまで邦訳のなかった戯曲版の『死との約束』(1956)、『ゼロ時間へ』(1957)をご紹介することになりました。
 ミステリの女王アガサ・クリスティは、ロングランの世界記録を今なお更新し続ける『ねずみとり』、映画化により不朽の古典となった『検察側の証人』をはじめ、戯曲作家としても多くの傑作を残しました。
 この分野での彼女の業績は、現在でも熱心な研究の対象となっており、Chimneys(『チムニーズ荘の秘密』の戯曲版)、ジュリアス・グリーンの“Curtain Up Agatha Christie: A Life in the Theatre”(2015)が存在を明らかにしたThe Last Séance(「死の猟犬」の戯曲版)、Someone at the Window(「死んだ道化役者」の戯曲版)など、未刊行の作品にも注目が集まっています。
 クリスティの戯曲には、『蜘蛛の巣』、『評決』、『招かれざる客』などのオリジナル作品のほかに、もともとは長編小説として発表した作品を戯曲化した作品が幾つかあります。
 クリスティは、長編を戯曲化するにあたって、大なり小なり、戯曲版ならではのツイストを加えていますが、特に、最も脂の乗った時期に書かれた『十人の小さなインディアン』と『死との約束』は、元の小説版からプロットを大きく変更しています。とりわけ、『死との約束』は、舞台や登場人物の設定は小説版と概ね共通しているものの、内容的にはむしろまったく別の作品と言うべきものでしょう。同じ設定や背景を用いながらも、新たなバリエーションに挑む女史の実験精神と創作意欲が感じられます。
 これらの作品は、単なる長編の脚色ではなく、それぞれが独立した作品としての意義を持つものなのですが、リファレンスブックなどでも、小説版の焼き直しのように見なされ、しばしば無視されてきたのはいかにも不当な扱いと言わなくてはなりません。
 戯曲版『そして誰もいなくなった』は過去にも邦訳がありますが、『十人の小さなインディアン』は、これまでの邦訳が底本としてきた旧版(1944)ではなく、クリスティ自身による1946年の改訂版を底本とし、『死との約束』、『ゼロ時間へ』は、テクストとして最も信頼のおける英サミュエル・フレンチ社の初版を底本に訳出することとしました。また、これまでの邦訳の類書では省かれがちだった舞台写真、小道具リストや照明の手配等も収録する予定です。
 また、この機会に、ボーナス・ピースとして、単行本未収録のポワロものの短編「ポワロとレガッタの謎」(1936)を収録することとしました。
 多くの読者の皆様に楽しんでいただけることを願っております。


               米改訂版
               『十人の小さなインディアン』米サミュエル・フレンチ社改訂版初版


               「死との」約束初版
               『死との約束』英サミュエル・フレンチ社初版
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。翻訳ありがとうございます!
これを読むと四度目の「そして誰もいなくなった」になりますが、細かい所まで翻訳してくださっていると思いますので楽しみです。
他の戯曲や短編も読めるのは凄く嬉しいです♪

実際、細かく見ていくと、『そして誰もいなくなった』戯曲版の英初版と改訂版の違いは処理が難しいんですよ。改訂版には明らかな誤植、脱落もあるので、これは英初版に従って訂正していかなくてはいけませんでした。改訂は主にト書きに集中していて、初版よりずっと動きを細かく指定していますね。舞台平面図も大きく変わっているし、ト書きもこれに対応しています。
既に訳稿はほぼ出来上がっているんですよ。お楽しみに!
プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示