ナイオ・マーシュ“The Nursing Home Murder”

 “The Nursing Home Murder”(1935)は、ロデリック・アレンが登場する第三作目の長編。

 内務大臣のデレク・オカラガン卿は、無政府主義者を取り締まる法案を議会に提出するよう内閣に提案していた。閣僚たちと協議したあと、デレク卿が帰宅すると、執事からジェーン・ハーデンという看護師からの手紙を受け取る。
 実はデレク卿は、数か月前にコーンウォールでジェーンと不倫の過ちを犯していた。彼女は手紙で、今も彼を愛しているし、これ以上自分をないがしろにしたら恐ろしい手段を取ると脅迫していた。
 その後、デレク卿の旧友でかかりつけ医のジョン・フィリップス卿がオカラガン家を訪ねてきて、デレク卿にジェーンとの関係を問いただす。ジェーンはジョン卿の病院で看護師を務めていたが、ジョン卿は何年も前からジェーンを愛し、求婚していた。ジョン卿とデレク卿は言い争いになり、ジョン卿は、機会があればやっつけてやるとデレク卿を脅す。
 翌週、下院で法案を説明していたデレク卿は急に腹痛に襲われる。急性虫垂炎と思われたが、経緯を知らないデレク卿の妻、シシリーは、ブルック・ストリートにあるジョン卿の病院にデレク卿を運ばせ、ジョン卿に手術を依頼する。そこには看護師のジェーンもいた。
 意識を取り戻したデレク卿はジョン卿の姿を目にすると、「やめてくれ・・・」と言いかけるが、そのまま再び意識を失う。手術は成功するが、デレク卿の脈は弱まり、一時間後に死亡してしまう。
 シシリーは亡夫の書類を調べるうちに、そこに無政府主義者からの脅迫状とジェーンからの手紙を見つけ、夫は殺されたと確信し、ロデリック・アレン警部に捜査を依頼する。検死解剖の結果、デレク卿はヒヨスチンの過量投与により死んだことが明らかになる・・・。

 手術室にはほかにも、無政府主義者でデレク卿に敵意を抱く看護師がいたり、その前に、デレク卿の妹が訪ねてきて、怪しげな新薬を卿に勧めていたり・・・と容疑者には事欠かないのだが、いつものマーシュらしく、必要以上に容疑者を水増しした感があってうんざりさせられる。
 ストーリー展開も、初期作品にしばしば見られる欠点だが、退屈な尋問シーンが目立ち、途中、共産主義者の集会への潜入場面など、多少興趣を添える場面を設けてはいるものの、全体としては緩慢で起伏に乏しい。執筆にあたっては、医師のヘンリー・ジェレットの助言を仰いだとされるが、その割には、謎解きのプロットにもこれといったオリジナリティはなく、凡作の感が否めない。
 後期作品では、背景設定や人物造形も多様性を増し、ストーリー展開のメリハリの付け方も格段に上達していくのだが、やはりこの頃のマーシュの作品は習作の印象が強い。
 なお、本作は、かつて雑誌に抄訳が掲載されたことがあるそうだが、私は未見である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示